サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. リベラルな徳 公共哲学としてのリベラリズムへ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

リベラルな徳 公共哲学としてのリベラリズムへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/09
  • 出版社: 風行社
  • サイズ:22cm/337,25p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86258-083-2
  • 国内送料無料

紙の本

リベラルな徳 公共哲学としてのリベラリズムへ

著者 スティーヴン・マシード (著),小川 仁志 (訳)

「リベラルは道徳や善に関する議論を放棄している」との批判に対して、「リベラルにとってこそ市民的徳が欠かせない」ことを論じ、その核心に「公共的正当化」の実践をみいだす。【「...

もっと見る

リベラルな徳 公共哲学としてのリベラリズムへ

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「リベラルは道徳や善に関する議論を放棄している」との批判に対して、「リベラルにとってこそ市民的徳が欠かせない」ことを論じ、その核心に「公共的正当化」の実践をみいだす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スティーヴン・マシード

略歴
〈スティーヴン・マシード〉1957年生まれ。プリンストン大学で政治学の博士号を取得。ハーバード大学、シラキュース大学を経て、プリンストン大学政治学部及びヒューマン・バリュー・センター教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む