サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/481p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-43911-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集 (創元推理文庫)

著者 柴田 錬三郎 (著)

全身をグレイ一色につつんだ異色の名探偵・幽霊紳士が事件関係者の前に現われた時、謎は解き明かされる―どんでん返しの趣向に満ちた全12話で構成される『幽霊紳士』。若き日のホー...

もっと見る

幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集 (創元推理文庫)

1,188(税込)

幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集

1,000 (税込)

幽霊紳士/異常物語 柴田錬三郎ミステリ集

ポイント :9pt / 紙の本より188おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全身をグレイ一色につつんだ異色の名探偵・幽霊紳士が事件関係者の前に現われた時、謎は解き明かされる―どんでん返しの趣向に満ちた全12話で構成される『幽霊紳士』。若き日のホームズの活躍を描くパスティーシュなど、世界を舞台にした奇妙な8編を収録する『異常物語』。時代小説の大家による、本格ミステリ連作集と長らく入手不可能だった奇想に満ちた短編集を合本で贈る。【「BOOK」データベースの商品解説】

神出鬼没の名探偵が現われる時、事件は鮮やかに反転する−。バリエーション豊かな本格ミステリ連作集「幽霊紳士」と、世界各都市の奇怪な出来事を描く絢爛たる短編集「異常物語」を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

異色の名探偵・幽霊紳士が謎を解く『幽霊紳士』。ホームズ・パスティーシュなどを含む『異常物語』。時代小説の大家による,本格ミステリと奇想に満ちた幻の短篇集の合本版。【商品解説】

収録作品一覧

幽霊紳士
女社長が心中した 11−34
老優が自殺した 35−66

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うまくいったつもりだったのにしくじった人に贈りたい

2017/04/30 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は『幽霊紳士』と『異常物語』の二作品がまとまったお得な一冊。『幽霊~』のほうは、登場人物が引き継がれていく連作短編集が変化球のミステリでありながら、仕上がりは本格ミステリ。どのお話にも事件やそれらしきものが語られ、「なにかを解決した」と思っている人が登場します。事件を捜査した刑事、完全犯罪を企てた悪者など、やれやれと安心しきった人の前に、突如、出現して「仕損じたね」と口にするのが幽霊紳士です。かなり奇妙なこの探偵役は事件を鮮やかにひっくり返し、うまくいったと思っている人々を突き落とします。
 どんでん返しを売りにしたミステリが流行りですが、連打、乱発されるのではなく、一発で鮮やかにひっくり返されるのですから、読者も気持ち良く「やられた」となるわけです。
 すごいのはなにをどうひっくり返すのかがわからない作品も多いというところです。球の出所がわからない変化球が本格ミステリと言う狭いストライクゾーンに見事にズバッと決まるわけです。
 特におススメは三話「女子学生が賭けをした」。『異常物語』では「生きていた独裁者」がお気に入りです。
 よし、今月はギリギリだけど、なかなかうまいレビューが欠けたぞ、と思っている私のもとにも「仕損じたね」と幽霊紳士が現れるのかもしれませn。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/29 20:53

投稿元:ブクログ

灰色ずくめの紳士、読み進める内にだんだん夢幻魔実也のイメージになってきてしまって、一人で楽しくなってました(笑)。

2014/12/15 12:46

投稿元:ブクログ

幽霊紳士
『女社長が心中した』
倒産寸前の会社を経営する女社長。男と性交中に心中をはかる。心中と判断した杉戸刑事の前に現れたグレーの紳士。会社のために男と寝る秘書。毎日隠れ家にやって来ていた女社長の車の秘密。

『老優が自殺した』
元刑事の猪木が受けた依頼。落ちぶれた俳優・村崎の行動を調べる猪木。調査終了後に自殺した村崎。村崎が恋した女優・中根つね子。つね子が結婚しようとする須藤。結婚のためにつね子が村崎を殺害したと考えた猪木の前に現れたグレーの紳士。

『女子学生が賭けをした』
猪木探偵に結婚のための3人の男性の素行調査を依頼に来た小楯和子。同じ日に異なる喫茶店に男性達と待ち合わせをすっぽかして行動を探偵たちに見張らせる調査。和子が目撃した大学とブローカーの取引。お金をいれトイレに置いた鞄をブローカーが同じ鞄を持ち交換する裏取引。取引の金を奪う和子の計画。

