サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 不思議プロダクション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

不思議プロダクション(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/31
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42240-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

不思議プロダクション (幻冬舎文庫)

著者 堀川 アサコ (著)

青森の弱小芸能事務所に所属するものまね芸人、シロクマ大福、25歳。将来への不安と迷いを抱える彼のもとには、仕事のオファーはないのに、なぜか不可思議な事件解決のオファーはひ...

もっと見る

不思議プロダクション (幻冬舎文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

不思議プロダクション

595(税込)

不思議プロダクション

ポイント :5pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

青森の弱小芸能事務所に所属するものまね芸人、シロクマ大福、25歳。将来への不安と迷いを抱える彼のもとには、仕事のオファーはないのに、なぜか不可思議な事件解決のオファーはひっきりなし。悪戦苦闘しながらも、個性豊かなメンバーと共に解決へ向けて立ち向かうのだが…。ちょっぴりおとぼけ、ちょっぴりファンタジーのエンタメミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

弱小芸能事務所のものまね芸人・シロクマ大福、25歳。将来への不安と迷いを抱える彼のもとには、芸人の仕事はないのに不可思議な事件ばかりがきて…。ちょっとおとぼけ、ちょっぴりファンタジーのエンタメミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ものまね 7−78
超能力 79−152
イリュージョン 153−211

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

へんてこな芸人さんが頑張ってます。

2015/12/25 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

地域密着の弱小芸能事務所のへんてこな芸人さんが事件に挑みます。
青森って申し訳ないけど通過県ですよね。行ったことないし、「ねぷた」くらいしか知らないし、しかも見たことないし。
そんな青森が舞台。土地知識がないからその辺無視して読んだけど、全然OKです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー?

2014/09/08 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安楽椅子探偵ラブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーのジャンルなのかな?
と思いながら読みました。
通勤通学の時間に読めると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/04 17:06

投稿元:ブクログ

青森にある弱小芸能プロ「伏木プロダクション」
サエない物まね芸人 シロクマ大福と、仲間の芸人たちに
ふりかかる不思議の数々

変身、未来予知、幻の島、降霊術

ミステリというよりホラー色のほうが濃い感じ
ラストは、どれも放りっぱなし感(笑)

キャラは結構面白いのだけど、ツメが甘いなぁ

2014/10/15 22:52

投稿元:ブクログ

ものまね芸人、シロクマ大福が、いろいろな不思議な事件を解決していく。裏表紙には「ちょっぴりおとぼけ、ちょっぴりファンタジーのエンタメミステリー」と書いていましたが、「ちょっぴりホラー」も加えたくなりました。怖かったです。

2014/10/19 22:47

投稿元:ブクログ

連作短編4編
青森の小さなプロダクションの面々。物まね芸のシロクマ大福、おかまじゃないソフィアちゃん、占い師クロエなど地味に活動している彼らが、少し現実とズレたところの事件を解決していく、ほわわん、ぼよよ~んという雰囲気のミステリー。

2014/09/13 22:23

投稿元:ブクログ

なぜか推理だけが鋭い、地域密着型物まね芸人の事件簿。
癖ありすぎる周囲の人物とのやり取りも楽しい。
ホワホワだかどヘンテコなお話。

2015/10/27 09:01

投稿元:ブクログ

「幻想シリーズ」とか『予言村の転校生』みたいな、ライト堀川先生だった・・・。
なんていうか、現代舞台になると途端にエモいよな堀川先生って・・・。
「イタコ千歳シリーズ」とか『闇鏡』とか『月夜彦』みたいのは、もう書かないのかしらん???

2014/10/26 23:22

投稿元:ブクログ

堀川さん、青森なんだネ。謎解き"伏木プロダクション"のプチミステリー中編集。"幻想シリーズ"の真理子さんが恋しくなる♪。

2014/11/19 22:21

投稿元:ブクログ

青森の弱小芸能事務所に所属するものまね芸人,シロクマ大福25歳.彼の元にはなぜか不思議な事件が舞い込んでくるのだが・・・.面白いストーリだし,ミステリとしてもマズマズ.なのになぜか感情移入出来なかった.体調不良で読んだからかも.

2014/10/03 00:10

投稿元:ブクログ

ちょっと不思議な謎解き話がいっぱい。こういうの、好き。少し不思議、って日常と非日常の合間をゆらゆらしてるみたいで、非常に心地好いのです。

2015/12/30 18:28

投稿元:ブクログ

ミステリーなんだけど、ちょっとほんわか系なミステリーだった。



青森の弱小芸能事務所に所属するモノマネ芸人のシロクマ大福。いつかは、東京に出て全国区の芸人になりたいとは思ってるが、なかなか青森から出られない。
そんなシロクマ大福には、仕事のオファーはないのに、なぜか不思議な事件解決のオファーはひっきりなし。風変わりな事務所の仲間と一緒に、今日もシロクマ大福は事件を解決する。



いろんな不思議な事件があって、それにシロクマ大福が巻き込まれ、社長に事件を解決しろと言われる大福ちゃん。芸人としての仕事よりも居酒屋でのバイトのほうが実入りがいいかんじ。
というか、大福ちゃんがバイトしてる居酒屋行ってみたいなーとか思ってしまった。


2015.12.30 読了

2016/10/20 23:04

投稿元:ブクログ

幻想シリーズかと思って買ったら違うシリーズだった。でも系統は同じ。
さらっとした語り口でホラーやら殺人やらを混ぜてくるので、怖がればいいのか笑えばいいのか、まさに不思議な感じ。作者がどんな感性を持っているのか、気になる。

2014/08/28 17:47

投稿元:ブクログ

いろんな登場人物がでてくる、ショートストーリーをつめあわせたような一冊。
堀川さんの幻想郵便局は好きだったし、ほかのシリーズも最後まで読んだけど、
これは読むのがめんどくさくなってしまった。
文体は大きく変わったように感じないから、今回は設定と構成が趣味じゃなかったのかも。

2015/05/08 21:52

投稿元:ブクログ

うーん。なんかやっぱり堀川アサコ苦手かもしれない。なんか妙に軽いノリだけど、結構内容ヘヴィーだよね…

2014/11/01 21:56

投稿元:ブクログ

東北の地域密着プロダクション。
本業より、謎解きに能力を発揮する…いや、巻き込まれる芸人たちが主人公。
ゾーッとしつつも楽しめます。

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る