サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ボーダー(ショコラ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/08
  • 出版社: 心交社
  • レーベル: ショコラ文庫
  • サイズ:15cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7781-1690-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ボーダー (CHOCOLAT BUNKO)

著者 佐田 三季 (著),yoco (イラスト)

高校教師の渡部が初めてゲイバーを訪れたのは、数年前に姿を消した友人・環が働いていると知ったからだ。だが環は渡部を突き放し、ゲイの自分と渡部の間に線を引こうとする。それでも...

もっと見る

ボーダー (CHOCOLAT BUNKO)

713(税込)

ボーダー【イラストあり】

756(税込)

ボーダー【イラストあり】

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校教師の渡部が初めてゲイバーを訪れたのは、数年前に姿を消した友人・環が働いていると知ったからだ。だが環は渡部を突き放し、ゲイの自分と渡部の間に線を引こうとする。それでも渡部は店に通い、男の元教え子に告白されたことを相談するが―。(「ボーダー」)。ゲイ嫌いの佐々木は、友人の渡部と環の関係が許せない。けれど疲肉にも自身は従弟の国見に長い間恋心を抱かれ、それを口に出させぬよう苦心していた。年末の寒空に実家を追い出された佐々木は、仕方なく国見宅に転がり込むが…(「揺れる境界線の上」)。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

軽めの作品かな?

2015/10/30 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、佐田先生にしては、あっさり目な作品ですね。
その分、読みやすいかもしれません。
一般社会で起こりえるだろうゲイに対しての偏見に、葛藤する主人公達の姿に感動を覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

★3.7

2017/02/22 12:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

環は大好きなのに強がって、好きだから渡部のそばから離れて。
最初のキスは、どうせ自分の気持ちを告げられないから、
せめてものラッキーキスだと思ってしたんでしょうね。

マイノリティーの辛さをうんと感じてるから(近くに
佐々木の様にズカズカ踏み込んで来る友人もいるし)
渡部にそんな思いをさせたくないって気持ちもわかる。
渡部が自分の気持ちに向き合えて、よかった。
と思ったら、後半、また拗らせてた。

佐々木は無神経で相手の気持ちに寄り添えないおばかさん。
「揺れる境界線の上」では、国見の感情を踏みにじってた。
そしてアイデンティティの崩壊。自業自得。
その後、佐々木も自分の気持ちに気がつく時が来て、少し大人になってましたが。

掲載、発売からだいぶ経ってるけど、それぞれのカップルの
その後を読みたいです。一冊にまとまるといいのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/16 19:33

投稿元:ブクログ

佐田センセのお久しぶりな新作。1年前のは新装版でしたからね~
同級生ものの「ボーダー」と、従兄弟同士の「揺れる境界線の上」の2作構成になっていたので、手に取った時には長編じゃないことにちょっとがっかりしたけど、リンク作になっていて意外にもソツの無い仕上がり。
今までの作品と比べたら、ライトでとっつきやすいかんじ。
とは言え、同性愛、禁忌性への偏見や嫌悪というセンセのいつもの主題は、今回もしっかりと読み手に投げかけられています。

ものすごく常識的に生きてきた高校教師の渡部が、自分の前から突然姿を消した元同級生の環と数年ぶりに再会した場所は、彼の勤め先のゲイバー。
同性愛というものを初めて認識した渡部は、とまどって不躾で失礼な言葉を口にして環に冷たくバッサリ一線を引かれてしまうんですが、それで逆に気になるわ意識してしまうわで、どんどん会いたい気持ちが止まらなくなってしまうんですね~
冷たい態度の中に環の思いが見え隠れするベッドシーンが切なかったです。そんな彼にどう応えたらいいのかわからず、無粋な言葉を吐いてしまうダメな渡部も切ない…!

渡部の心情の変化がリアルに伝わってきました。引きこもりだった中原への言葉がほんとにステキでした。成長した!
佐田センセはしつこい執着攻がいつも怖いのですが、今回は諦めない気持ち?が功を奏しています…
褒めてあげたい渡部。
ゲイバーのママの信太郎への偏見も拭い去り、信頼関係を築けたからこその、希望が見える展開がよかったです。

「揺れる境界線」は環に彼女を作らせようといらん世話を焼いていた、ホモフォビアの佐々木がメイン。
嫌悪の裏に潜んでいた理由と心情が複雑です。
こちらは意外にもエロ的に濃厚で、気持ちは嫌だと思ってるのに、身体は裏切って快感を得ているという食い違いがツボでした。

ラブラブのいちゃこらな展開じゃなく、ちょっと複雑な恋人同士の心境がリアル感もって迫ってくるストーリーでした。
こういう路線キープで、次回作もぜひお願いしたいです。

2014/10/12 18:40

投稿元:ブクログ

「ボーダー」 大好きなのにいいとこで逃げる環がなんかもどかしくてでもそれでも一途に追いかける渡部の男らしさが素敵だった。
「揺れる境界線の上」従兄弟もの。国見の病んでる感がよかったね!

2017/01/10 23:14

投稿元:ブクログ

表題作「ボーダー」はドノンケな攻めがゲイになることに葛藤する話。
攻めが腹をくくって上手く行きそうだったのに、
受けが逃げて大変そうでした。

最初は受けの片思いだったけど、
最終的には攻めが積極的に受けを
愛してくれるようになったのでよかったな。

攻め派教師だから世間にバレるのはマズそうだなーと思いました。

私は2話目の「揺れる境界線の上」の方が面白かったです。

表題作でホモフォビア気味だった友人が主人公。
従弟が自分へ向ける気持ちにうっすら気づきながら
気づかないように自分の気持ちに蓋をしてるのかな?

なかなか上手く行かないし、
従弟は我慢強くてどうなるか…
と思ったら、強引に押し倒しキター!

まああの受けはこんな目に遭っても
しかたないかなーと思うキャラでしたw
(無神経なので)

執拗な前立腺責めやアナニー、
攻めが見てる前でのトイレ(小)など、
なかなかチャレンジャーな感じでした。

こちらの話で表題作の二人を垣間見れて
ちょっとうれしかったな。