サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. きみが見つける物語 十代のための新名作 こわ〜い話編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

きみが見つける物語 十代のための新名作 こわ〜い話編(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/08/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-389406-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

きみが見つける物語 十代のための新名作 こわ〜い話編 (角川文庫)

著者 赤川 次郎 (著),江戸川 乱歩 (著),乙一 (著),雀野 日名子 (著),高橋 克彦 (著),山田 悠介 (著),角川文庫編集部 (編)

きみが見つける物語 十代のための新名作 こわ〜い話編 (角川文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

リストカット事件 乙一 著 5−47
眠らない少女 高橋克彦 著 49−109
ぞんび団地 雀野日名子 著 111−196

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.1

評価内訳

2010/04/02 15:01

投稿元:ブクログ

■1001.
<読破期間>
H22/1/8~H22/1/15

<本の内容>
放課後誰もいなくなった教室、夜中の肝試し。またたく間にクラス中に広がった都市伝説や怪談。
遊びのつもりが追い込まれて本気になったデスゲーム…。
人気作家が集結、それぞれが描いた恐怖の物語とは?
いまこそ読みたい物語を厳選、超豪華ラインアップでおくる短編小説集
『きみが見つける物語—十代のための新名作』。
「こわーい話編」には、赤川次郎、江戸川乱歩、乙一、雀野日名子、高橋克彦、山田悠介の短編を収録。

2015/10/28 19:17

投稿元:ブクログ

江戸川乱歩が良かったです。乙一の「リストカット事件」は既読。

・眠らない少女/高橋克彦
瓜子姫と輪廻転生がモチーフ。
割と残酷ですよね、瓜子姫。
実は瓜子姫こそあまんじゃくの正体だったというオチが良かったです。

・ぞんび団地/雀野小日名子
はじめての作者さん。
ぞんび団地の描写がシュール。

・ババ抜き/山田悠介
間引きの話。オーソドックス。

・愛しい友へ……/赤川次郎
久々すぎる赤川次郎。
時代の流れに飲まれて消えていく街を描いた切ない話でした。

・目羅博士の不思議な犯罪/江戸川乱歩
ドッペルゲンガーのような仕組みを逆手に取った殺人。
初めにこの企みを実行した目羅博士は、この仕組みに気が付いた主人公二より、同じ手で殺される。
人を操って殺そうとする凶器の元は、月?

2010/03/24 21:39

投稿元:ブクログ

怖い=グロいの世界。

ゾンビのとかくだらないし。

あいかわらず山田悠介のは受け付けないし。

やっぱり江戸川乱歩秀逸でした。
まぁ一緒に並べるもんでもないと思うのですが。

残念ながら今回のは何の入り口にもならない編でした。

2011/03/25 19:14

投稿元:ブクログ

“あっちゃんは、血の跡だらけの石畳をダッシュしました。
「わたしも、ぞんびにして!」
あっちゃんは、くちなし台の人たちが「ぞんび」と言われていることを知っています。くちなし台のぞんびの話は、学校でも有名だからです(インターネットにも出ているそうです)。
家族全員ぞんびになって、くちなし台に引っ越し、ずっと仲良く暮らすのが、あっちゃんの夢です。ぞんびになれば、パパもママも以前のような、穏やかで物静かなパパとママになってくれることでしょう。あの日のような――ドライブに連れていってくれた、あの最高にしあわせだった日のような。
それにはまず、あっちゃんがぞんびにならなくてはいけません。パパとママをくちなし台に連れていくのがいちばんてっとりばやいのですが、二人ともあっちゃんのお願いなんか聞いてくれません。
ぞんびになるには、ぞんびにかじってもらうしかないのです。でも何度お願いしても、だれもあっちゃんをかじってくれません。あっちゃんと同じ女の子のぞんびもいるのに、あっちゃんより小さな子もぞんびになったのに。
「お願い!わたし、ぞんびになりたい!」
人々は、あっちゃんにひょらひょらと手を振って、それぞれの家に帰っていきます。車で罵りあいをしていた男の人と女の人も、人々を真似て、にょらにょらと手を振りました。
ひとり残されたあっちゃんは、爪をかみました。
――やせっぽちだから、かじってもらえないのかな。前歯が出ているからダメなのかな。パパも、わたしのことかわいくないって言う……。
今夜も、あきらめるしかなさそうです。”

「リストカット事件」 乙一 「GOTH 僕の章」所収
「眠らない少女」 高橋克彦 「眠らない少女 高橋克彦自薦短編集」所収
「ぞんび団地」 雀野日名子 「トンコ」所収
「ババ抜き」 山田悠介 「ブレーキ」所収
「愛しい友へ……」 赤川次郎 「告別」所収
「目羅博士の不思議な犯罪」 江戸川乱歩 「人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション①」所収

