サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

巫女姫の結末
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/12
  • 出版社: 幻冬舎コミックス
  • サイズ:15cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-83237-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

巫女姫の結末 (幻冬舎ルチル文庫L)

著者 神楽 日夏 (著),佐々 成美 (イラスト)

幼少時代より父が創設した宗教団体・天の御座で「巫女姫」としての役割を強いられてきた雪緒。十八歳になったある日、教祖であった父が急死し教団が混乱するなか、ひとりの男が現れる...

もっと見る

巫女姫の結末 (幻冬舎ルチル文庫L)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼少時代より父が創設した宗教団体・天の御座で「巫女姫」としての役割を強いられてきた雪緒。十八歳になったある日、教祖であった父が急死し教団が混乱するなか、ひとりの男が現れる。男の名は降旗勲。巨大企業グループを統べる名家の嫡男である自信に満ちた勲は、雪緒を自分の妻にすると宣言し、教団から強引に連れ去るが―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

実父が設立した宗教団体の「巫女姫」として祀られてきた雪緒だが、父の死後、巨大企業グループを統べる男・勲に連れ去られ…!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/17 17:53

投稿元:ブクログ

2007年にリンクスロマンスから出た作品に、加筆修正と書き下ろしを加えて文庫化。
未読でしたので、男巫女の話に魅かれて購入しました。
男巫女ものではあるけれど、全然隠微とかミステリアスとかいう話じゃなくて甘い花嫁ものといった印象でした。ただ甘ったるいのではなく、花嫁になることのとまどいや葛藤が丁寧に描かれていたのがよかったです。

外界から遮断され浮世離れした生活を送っていた雪緒が、勲によって広い世界を知りいろいろなことを経験していく様子がとても印象的です。
そんな雪緒の姿が嬉しくて勲はどんどんいろいろなことを教えたり与えたりして甘やかすけど、奥様にヤキモチ焼いて時々不安になったりしてしまう、可愛い面もあるダンナさまです。
こいつは俺の嫁とか帯にあったので、傲岸不遜な攻に責め苛まれる話だと思い込んでいたので、まさかこんな溺愛っぷり見せつけられるとは思いませんでした。そして、人形のように巫女として生きていた雪緒が、自分の意志を持って前向きに幸せを掴み取り成長していく姿が眩しかったです!

エロ的にも初体験の初々しさから始まり、自分の気持ちもはっきり見せるようになっていく雪緒が、ただ受け身になってるだけではなくて強さがあって魅力的です。
勲もカッコいい攻で俺様ちっくだけど嫌味じゃないのが好感。多分メロメロなことを周囲にまったく隠してないからだと思いますw

「蜜月の庭」のジャンケンシーンwもよかったし、新しい書き下ろしの「溺れる真珠」の真珠Hもステキでした。
佐々成美センセのイラストも美麗でうっとり。
多分また読み返してしまいそうなくらい、心地いいストーリーでした。

2016/01/14 13:47

投稿元:ブクログ

とても良いお話だったと思います。他の作家さんと比べるのはあまり良くないことかもしれませんが、今回はどうしても直前に読んだ「略奪愛」のことを思い出しました。
どちらもそれなりにハードな描写があるにも拘わらず、何故、こちらの作品がーしかもBLなのに―好感度が高いのか、私なりに考えてみました。

やはり、全体に品があるのが両者の間の違いだと思います。
言い表すのはとても難しく、自分の語彙力のなさが恥ずかしいですが、何なんでしょう、作者自身が主人公を通して作中で語らせている文章がそれを集約しているのではないかと思います。

「激しく抱き合うさなかに味わう快感は、身も心も深く満たしてくれるものだが。それだけあれば共に生きていけるわけではないと、今では知っている。狂おしい激情だけでは、足りない。快楽が介在しない日常生活の中でも、勲は穏やかに慈しみ、雪緒の存在ごと包み込んでくれている。だから雪緒の内にも、彼に伝えたい想いが溢れるほどに育つのだ。」
作者のスタンスがこの部分に集約されているように思います。
艶がありながら品位を失わず、しかも読者に最後まで読ませる作品、読後も爽やかな心持ちでいられる作品はそうそうありせん。
今まで読んだBL小説の中では間違いなくイチオシだと思います。 

ルチル文庫 ランキング

ルチル文庫のランキングをご紹介します一覧を見る