『不貞の妻がさった』
小楯和子が就職した銀栄会。二つの暴力団「築地派」「お堀組」が合併して出来た銀栄会。銀栄会の専務・羽鳥のデスクに飾られた不貞の為に離婚した妻の写真。1年前のお堀組の天堂が決闘で射殺された。事件当夜羽鳥の妻と浮気していた気賀。気賀のハンカチについた精液、妻といたと証言した羽鳥。

『毒薬は二個残った』
羽鳥とバーのマダム・満子を取り合い満子を自分の女にした川上。羽鳥との和解の握手。川上に溺れていく満子。店の権利を川上に渡してしまう満子。満子に飽きてきた川上は満子の殺害を計画する。毒薬を肝臓薬のビンにいれる川上。二つ残っていた肝臓薬を飲み込んだ川上に仕掛けられた罠。

『カナリヤが犯人を捕まえた』
川上を殺害に来た目白の譲。死んでいる川上にナイフを突き立てたところに現れた志摩洋子。洋子を気絶させてガス自殺に見せかけ殺害しようとはかるが。新聞社に電話を入れた譲。救出された洋子の証言から逮捕された譲。

『黒い白鳥が殺された』
借金の返済を迫られたカメラマンの田栗。金を借りた相手は倉持津来子。借金の期日を伸ばすために彼女と関係をもつ田栗。しかし1週間しか期限の延長が認められず殺害してしまう。強請の為に行為の様子を写した写真。津来子の行動。

『愛人は生きていた』
雑誌編集長の高坂が見つけたおかしな動きをするモーターボート。3人の男が飛び降りたモーターボート。高坂とモーターボートの持ち主・篠田の妻と監視員とモーターボートに向かう高坂。ボートの中には篠田の愛人・紀子が瀕死の状態で。奇巌城と呼ばれる岩場で死んでいた高坂氏。保険金の証書の発見。保険金の行方。

『人妻は薔薇を怖れた』
雑誌に夫の浮気を疑わせる記事を載せられた浅海岸子。浅海家に居候する浅海猛夫の戦争中の上司・井組。夫の実家からの呼び出し。嘘の呼び出し。帰宅した岸子が目撃した庭の薔薇園を造りなおす夫と井組の姿。愛人を殺害し庭に埋めたと疑う岸子。

『乞食の義足が狙われた』
従妹の岸子から相談を受けている途中に義足の乞食の話をした作家・松川清作。長い義足におしゃれな格好���した乞食。義足の中には1日の売上が入っていた。ある日義足を狙った男たちに殺害された乞食。検死で発覚した失われていた男性機能。妻の献身に感動する松川だが…。

『詩人は恋をすてた』
詩人・成瀬が恋したモデル「ファニー・フェイス」。彼女とのデートの準備に先輩である松川清作の元へ。デート当夜。ファニー・フェイスは別のモデル仲間とそれぞれのパトロン、情夫を品評しあうゲームを。成瀬の前に現れた幽霊紳士。

『猫の爪はとがっていた』
自分が飼っていたシャムネコが行方不明になってしまた沢田環。彼女のシャムネコを発見した青年にお礼を渡す環。しかししばらくするとまたシャムネコは行方をくらまして他人の飼い猫に。そのたびに猫を取り戻してくる青年。謝礼を受け取ってからも猫に会いに来る青年に引かれながらも謝礼目当てと考える環。

異常物語
『生きていた独裁者』
パリに留学中の椿次郎。ある夜、売春婦のジャンヌの部屋に誘われ彼女に付きまとう男の存在を聞かされる。ジャンヌをエヴァと呼ぶ男。彼を生き残っていたヒトラーではないかと疑う椿次郎の調査。徐々にジャンヌに惹かれる椿次郎。ついに謎の男と出会うが。

『妃殿下の冒険』
パリで好き放題に生きる夫K宮を追ってきた妃殿下。パリでの生活に疲れた妃殿下はニースに静養に。別荘の隣に住む未亡人。未亡人の飼い犬ドランに嫌悪感を抱く妃殿下。ある夜、未亡人が犬と戯れるのを目撃する。未亡人がパリにいく間に未亡人屋敷に住むことになり妃殿下。夜中に忍び込むドランと若い情夫。

