サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 三ツ星商事グルメ課のうまい話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

三ツ星商事グルメ課のうまい話(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三ツ星商事グルメ課のうまい話 (メディアワークス文庫)

著者 百波 秋丸 (著)

ある総合商社のお荷物部署。毎夜経費で飲み食いを繰り返すという噂から、人は彼らを「グルメ課」と呼ぶ…。しかしその実態は、悩める社員を食事に誘い、個性的なメニューでもてなして...

もっと見る

三ツ星商事グルメ課のうまい話 (メディアワークス文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

三ツ星商事グルメ課のうまい話

637(税込)

三ツ星商事グルメ課のうまい話

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある総合商社のお荷物部署。毎夜経費で飲み食いを繰り返すという噂から、人は彼らを「グルメ課」と呼ぶ…。しかしその実態は、悩める社員を食事に誘い、個性的なメニューでもてなして仕事のヒントを与えるという特殊な課だった!食欲の秋―。にぎやかなグルメ課メンバーが丁寧な仕事でトラブルを“料理”する。鯛茶漬け、肉寿司、水牛モッツァレラのラザニア…etc。実在の飲食店と本物の料理が、秋の夜長をやさしく彩る、新感覚グルメ小説第2弾が登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

ある総合商社の「グルメ課」は、悩める社員を食事に誘い、仕事のヒントを与える特殊な課だった。鯛茶漬け、肉寿司、水牛モッツァレラのラザニア…。実在の飲食店と本物の料理が秋の夜長をやさしく彩る新感覚グルメ小説第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/28 17:23

投稿元:ブクログ

三ツ星商事グルメ課シリーズ2作目
表は総務の仕事をしつつ、裏では社内で起こった問題事を美味しい料理を食べつつ解決するグルメ課の社員達。
問題解決と食事に行くのは関係ない感じだけど。作中に登場する店は実際にある店で、挿画がグルメ漫画ばりの画力でなんとも美味しそう・・・!モッツァレラバーが気になる。
装画:はしゃ

2014/10/10 23:19

投稿元:ブクログ

少しお話が出来過ぎな感じがするのと、1作目ほどはストーリーと料理がマッチしていない感じがしました。それでもいろいろな料理やお店が紹介されるので、楽しい作品ですね。

2014/12/28 07:26

投稿元:ブクログ

台風みたいなトラブルメーカーが加わってどうなることやらと思ったけど、雨降って地固まる、というか、スタートラインに立ち直ったというか
最後の話までのエピソードをうまく回収して良い方向に行って、縁を繋いだり膨らませたりするのって大事だないいな、と
あと多分行ったことあるお店が出てきたけどコースだったので、単品でおすすめとかのほうがいいなぁと思った

2015/03/20 17:39

投稿元:ブクログ

とある総合商社のお荷物部署グループリソースメンテナンス課、通称グルメ課が活躍する第2弾。
今回は内部監査からある人物が派遣されてきてまた一波乱の予感!?

安定している、というか味がある物語ですね。
このくらいのノリで、このくらいの軽さがラノベには必要です。
っていうかラノベにこれ以上のものを求めている人が多いのがレビューを読んでいてビックリ。

いくつかの出来事が最後にまとまっていく手法は好きだし、長い間じっくり続いて欲しいな。

2014/12/30 12:54

投稿元:ブクログ

通称グルメ課の4人に前社長の息子である
椎名が加わり、様々な問題を解決していく。

今回のご飯もおいしそうだったなぁ。

2015/02/15 20:33

投稿元:ブクログ

三ツ星商事グルメ課シリーズ2作目。妹からの譲受本。

グルメで謎・悩みを解決する短編。

グルメ課を作った前社長と、その息子・椎名さんが出てきて、色々と引っ掻き回します。

ひなのさんは、随分しっかりしてきました。

でも1作目ほどは問題とお料理があっていない感じはしました。

2015/11/11 08:01

投稿元:ブクログ

2作目
京月さん登場
グルメ課の仕事のリアリティに関しては前作同様
でもストーリーの構成として序盤に出ていたものが後の伏線となっている点はよい

それにしても副社長は腹黒いなぁ
自社の利益を何と思っているんだろ?
まぁ、そんな輩がいるこのの意味もあるんだろうけどね

2014/12/01 16:27

投稿元:ブクログ

しくった…。2作目なのね。まあ1話完結の話なので流れがわからないということはなかったが。

なんかユルい話が読みたいと思ってジャケット買いした本。内容がユルいのはそれはそれでよかったです。サクッと読めたし。

ただ、グルメ関係を無理に推理テイストのなかに加えなくてもよかったんじゃないのかな、と思いました。紹介されているグルメが美味しそうなのは十分わかったけども、推理の題材はオチがだいたい予想できるものだったし。最後の章以外は、おお…、と思える解決方法ではなかったです。逆にグルメのほうも登場人物それぞれがそれぞれに紹介しているせいで魅力が半減している気がします。♪とか多様しているせいで料理の紹介が若干下手に感じるし。

一作目を読むか悩みます。2作目だから力が落ちたってことも考えうるし。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む