サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗(光文社新書)
謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗(光文社新書) 謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03812-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗 (光文社新書)

著者 渡邊 大門 (著)

直江状、小山評定、事前密約は、結局あったのか、なかったのか? 上杉景勝とそのライバル、伊達政宗という東北の2人の大名を中心に、関ケ原の謎と俗説を、数多くの史料をもとに解き...

もっと見る

謎とき東北の関ケ原 上杉景勝と伊達政宗 (光文社新書)

821(税込)

謎とき 東北の関ヶ原~上杉景勝と伊達政宗~

734 (税込)

謎とき 東北の関ヶ原~上杉景勝と伊達政宗~

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

直江状、小山評定、事前密約は、結局あったのか、なかったのか? 上杉景勝とそのライバル、伊達政宗という東北の2人の大名を中心に、関ケ原の謎と俗説を、数多くの史料をもとに解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡邊 大門

略歴
〈渡邊大門〉1967年神奈川県生まれ。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。歴史学者。著書に「誰も書かなかった黒田官兵衛の謎」「秀吉の出自と出世伝説」「信長政権」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

直江状は本物か?

2014/08/24 16:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「関ヶ原の戦い」において脚光を浴びることの少ない東北の情勢について、上杉家の動向を中心に、できるだけ良質な史料と研究に基づき活写しています。
 内容は、第一章は秀吉が病に伏すまで、第二章は家康による会津征伐の直前まで、第三章は直江状の真偽、第四章は事前盟約と小山評定の虚実、第五章は東北の関ヶ原を取り上げ、全体では上杉景勝の評伝に仕上がっています。
 一次史料を丁寧に追っていくと、意外な顛末が明らかにされていきます。例えば、
1 家康を挑発した直江状は、改竄・捏造の可能性が高く、一次史料と同等の価値はない(133ページ)
2 景勝と三成の事前盟約についても、「上杉氏が徳川氏に敵対行動をとった責任を、直江兼続一人に押し付けようとして、創作された可能性が高い(137ページ)」
3 家康は石田三成や大谷吉継と比較的良好な関係を築いていた(162ページ)
4 七将襲撃事件において、三成は家康の伏見屋敷に逃げ込み難を逃れたのではなく、伏見の自邸に逃げ込んだことが近年立証された(64ページ)
5 小山評定を終え江戸城に戻った家康の追撃を、兼続が進言したというエピソードも疑わしい(199ページ)
 「 二次史料の活字化が進み、小説やテレビドラマで増幅され、人口に膾炙した弊害は実に大きい(240ページ)」とのこと。いかに創作話(小説の世界)が、実話と認識されて流布しているかが分かりました。

 大門氏の著作は、良質な史料と最新の研究に基づき史実に迫ろうという客観的な姿勢が特徴です。「史料至上主義では歴史は解明されない」と主張し、珍説・奇説を集めてきては「逆説だ!」と歴史家を気どる某小説家とは真逆のスタンスです。
 本書でも虚飾を排し、史実を追及する姿勢は貫かれています。劇的ではないストーリーにリアリティを感じ、刺激溢れる好著でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/30 19:49

投稿元:ブクログ

関ヶ原においての東北、特に上杉氏と伊達氏。
上杉景勝が家督を継ぐまでとか、三成との関係とか。
読みやすく、取り扱うことのこれまでの研究史の簡単な抜き出しがあって、分かりやすかった。

2014/12/06 15:03

投稿元:ブクログ

「東北の関ヶ原」というタイトルの内容が出てくるのは最後の方で、豊臣政権と上杉家の関係が大部分を占めている内容の本です。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む