サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

直江兼続と関ケ原
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/12
  • 出版社: 戎光祥出版
  • サイズ:19cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86403-123-3
  • 国内送料無料

紙の本

直江兼続と関ケ原

著者 福島県文化振興財団 (編)

会津移封の本質、神指築城の理由、「直江状」の諸問題など、会津移封後の上杉景勝と直江兼続の動向を追い、徳川軍との対峙、最上義光との激戦など、「北の関ケ原」とも呼ばれる慶長5...

もっと見る

直江兼続と関ケ原

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会津移封の本質、神指築城の理由、「直江状」の諸問題など、会津移封後の上杉景勝と直江兼続の動向を追い、徳川軍との対峙、最上義光との激戦など、「北の関ケ原」とも呼ばれる慶長5年の山形合戦・福島合戦の真相をさぐる。〔福島県文化振興事業団 平成23年刊の改訂新版〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/05 22:09

投稿元:ブクログ

会津移封の本質、神指築城の理由、「直江状」の諸問題など、会津移封後の上杉景勝と直江兼続の動向を追いかけ、徳川軍との対峙、最上義光との激戦など、「北の関ヶ原」とも呼ばれる慶長五年の山形合戦・福島合戦の真相をさぐる。(2014年刊、改訂新版)
・口絵
・まえがき
・【特別寄稿】奥羽越の関ヶ原支線(高橋 明)
・直江兼続と関ヶ原ー慶長五年を読み解く(本間 宏)
  第一章 上杉景勝、会津へ
  第二章 神指築城の意味
  第三章 「直江状」の諸問題
  第四章 家康の出陣、景勝の防戦
  第五章 景勝・兼続の戦略
  第六章 山形合戦の意味
  第七章 福島合戦の諸問題

読み易く、まじめな記述で通説を見直している。派手さはないが好印象。ただ物足りなさは感じる。会津移封は豊臣政権と上杉景勝の利害が一致したためという見方は首肯できる。越後から会津への国替えを機に家臣たちを土地から切り離し、景勝を頂点とする絶対的な支配体制に脱皮することが可能となった。
神指城築城は、家康と戦うための城ではなく120万石にふさわしい首都機能の移転が目的であったとする。会津若松城から移転する必要があったのか疑問は感じるが、妥当な見方であろう。
直江状については、判りやすく整理されている。
白河決戦説は誤りとしている。本書の記述によれば、上杉方の防戦準備が整っていたようには思えず、戦略も窺えないが、一体どの様にするつもりだったのだろうか。なんで素直に上洛しなかったのかがわからなかった。
山形合戦の意味は、目からウロコだった。これまで、直江兼続が戦下手のように感じていたが、最上、伊達を屈服させる戦略があり、威圧のための合戦であったという意味合いがわかった。
これまで、伊達がもっと積極的に動かなかった訳がわからなかった(なぜ100万石のお墨付きを実力で既成事実化しなかったのか)が、本書によると各大名による私戦が復活した訳ではなく、政権の枠の中で、自己の権益確保を図った事がわかる。(家康は政宗に、たびたび自重を求めて釘を刺しているが、釘が効いていたといえよう。)

本書は東北の関ヶ原について、通説の見直しを図っている。史料を見直し、虚構を排除している。研究途上の部分もあり、物足りさなを感じる部分もあるが、今後の研究の進展を期待したい。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む