サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. またまたどーすんの?私

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

またまたどーすんの?私(小学館文庫)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/05
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/156p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-406083-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

またまたどーすんの?私 (小学館文庫)

著者 細川 貂々 (著)

高校卒業後、職を転々としてようやくやりたいことを見つけたてん子は絵の学校に入学する。でも、そこは“なんでもアリ”の自由な世界で…。個性のキョーレツすぎる先生と生徒に囲まれ...

もっと見る

またまたどーすんの?私 (小学館文庫)

508(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校卒業後、職を転々としてようやくやりたいことを見つけたてん子は絵の学校に入学する。でも、そこは“なんでもアリ”の自由な世界で…。個性のキョーレツすぎる先生と生徒に囲まれて、自信を失うてん子。私の個性って何?私らしい生き方って?卒業を目前にして、自分の道を切り拓いていく親友たちの姿を見て、てん子は大切なことに気付く。いろんな人がいて、いろんな考え方があって、それでいいんだ。答えはひとつじゃない―。そして、小さい頃からの夢だったまんが家になることを決意する。『どーすんの?私』に続く爆笑コミックエッセイ第二弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

なにをやっても続かず、中ぶらりん人生を送ってきたてん子が、絵の学校に行って絵の勉強をすることに。悩んで迷って考えて、てん子がたどりついた答えは?! コミックエッセイ「どーすんの?私」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

てん子の”自分探し”エッセイ第2弾!

高校を卒業してから、アルバイトや会社勤めになじめず、何をやっても中ぶらりんだったてん子は、ようやく自分の”やりたいこと”を見つける。
「絵の学校に行って、絵の勉強をしたい」――でも、専門学校ガイドで選んだ”いちばん学費の安い学校”は、なんでもアリの自由な場所で・・・。
個性のキョーレツすぎる先生と生徒たちに囲まれて、もともとなかった自信を失っていくてん子。私の個性って何? 私らしい生き方って何?
卒業を目前にして目標が見つからないてん子は、自分なりの道を見つけていく親友たちの姿を見て、大切なことに気づく。いろんな人がいて、いろんな考え方があって、それでいいんだ。答えはひとつじゃない――。そしててん子は、小さい頃からの夢だったまんが家を目指すことを決意する。
細川貂々がぐるぐる悩んだ青春時代を描いた『どーすんの? 私』に続く、爆笑コミックエッセイ第2弾!




【編集担当からのおすすめ情報】
解説は、著者とおなじセツ・モードセミナー出身のイラストレーター、田中ひろみさんです。【商品解説】

著者紹介

細川 貂々

略歴
1969年 9月16日生まれ 96年12月デビュー後、漫画家、イラストレーターとして活躍。「ツレがうつになりまして」(幻冬舎)が大ベストセラーとなり、コミックエッセイの分野で脚光を浴び、次々と話題作を発表する。「どーすんの?私」「びっくり妊娠 なんとか出産」など著書多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/02 22:58

投稿元:ブクログ

午前か午後だけ出れば良くて、授業料は安い。
けれど、ものすごくフリーな学校。

見つけてきたのもすごいですが、こんな学校を
作ろうと思ったのもすごい。
絵がやりたい、という希望だけを持っていけば
周囲の人間はわりとしっかりした考え。
こうなってくると、自分は…というループに
はまりがちです。
その気持ち、分かる分かる、とも。

ただ、後で後悔だけはしない生活を、とも思います。
そういう意味では、よかったのやもしれません。
目の前を突き進む気持ちも、案外大変ですから。

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む