人間が怖いのと、描写が生々しくてぞっとするのと。

“今はもう一々覚えていないけれど、青年はそれから、「模倣」の恐怖について色々と説を吐いた。彼は又、鏡というものに、異常な恐れを抱いていた。
「鏡をじっと見つめていると、怖くなりやしませんか。僕はあんな怖いものはないと思いますよ。なぜ怖いか。鏡の向側に、もう一人の自分がいて、猿の様に人真似をするからです」
そんなことを云ったのも、覚えている。
動物園の閉門の時間が来て、係りの人に追いたてられて、私達はそこを出たが、出てからも別れてしまわず、もう暮れきった上野の森を、肩を並べて歩いた。
「僕知っているんです。あなた江戸川さんでしょう。探偵小説の」
暗い木の下道を歩いていて、突然そう云われた時に、私は又してもギョッとした。相手がえたいの知れぬ、恐ろしい男に見えて来た。と同時に、彼に対する興味も一段と加わって来た。
「愛読しているんです。近頃のは正直に云うと面白くないけれど、以前のは、珍しかったせいか、非常に愛��したものですよ」
男はズケズケ物を云った。それも好もしかった。
「アア、月が出ましたね」
青年の言葉は、ともすれば急な飛躍をした。ふと、こいつ気違いではないかと、思われる位であった。”

2010/02/04 17:26

投稿元:ブクログ

乙一「リストカット事件」
高橋克彦「眠らない少女」
雀野日名子「ぞんび団地」
山田悠介「ババ抜き」
赤川次郎「愛しい友へ……」
江戸川乱歩「目羅博士の不思議な犯罪」

2013/09/17 21:05

投稿元:ブクログ

 ブックオフで購入しました。百五円でした。

 ぞんびのやつは、なんだか物悲しかったです。
 乙一さんは知っていたし、何代目かの甦りかァとか、うすら寒さが感じられるような短編のいくつかです。でもそこまで怖くはなかったです。

2010/03/22 08:01

投稿元:ブクログ

「きみが見つける物語 十代のための新名作」は、有名な作家さんの読みやすい短編がいくつも味わえるのがいいです!
寝る前に、布団を温めつつ、頭がぼーっとなるまで読むのにはオススメ。
でも、この「こわ~い話編」はちょっと誤算でした……。
すっごく面白いのですが、背筋がゾクっとしてしまうくらい怖いので、夜中にトイレへ行けません……。

2010/10/08 23:28

投稿元:ブクログ

短編の「怖い話」がポンポンと入っている本。
まあ怖いというよりほんのちょっとだけグロテスクな感じだったけど。

2014/12/18 14:11

投稿元:ブクログ

10代向けとあったのでそれ程怖くないのかなと思いながらびびりなのに読んでみたら最初からかなり怖くてもう途中投げ出そうかと何度も考えました。リストカット事件は冷蔵庫の中身を想像してしまい気持ち悪くなり、次の瓜子の話も食べる様を想像してうっとなり、くじけそうになったんですが、ぞんび団地にうるっときてしまいそこからそのままずるずる読んでしまいました。ババ抜きはちょっと最後どうなるのか気になります。最後の博士の犯罪は雰囲気が文章でしっかり伝わってぞわっとさせられます。よく活字だけでここまで読む人に空気を伝えられると思いました。

2011/10/06 13:24

投稿元:ブクログ

赤川次郎 愛しい友へ...  「告別」所蔵
江戸川乱歩 目羅博士の不思議な犯罪 「人間椅子」所蔵
乙一 リストカット事件 「GOTH 僕らの章」所蔵
雀野日名子 そんび団地 「とんこ」所蔵
高橋克彦 眠らない少女 「眠らない少女 短編集」
山田悠介 ババ抜き 「ブレーキ」所蔵

錚々たる作家群。

赤川次郎の作品は、工場閉鎖をめぐるどろどろとしたところに、
意思を持った少女の思いが綴られている。半分社会派の作品。

眠らない少女は,あまのじゃくの話。
いろいろな逸話を繋ぎ合わせた、
本当に恐い話。今日は眠られないかも。

2011/05/28 22:57

投稿元:ブクログ

乙一さんも入っているし!と楽しみに読み始めたのですが、途中、あれっという感じがあり・・・赤川次郎さんの話で、楽しみが巻き返していったので良かったです。もう少しあっさりしていたら、良かったかなと。

2016/10/20 08:35

投稿元:ブクログ

最初の3作が面白かった。ホラー要素とミステリ的な要素があって、展開が読めなかった。
ホラーもいえばスティーブン・キングという私にとって、眠らない少女と、ぞんび団地という話が新鮮でした。
眠らない少女は最後の展開が拍子抜けしてしまったものの、そこに行き着くまでの得体の知れない気持ち悪さ、どろどろ感がいかにも日本的なホラーでした。
ぞんび団地は語り手とファンタジー感を省いて読み直すと違った目線で見れそうな作品。なにもわかってない子供目線だけど、どこか客観性もあって、面白い。家庭環境の悪い子のささやかな願いも切なくて独特の雰囲気を感じました。
この雰囲気は小説的な表現から来ていると思います。

2016/01/24 10:00

投稿元:ブクログ

ティーン向けの文庫シリーズ。ホラーが読みたくて手に取ったが、やはりそこはティーン向け、ホラーというより学校の七不思議程度の怖さだった。個人的には高橋克彦氏の「眠らない少女」が新鮮で面白かったと思う。
軽いホラー、怖く無いホラーが読みたい方にはお薦め。