サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. サッポロ無職グラフィティ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サッポロ無職グラフィティ(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

サッポロ無職グラフィティ (メディアワークス文庫)

著者 奈坂 秋吾 (著)

まだまだ若年者雇用率が問題視される世の中、ご多分に漏れず僕も就活に苦戦していたのだが、ある日、知り合いから『何でも屋』をやらないかと誘われ、参加することになる。しかし、そ...

もっと見る

サッポロ無職グラフィティ (メディアワークス文庫)

637(税込)

サッポロ無職グラフィティ

637 (税込)

サッポロ無職グラフィティ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まだまだ若年者雇用率が問題視される世の中、ご多分に漏れず僕も就活に苦戦していたのだが、ある日、知り合いから『何でも屋』をやらないかと誘われ、参加することになる。しかし、その日暮らし、ヒモ、ニート、孤独なアラサー、そして僕というメンバーで何が出来るというのか?不安になるも、地下鉄落書き事件の犯人探しをすることになってしまう。そんな時、犯人が僕の前に現れて共犯を持ちかけてきた。揺れ動きながら、就活に疲れていた僕はある決心をする。【「BOOK」データベースの商品解説】

真夏の札幌。就活中の裕輔は、知り合いから「何でも屋」をやらないかと誘われ、地下鉄落書き事件の犯人探しをすることに。市内を走る二つの地下鉄。それぞれの落書きを調べていくうちに、裕輔たちは思わぬ真相にたどり着く…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/28 04:52

投稿元:ブクログ

帯が「この街に仕事はないのか!」で、タイトルが「サッポロ」。表紙はススキノ交差点。
なので、札幌の某書店では新刊のとこに平積みされてました。その勢いのままに買った。

んんー。もうちょっと執筆に時間をかければもうちょっと良くなったのかなという印象を受ける。

あと、作家さんというよりも出版社に対してだけれど、ちょっと誤字脱字が……多いかな。
初版で買うと誤字脱字が1つ2つあるというのはたまにあることだけれど(それでもさすがに歴史ある出版社はそういうことが少ない)、3つ4つ見つけたあたりで残念感が漂い、5つ6つ見つけたあたりで苛立ちを覚える。これは私の職業柄か。
いや、でも誤字脱字は文章を読む上でかなりのノイズになる。そんな余計なところで読者に引っかかりを与えてはいけないと思う。
ちなみに1つは作家さんのミスによる誤字かと思われ。
作中に「創世川(そうせいがわ)」が出てくるが、正しくは「創成川」。地図までつけて地名を全て実名にしてるのに、漢字間違えたら意味が無い。

肝心の内容はというと、ちょっと登場人物のキャラ立てが弱いかなと感じた。勢いで読ませる、街を駆け巡る系のドタバタ劇ならば、キャラクターはもう少しデフォルメされていたほうが頭に入りやすい。一人、「レズの女装男」はわかりやすいけれど、それもその強烈な設定の割には作中にそれが活かされていないように思う。わかりやすいというのは、彼女(彼?)だけが女言葉で話すからだ。何でも屋社長の「雑なあだ名呼び&雑な口調」だけが突出していて、それ以外は特徴が薄い。

ストーリーそのものは面白く読んだけれど、札幌の地理がわかるからという地元点が加算されているかもしれない。
ただ、あらすじは悪くないと思う。もうちょっと丁寧な肉付けがあればもっとよかった。肉付けが不十分なせいで、読者が騙されるべきポイントに、読んで不自然なニオイがする。「ははーん、ここに地雷が埋まってるな」と、2年目の工作兵でも見抜けそうなニオイが。もしくは、塑像を造った後に、微調整したパテの色がちょっと違うみたいな。

あと、主人公、モラトリアム過ぎ。仕送りもらってる大学中退者が「就活とバイトの両立厳しいわー」とか言っちゃだめ(笑)。しかも15社くらいで。ネットエントリしてなくても、中途採用なら数十社受け続けるだろ、生活かかってるなら。

そしてもうひとつ気になったんだけど……「内定」って言葉に囚われすぎじゃないかしら。もちろん、中途採用でも「内定」はあり得るけれど、基本的には「内定」って、新卒者向けの言葉のように感じる(新卒者においては「卒業後に働く」で、中途採用だと「始期が定まっていない」状態の通知のようです)。
既卒者や転職者で中途採用狙いであれば、内定よりも採用通知をもらうパターンのほうが多いような。「内定が出ない」と繰り返されると、「え。採用されてから働くまでにまだモラトリアムしたいの?」と思っちゃう。そんな重箱の隅つつくの私だけか。

ただ、「無職」を集めたのは面白かった。
そして、札幌の詳細な街なかを舞台にした小説は少ないので、それも良かった。
誤字脱字が無ければもっと良かった。

2014/12/23 20:02

投稿元:ブクログ

札幌を舞台にした群像劇。伏線の張り方や物語のひっくり返し方はなかなか巧妙で評価できるけれど、読み手をワクワクさせるような魅せ方とか題材の選び方ができていない気がする。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む