サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

離陸
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/11
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390122-0
  • 国内送料無料

紙の本

離陸

著者 絲山 秋子 (著)

「女優を探してほしい」。突如訪ねて来た不気味な黒人イルベールの言葉により、“ぼく”の平凡な人生は大きく動き始める。イスラエル映画に、戦間期のパリに…時空と場所を超えて足跡...

もっと見る

離陸

1,890(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「女優を探してほしい」。突如訪ねて来た不気味な黒人イルベールの言葉により、“ぼく”の平凡な人生は大きく動き始める。イスラエル映画に、戦間期のパリに…時空と場所を超えて足跡を残す“女優”とは何者なのか?謎めいた追跡の旅。そして親しき者たちの死。“ぼく”はやがて寄る辺なき生の核心へと迫っていく―人生を襲う不意打ちの死と向き合った傑作長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

謎の暗号文書に導かれて「女優」を探すうち、主人公は幾つもの大切な命を失っていく−。人生を襲う不意打ちの死と向き合い、透徹した目で寄る辺なき生を見つめた長篇小説。『文學界』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

生命の「離陸」を描いた新境地長篇

謎の暗号文書に導かれて「女優」を探すうち、主人公は幾つもの大切な命を失っていく。透徹した目で寄る辺なき生を見つめた感動作。【商品解説】

著者紹介

絲山 秋子

略歴
〈絲山秋子〉早稲田大学政治経済学部経済学科卒。「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。「袋小路の男」で川端康成文学賞、「沖で待つ」で芥川賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

漂う喪失感

2016/10/14 07:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めから終わりまで、喪失感が漂い続けている物語。それでも、ほんの少しだけ、歩き続けようと思える希望の光もある。物語の時間軸の設定が面白いとおもった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高傑作

2015/11/19 06:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほし☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

絲山秋子の最高傑作。謎は謎のまま終わるのだが、それが消化不良にはならず、心地よい余韻を残している。作家本人は、あとがきで「自分は短編書き」と書いているが、私はこれからも長編を読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰もが離陸を待っている

2016/02/12 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「絲山秋子の書く女スパイ物が読みたい」と雑誌で伊坂幸太郎さんが言われたとか。
構想10年という長い時間をかけて、短編、中編がメインだった絲山作品で初の長編です。
絲山秋子さんは、なんといってもご自身が日本中を赴任する仕事をずっとされていて、仕事を描かせると右に出る者はいない、という点は相変わらずでした。
ただし、今回の主人公は国交省の役人です。土木建築を専攻して、国交省に入省した弘(ひろむ)
霞が関の事務よりも、ダムなどの現場仕事を希望してその希望が通って矢木沢ダムで働くことに。
その辺が、村上春樹風と言われるのと大きく違っていると思います。

 舞台となるのも、今現在、絲山さんがお住まいの群馬県の矢木沢ダムから始まって、フランスのパリ、九州、熊本県。そしてキーとなる五島列島。
九州は絲山さんが実際、赴任していた土地で『逃亡くそたわけ』と同じようにまるで九州の地図を見ているかのように描き出します。それは、滞在したことのあるフランスのパリも同様。

 「ぼく」こと弘は、乃緒(のお)という女性と付き合っていましたが、乃緒の心変わりで別れて以来、当然ながらつきあいはありません。
弘はユネスコの仕事で、フランスのパリに転勤になりますが、そこで乃緒の息子だという「ブツゾウ」という少年とその養い親、イルベールと親しくなります。
乃緒は息子を置いて失踪して以来、行方が分からない。元恋人の弘が居場所を知っているのではないか、とイルベールは問うのですが、弘は何も知らない。

 そこから、乃緒をめぐる不思議な物語と、フランスですごす弘がリシューという女性と出合う物語が平行します。
乃緒に関しては最初から最後まですっきりとはわかりませんが、弘は公務員という仕事をこなしながらも、妹の茜の助けなどもかりながら、謎を解こうとします。

 人は、皆、チケットを持って搭乗を待っていて、離陸するということは、死を意味し、人である以上死は100%逃れられない・・・弘はつくづくそのことを実感する。
しかし、離陸はまた別の地へ向かう着陸が必ずあるのです。

 物語は活劇的にわかりやすくないし、謎は謎のままの部分もあります。
絲山秋子さんは、どちらかというと純文学方面の力が強いので(芥川賞作家)なにもかも解決、すっきりは望めません。
ただ、大切な人に囲まれ、そして時に失う・・・幸福と不幸がキーワードになっていますが、何を持って幸福と呼ぶのか、何も言わず去って、離陸してしまった方がよい場合もあるのではないか、と反面、何も知らされず離陸されてしまった身内や家族の苦い思いといった余韻を残します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/19 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/08 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/26 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/12 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/21 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/30 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/05 04:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/28 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る