『5712』
画家のMがパリのドンナム伯爵婦人からちょろまかした女性の肖像画。肖像画に署名の変わりに書かれた「5712」の文字。友人の美術品鑑定人ブルイヤードから聞かされた海賊キッドの財宝伝説。キッドの妻アリーヌに近づく人々の毒殺。アリーヌに渡された肖像画に書かれた「3911」の文字と合わせてある城を割り出し客として侵入することに成功した二人。夜中に聞いた惨劇。

『名探偵誕生』
友人のベインズからの依頼。自殺した恩師ロス博士、遺言は白紙のまま。ロス夫人、友人のパーカー。ロス博士の家の付近にいる元役者の乞食。村の人たちの声色を使い一人芝居を披露する乞食。ロス博士の部屋でロス博士の姿を見て声を聞き発狂したベインズ。ホームズの仕掛けた罠。

『午前零時の殺人』
シナリオのアイディアに行き詰まったヒッチコック。たくさん送られてくる投書の中から1枚を選び読んでみることに。アイディアと引き換えに30万フランを要求する手紙。物置小屋から覗いたある女性の殺害の現場。警官を連れてヒッチコックが戻ると消えてなくなっている遺体。アカデミー賞授賞式に送られたビデオの内容。

『妖婦の手鏡』
ナチス占領下のパリでくらす映画監督マルセル・カルネ、。カルネの弟子エスマンが恋する歌姫ジュリエット。ジュリエットの家系を調べる中で知った手鏡の物語。聖なるものと信じる手鏡を夫の情婦に奪われ死んだロッテ。ジュリエットの周囲に起きる怪現象。

『密室の狂女』
文豪アンドレ・ジイドの元に持ち込まれた相談。50年前の事件の真相は?ある未亡人の娘メラニイが屋敷の中で監禁���れているとの訴え、娘を愛していた未亡人。娘が犯した罪とは?犯行に加担したことを否定する兄のピエール。新聞記者ブロウがスペイン人から買った情報。ナチスの隠した金塊の行方。ブロウに仕掛けられた罠。

『異常物語』
猫が嶽での大猫の復讐。インドでの不思議な儀式。フランスの雪山での出来事。

2016/12/05 14:23

投稿元:ブクログ

初読の柴田錬三郎。
読点の打ち方に癖があって、読み始めはかなり抵抗が…。
それでも慣れてくるもので、「幽霊紳士」は戦後の影が残る風俗やこの時代の多くの男性に共通していたであろう女性観、お色気描写などを今の小説と重ね合わせて隔世の感がある。
唸らせられるところは特別には無かったけれど『カナリヤが~』に出てくる目白の譲というキャラクターは飛びぬけて良かった。
ある意味異常な時代を生きた若者の凄味をさらりと託してある。
後半の「異常物語」は実在の人物を登場させ、嘘か真かのあわいを読み手にうろうろさせる巧みさが良かった。

2014/09/19 15:53

投稿元:ブクログ

時代小説の大家、柴田錬三郎による現代探偵小説『幽霊紳士』と、幻想短篇集『異常物語』の合本文庫版。
まず驚いたのは柴田錬三郎に現代もの……というよりは、江戸時代を舞台としていない著作があったことだろうか。やっぱり時代ものの作家だという先入観があったんだろうなぁ(何故か「岡っ引どぶ」だけは読んだことがある。自分でも何で買ったのか覚えていないが)。

『幽霊紳士』は様々な事件が起こり、最後に登場人物が幻視した『幽霊紳士』が謎を解いて事件の様相が逆転する、という趣向の短篇集。登場人物は緩やかに繋がっている。
『異常物語』は久生十蘭を思わせるミステリタッチの幻想短篇集で、柴田錬三郎のイメージががらりと変わった。
どちらの短篇集も、大衆娯楽小説、しかもチャンバラものの大家だっただけあって、文体もテンポが良く読者の興味を引きつけるテクニックは巧い。トリック的には首を傾げるものも混じってはいるが、それでも読ませてしまうのは流石。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る