サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ごたごた気流 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ごたごた気流 改版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-130323-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ごたごた気流 改版 (角川文庫)

著者 星 新一 (著)

ごたごた気流 改版 (角川文庫)

475(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

なんでもない 5−20
見物の人 21−43
すなおな性格 45−69

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

改版のよさ

2017/02/21 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamayo04 - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館で初めて読んだ後、おもしろかったので購入しましたが改版は文字が大きくなっているので読みやすくておすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星新一の起こした気流が無機質な登場人物たちを魅力的に動かす12編

2010/02/01 19:14

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

巻末に乗っている『インタビュー 星新一 戦後・私・SF』が興味深い。
自分でテーマを考えて綴っていくエッセイや、登場人物の無機質さを感じさせる作品群とは異なり、あるテーマから会話を交えて展開していくインタビューは、より星新一氏の生身感が伝わってくる。

星新一氏の作品の多くは登場人物の心理描写を行わず、生き生きとした生命感は感じられないが、彼らを魅力的に見せる、完璧にコントロールされたストーリー展開や意外な結末が魅力。
そんな星新一氏が完璧にコントロールした作品の中から、気に入った作品をいくつかピックアップ。

『すなおな性格』
若い男は、占師の言うことを完全に信じるすなおな性格。しかし主体性がなかった男は就職先を決めるため占い師の元を訪れた。
占い師が、若い男に世間の厳しさを教えるため、歩合制のセールスマンを薦めると、すなおに受け入れた。

未来を確信した男に満ちている信じるエネルギーはすばらしい。
主体性などなくても、と思わせる。

『重なった情景』
夢は人間の生存に必要である。しかし眠れなくなった人々は夢を見なくなった。
その結果、彼らの前に夢が現れ始めた。

夢と人間の関係を飛躍して描くブラックジョーク的な作品。
「夢」を見なくなった人間は、「夢」から見ると不要の存在だ。

『条件』
平凡だが美男子という青年がいた。
自分の存在価値は美男子だと自覚している青年は、普通以上の幸運を拒絶する、という契約で悪魔と不老不死の契約をした。

数々の幸運を拒絶する青年の姿が見所。
悪魔が用意する幸運の数々を拒絶してきた青年の習慣的反応が面白い。

『品種改良』
不老長寿の薬を開発するため、エヌ博士は、人間の体内で有効な働きをする微生物に着目した。

SF映画にありそうな結末の作品。
しかし読んでいて結末を予想できないキレがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/18 16:36

投稿元:ブクログ

星新一の短編集です。
ショートショートよりは長く、ストーリがあって面白いですね。
『門のある家』がこの中では一番好き、かな。

2008/12/17 15:54

投稿元:ブクログ

【門のある家】―短篇。
高級住宅地にある一軒の邸宅。誰であろうと自分の役割を弁えた面子が揃うことで構成される「家族」。この掌編が家族の物語であるからこそSFだが、実際、会社というのはこういうところではないだろうか。(2008.12)

2008/05/11 17:03

投稿元:ブクログ

星新一作品にしては一話一話が長め、短めが好きな人向けではないかな、おすすめは「命の恩人」「条件」。ショートショート12編。

2009/02/25 10:11

投稿元:ブクログ

青年の部屋に美女が出現した、となりの女子大生の部屋には死んだはずの父親が。触ることのできない幻があちこちで目撃される。現象は広がり、モナリザやヒットラー、さまざまな動物、怪物、札束も出現。人々の夢が幻となって現れているのだ。みんながみんな、自分の夢を連れて歩き出した。やがて、世界は夢であふれかえり、そして――。
平和な日常にそっと潜む、小さな乱流の種。皮肉でユーモラスな短編12編を収録。

2010/08/25 00:14

投稿元:ブクログ

「見物の人」は今のインターネットとセキュリティ時代
だいぶ近い状態になっているのでは。
もうちょっと余韻を残した話が好きだなぁ

2006/09/25 11:55

投稿元:ブクログ

アイロニーとユーモアに富んだSF短編集。
読みやすい定番ショートショート。
個人的には「門のある家」が気に入っている。
しかし,どれも妥当な結末で,目を見張るほどのものはなかった。

2009/07/01 22:11

投稿元:ブクログ

短編集。
・なんでもない
・見物の人
・すなおな性格
・命の恩人
・重なった情景
・追跡
・条件
・研究する男
・まわれ右
・品種改良
・門のある家
・ごたごた気流

2011/05/05 00:33

投稿元:ブクログ

「なんとなく天気予報みたいな話ですね」

(なんでもない/見物の人/すなおな性格/命の恩人/重なった情景/追跡/条件/追究する男/まわれ右/品種改良/門のある家/ごたごた気流)

2008/12/24 19:07

投稿元:ブクログ

短編集なのに話が薄っぺらくなく、とても濃密な物語だった。
ひとつひとつに存在感があって、すべて読み終わったときには終わってしまったという喪失感があった。
美しく多彩な一冊でした。

2011/08/18 22:28

投稿元:ブクログ

星さんはじめてです。前に何かの短編で読んで、読んでみたいなぁと思っていました。
読むのは遅いのですが、スイスイ読めました。
なんとなく星さんがどんな作家さんなのかわかってきました。

見物の人、すなおな性格、追及する男、門のある家
がおもしろかったです。

2012/01/06 13:07

投稿元:ブクログ

「門のある家」、好き。
この本みたいに扉絵があるのは、終わりのページが横から分かっちゃってあんまり嬉しくないなあ。

新井素子さんの本を読んでみたくなった。
入門編はどれだろう?

2013/12/16 17:19

投稿元:ブクログ

読書録「ごたごた気流」4

著者 星新一
出版 角川文庫

P6より引用
“そのたびに青年は腹を立てるが、絶交状態にはならず、仲はそ
う悪くないのだった。二人の性質のちがいが、一種の調和となっ
ているせいかもしれない。”

 目次から抜粋引用
“なんでもない
 命の恩人
 条件
 まわれ右
 門のある家”

 日本のショートショートの代名詞といえる著者による、短篇集。
 平凡な会社員の話から著者へのインタビューまで、皮肉でウィ
ットに富んだ短編が11編収録されています。

 上記の引用は、ある二人の会社員の話での一文。
似た者同士が蕎麦にいると、利害の衝突が生まれるのでしょうか?
上手く行きにくいのかもしれません。
 初版は昭和60年となっていますが、古さを感じるところはあま
り無いように思います。ある作品の中のp160で、回虫についての
記述がありますが、ここが現在とは少し違うところなのではない
でしょうか。藤田紘一郎氏の著作を読んだあとだとそう思います。

ーーーーー

2013/07/11 09:47

投稿元:ブクログ

星新一好きだなあ。短編集だけど、どれも止まらずに一気に読み終えてしまった。どんどんとクレッシェンドさせていくような展開とカットアウトするような幕引き。楽しい!

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む