サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 視線はエモーショナル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

視線はエモーショナル(二見文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/19
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: 二見文庫
  • サイズ:15cm/516p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-14123-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

視線はエモーショナル (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

著者 キャンディス・キャンプ (著),大野 晶子 (訳)

“氷の乙女”と呼ばれるジェネヴィーヴも、ついに伯爵家同等の名家に嫁ぐこととなった。婚約者に熱烈に恋しているわけではないけれど、平穏な幸せが待っているはず。だがある夜、身に...

もっと見る

視線はエモーショナル (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

967(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“氷の乙女”と呼ばれるジェネヴィーヴも、ついに伯爵家同等の名家に嫁ぐこととなった。婚約者に熱烈に恋しているわけではないけれど、平穏な幸せが待っているはず。だがある夜、身に覚えのないスキャンダルに巻き込まれ、婚約は一瞬にして破棄されてしまう。もう私を娶ってくれる男性は現れない。嘆き悲しむ彼女に、その場で結婚を申し込んだのは兄の友人で幼なじみのマイルズだった。二人は急いで式を挙げ、ハネムーンへと旅立つが、夜を重ねるうちに彼女は徐々にマイルズを愛するようになり…。【「BOOK」データベースの商品解説】

伯爵家に劣らない名家に婚約を破棄されたジュネヴィーヴ。嘆き悲しむ彼女に、その場で結婚を申し込んだのは兄の友人で幼なじみのマイルズだった。夜を重ねるうち、彼女は徐々にマイルズを愛するようになり…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/25 19:15

投稿元:ブクログ

【ネタバレ含む】
Legend of St. Dwynwen Series三作目。
二作目ヒーローの友人×二作目ヒーロー妹。

誇り高い祖母に育てられたヒロインがとてももどかしかったけれど
他方、その点がヒストリカルらしくもあるかな? とも思った。
ヒーローの手管が個人的には好きだった(笑)。
作者キャンプらしい、ヒロイン達の破天荒な行動もあったしね。

最後の決着付けぶりには、エリザベス・ホイトの「あなたという仮面の下は」に通ずる爽快感をおぼえた。

一作目ヒロインのシーアが、ソアウッド兄妹(二作目ヒーロー&本作ヒロイン)に影響を与えていると
一作目ヒーローが指摘していたけれど
さすがに祖母には影響を与えられなかったか。(当然か)

2014/09/25 02:11

投稿元:ブクログ

おまけで☆4
尊大な貴族のようでいて実は自分に自信がないヒロインが
ヒーローの気持ちを誤解して意固地になって擦れ違うのは
もどかしいけど、それがロマンス小説。
いじましさも感じられるし。
でも、時代に合わせてなのかな、ホットシーンが多くて前半だれる。

2014/10/01 13:03

投稿元:ブクログ

聖ドゥワインウェン・シリーズ3作目。氷の乙女と呼ばれる伯爵令嬢ジェネヴィーヴはあるスキャンダルに巻き込まれたことから幼なじみのマイルズと結婚することになる。徐々に彼を愛し始めるのだが、二人とも自分の気持ちを素直に出せないためにちょっとしたことからすれ違っていってしまう。自尊心が強いくせに内気で人と打ち解けられないために、自分は女らしくないとの劣等感も強いヒロインが、ラストではついに自分を解放してノリに乗って悪役をやり込めるシーンは痛快。優しさを表せず不器用で関西弁で言う気にしいのヒロインが友人達やヒーローの家族の助けで成長する物語でもある。2014.10