サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 泥棒だって謎を解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

泥棒だって謎を解く(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/31
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-3108-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

泥棒だって謎を解く (宝島社文庫 このミス大賞)

著者 影山 匙 (著)

中高生時代に親友だった四人の男。桜庭(サク)と清水(おりん)は長じて刑事に、久間と兵衛(ヒョエ)は泥棒となった。ところが、故郷の鷺ノ下市でこの二組が再会した翌日、事件が起...

もっと見る

泥棒だって謎を解く (宝島社文庫 このミス大賞)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中高生時代に親友だった四人の男。桜庭(サク)と清水(おりん)は長じて刑事に、久間と兵衛(ヒョエ)は泥棒となった。ところが、故郷の鷺ノ下市でこの二組が再会した翌日、事件が起きた。サクの恋人が遺体で見つかったのだ。物盗りの犯行―、しかも窃盗常習犯によるものとされたが…。やがて事件は思わぬ展開を見せる!話題作が続々、『このミステリーがすごい!』大賞の“隠し玉”作品がついに登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

中高生時代に親友だった4人の男。桜庭と清水は長じて刑事に、久間と兵衛は泥棒となった。故郷の鷺ノ下市で4人が再会した翌日、殺人事件が起きる。彼らはそれぞれの立場で不可解な事件の謎を追い…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/15 22:33

投稿元:ブクログ

率直に言って、文章が下手。
視点がコロコロ変わるわりには、文体が全員同じで書きわけられていないから、
誰が誰に向けて話しているか、全くわからない。
地の文、会話文ともに読むのが苦痛だった。
物語としては、まあまあ・・・かな?

2015/06/12 19:41

投稿元:ブクログ

 泥棒が謎解きをする設定は面白いし、展開も楽しかったけど、如何せんキャラと文章が残念でした……。久間&兵衛、桜庭&清水&その他男性キャラの口調が大体被ってて分かりにくいし、兵衛が語り手の時の文がまだるっこいです; 「泥棒好みの家」なんて観点から捜査するような発想は、新しくて好みでした。

2015/07/04 14:28

投稿元:ブクログ

いきなり死んだーー!!
なんだか、こう、予想外な脱落ものが最近多い気がする。

泥棒と警察の探偵もの。なんてスッキリした読み応え。
意外にも楽しかった。

2014/12/12 19:54

投稿元:ブクログ

久しぶりの幼馴染み四人組。
でも、警察二人と泥棒二人に。
連続泥棒に殺人まで起こって、
追うもの追われるもののタッグマッチは、なかなか推理小説。

2015/10/01 16:35

投稿元:ブクログ

アイディアは悪くない。
用意された「意外性」もまぁまぁ。

...が、いかんせん文章が下手くそ過ぎる(- -
一章の途中で読むのをやめようかと思ったくらい(- -;

小学校の低学年の作文のようなぶつ切りの文体で、
同じ主語の短い文が続いたり、誤字も多いし、
セリフは誰が言ってるのかよく分からないし...(- -;

幼なじみ四人組の内、二人が泥棒になって
二人が刑事になって...なんていう設定は
「おとぎ話」として受け入れられる範囲ではある。
が、「思いつきで書いてる」感じがぷんぷんして、
とにかく「掘り下げ」が足りないので、
物語にリアリティがなく感情移入できない(- -;

さらに最後の大ネタの「どんでん返し」も、
伏線がヘタで途中で分かってしまう(- -

えぇい、修行しなおして来いっっっ!!!(-"-;
...って感じ(- -

2016/08/31 12:25

投稿元:ブクログ

これは読みやすくて楽しい。
事件としても、「本当にあるかも」と思ってしまった。

泥棒2人がかっこいい。
映画にしたら面白そう!

2016/09/04 12:40

投稿元:ブクログ

偶然再会した同級生が刑事と泥棒で、双方の利害が一致したことから協働で事件の謎に迫る。餅は餅屋ということで泥棒チームが警察とは異なる視点で先行するという展開は面白いものの、文章の拙さから心地よいリズムで読むことができませんてました。まだ若い人のようなので、今後に期待です。

2015/11/26 05:52

投稿元:ブクログ

泥棒二人が泥棒の視点で連続殺人の謎を解く。
幼馴染の刑事の恋人が殺され、犯人が分かったと思ったら、
刑事も殺させれる早い展開。
泥棒の謎解きは二人の掛け合いもテンポよく、とても楽しめた。

2014/11/03 10:35

投稿元:ブクログ

刑事ではなくて泥棒が謎を解くという異色ミステリー
泥棒だからこそ気づく、泥棒目線がちらほら
展開が二転三転し、結末が読めない

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む