サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

復活祭
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/452p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390119-0
  • 国内送料無料

紙の本

復活祭

著者 馳 星周 (著)

株式公開を目指せ、その後で株を売れ。かつての地上げと同じ方程式がそこにある―。最後に笑うのは男か、女か。【「BOOK」データベースの商品解説】80年代バブル期に絶頂と転落...

もっと見る

復活祭

1,998(税込)

復活祭

1,599 (税込)

復活祭

ポイント :14pt / 紙の本より399おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

株式公開を目指せ、その後で株を売れ。かつての地上げと同じ方程式がそこにある―。最後に笑うのは男か、女か。【「BOOK」データベースの商品解説】

80年代バブル期に絶頂と転落を味わった彰洋と美千隆がITバブルに復活を賭けた。しかし、男たちがかつて裏切った女、麻美が、ふたりの儲けを掠め取る計画を開始して…。『オール讀物』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ITバブルに賭けた男女の壮絶なコンゲーム!
80年代後半、土地と株の高騰に沸いた東京。バブルの絶頂期の都会を舞台に、若き「持たざるもの」の青春の暴走と破滅を描いた馳星周の傑作『生誕祭』(文春文庫)。入り乱れる男女の愛憎、最後まで敵味方のわからないコンゲームは、北方謙三氏からは「バブルという、現実に社会や人を狂わせた時代を、象徴的に描ききっている。時代の狂気を背景にすることによって、ノワールとも呼ぶべき新しいジャンルを主張」と評された。
そして本書では、遂に再び主人公の彰洋と彼の敬愛する美千隆が動き出した。バブル崩壊と彼らが運命を狂わした女たち――麻美と早紀がすべてを失ってから十年の歳月を経て、どん底だった日本の経済は一部の産業の復活の兆しがみえている。インターネットという実態のないものに金が集まる、いわゆる“ITバブル”時代が到来したのだ。
「失われた十年」の雌伏後も彼らの夢は変わらない。マンハッタンにでかいビルを建ててやる――そのために選んだのがIT産業だ。関連企業を立ち上げて目指すのは株式公開、その株の価値を上げて売買を行うだけで、実態を伴わない億単位の金が動く。バブル時代と同じように、彰洋と美千隆は休息もないままに動き回り、上昇は成功していくかに見える。しかし二人がかつて裏切り、現在はしがないクラブの雇われママの麻美はそれを許すはずがない。自分のパトロンである詐欺師の桜田、そして彰洋の恋人だった早紀にも誘いをかけ、ふたりの儲けを掠め取る計画を開始する。
IT時代の寵児たちをも連想させる重要人物と、複雑な心情をお互いに抱く男女たち。幸運の女神は誰にいったい微笑むのか? 全員が破滅へと進むのか? 馳星周王道の裏切りと哀しみが躍動する超一級のエンタテイメント作品だ。【商品解説】

著者紹介

馳 星周

略歴
〈馳星周〉1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞の「不夜城」で小説家デビュー。「鎮魂歌」で日本推理作家協会賞、「漂流街」で大藪春彦賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

続編です。

2015/09/30 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上総 - この投稿者のレビュー一覧を見る

懐かしい作品の続編です。
久し振りに前作の生誕祭も読み返しました。
読み終わるのが寂しかったなぁ~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/08 09:55

投稿元:ブクログ

舞台が変わっただけでやってることは変わらないのかなあ、と。確かに人間の根本的なとこは10年経ったって変わらないだろうし。プライドと金亡者のような麻美が、ソープ嬢になったら『瞬く間に指名ナンバーワンとなりその座を誰かに譲る気配もない』というところに、これもプライドの成せる業なんだろうかとヘンに感心してしまった。それにしても土地だろうとITだろうとバブルってのはやっぱりパチンと弾けるものなのね。

