サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編(角川文庫)
きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編(角川文庫) きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/09/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/321p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-389405-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫)

著者 有川 浩 (著),乙一 (著),梨屋 アリエ (著),東野 圭吾 (著),山田 悠介 (著),角川文庫編集部 (編)

きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫)

605(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

あおぞらフレーク 梨屋アリエ 著 5−58
しあわせは子猫のかたち 乙一 著 59−115
黄泉の階段 山田悠介 著 117−220

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー99件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

作者の描く女性は日本刀の切り口の様だ

2009/05/06 11:40

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有川浩「植物図鑑 Paederia Scandens var. mairei」の感想。
 物事の記憶を引っ張り出すには、何かキーとなるものが必要。それは、映像だったり、声だったり、匂いだったり、色々なんだけれど、この作品のキーは、ヘクソカズラという雑草。それを見た瞬間に思い出される、二人の出会いの物語。
 ボクにも金木犀をキーにして出てくる記憶があるので、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/13 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/29 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/02 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/24 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/02 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/06 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/27 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/15 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/25 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る