2014/09/16 12:56

投稿元:ブクログ

内容紹介
ITバブルに賭けた男女の壮絶なコンゲーム!
80年代後半、土地と株の高騰に沸いた東京。バブルの絶頂期の都会を舞台に、若き「持たざるもの」の青春の暴走と破滅を描いた馳星周の傑作『生誕祭』(文春文庫)。入り乱れる男女の愛憎、最後まで敵味方のわからないコンゲームは、北方謙三氏からは「バブルという、現実に社会や人を狂わせた時代を、象徴的に描ききっている。時代の狂気を背景にすることによって、ノワールとも呼ぶべき新しいジャンルを主張」と評された。
そして本書では、遂に再び主人公の彰洋と彼の敬愛する美千隆が動き出した。バブル崩壊と彼らが運命を狂わした女たち――麻美と早紀がすべてを失ってから十年の歳月を経て、どん底だった日本の経済は一部の産業の復活の兆しがみえている。インターネットという実態のないものに金が集まる、いわゆる“ITバブル”時代が到来したのだ。
「失われた十年」の雌伏後も彼らの夢は変わらない。マンハッタンにでかいビルを建ててやる――そのために選んだのがIT産業だ。関連企業を立ち上げて目指すのは株式公開、その株の価値を上げて売買を行うだけで、実態を伴わない億単位の金が動く。バブル時代と同じように、彰洋と美千隆は休息もないままに動き回り、上昇は成功していくかに見える。しかし二人がかつて裏切り、現在はしがないクラブの雇われママの麻美はそれを許すはずがない。自分のパトロンである詐欺師の桜田、そして彰洋の恋人だった早紀にも誘いをかけ、ふたりの儲けを掠め取る計画を開始する。
IT時代の寵児たちをも連想させる重要人物と、複雑な心情をお互いに抱く男女たち。幸運の女神は誰にいったい微笑むのか? 全員が破滅へと進むのか? 馳星周王道の裏切りと哀しみが躍動する超一級のエンタテイメント作品だ。

2015/12/01 20:43

投稿元:ブクログ

人の成長とは何かを考えました。年を重ねるほど経験を積み重ね賢くなるはずなのに、何故人は同じ過ちを繰り返すのか考えさせられました。

80年代後半のバブルで痛い経験をしたにも関わらず、ITバブルでまた過ちをおかす麻美と美千隆と彰洋は、その10年で成長していなかったということなのでしょうか。
一方、早紀の変化が成功と言えるかどうかも疑問で、未来と真相は当事者でも分からないという人間社会の面白さと同時に、小説と言えども、ただ断片を切り取るだけのものでしかないという虚しさを読了後感じました。

生誕祭の続編ということで、人物設定が把握しやすく、時代背景も取っつきやすいため、一気読みできる疾走感がありました。

2015/07/31 20:55

投稿元:ブクログ

バブルで成功をつかみ損ね、ITバブルでもう一回のし上がろうとする人々。
利益を上げてない会社の株価が、IT関連だからといって高騰するなんて、今ではおかしいとわかる。
しかし、当時は乗り遅れまいとする気持ちが勝り、バブルで痛い目を見たはずの人間の欲深さを思い知らされる。

2016/03/17 14:46

投稿元:ブクログ

#読了。「生誕祭」の続編。
10年を経て、東京に舞い戻った美千隆と彰洋。今度は土地ではなく、ITバブルの波に乗って巨額の富を狙う。麻美、そして早紀も絡み、騙し騙され勝者を狙う。
残念ながら「生誕祭」を全く思い出せないまま、最後までいってしまった。椅子取りゲーム、ババ抜きに近いマネーゲームのスピード感が、馳さんらしく一気に読めた。

2014/11/11 18:47

投稿元:ブクログ

後半からの誰が誰を騙すのかのやり取りが息もつかせぬ展開となり目が離せなかった。
一番おとなしく、容易に騙され、利用される筈だった人物が一番したたかだったとは。。。。

2015/09/09 20:53

投稿元:ブクログ

やっぱこのシリーズ面白いや。
誰も死なないのに、この緊迫感。
わたくし的には、作者の久々のスマッシュヒット。
病気というか、憑りつかれてしまったというか、狂った男女の潰しあいは、どうせどいつもこいつも破滅に向かうとわかっていて、それでもなぜか応援してしまう。
そして結末は馳さんらしいが、けっこう意外だった。
これならもう一本くらい続編を読みたいですね。
彰洋と齋藤と麻美はまだしぶとく浮かんできてほしい。
息の根を止めてほしかった輩がまだ沈んでいない。
それと、深谷とか新田とかキャラの名前で使ってほしい。
けっこうこれも好きなんだから。

2014/11/12 21:18

投稿元:ブクログ

騙し合いが面白かった。ITバブルはすごい。続編あるのか。「金はあるやつのところに行きたがる。金は貧乏人を嫌う。金持ちを愛する。」なんか、わかる。

2014/10/17 13:19

投稿元:ブクログ

【ITバブルに賭けた男女の壮絶なコンゲーム】八十年代バブル期に絶頂と転落を味わった男たちがITバブルに復活を賭けた。しかし、かつて裏切った女の復讐劇が水面下で進行し…。

2014/11/20 08:14

投稿元:ブクログ

図書館で。馳星周っぽい物語。騙して裏切って。裏をかいたつもりが裏をかかれて。ジクジクと思い悩みやはりそっちの方にしか進めない。絶対に成功しない感じ。因果が因果を。舞台はITバブルの頃。先へ先へとついつい猛スピードで読んじまったわ。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む