サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の牙 下(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.11
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-167116-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天使の牙 下 (角川文庫)

著者 大沢 在昌 (著)

天使の牙 下 (角川文庫)

734(税込)

天使の牙(下)

734(税込)

天使の牙(下)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.2

評価内訳

2008/08/17 15:17

投稿元:ブクログ

最後の銃撃戦は目に浮かぶようでした。
アスカたちが後手後手に回っていたのでどうなるかハラハラしたけど、終盤急に形勢逆転したのでちょっと急すぎかなぁとおもう。
ここまでくると現実にはありえないって冷めてしまいそうだけど、そんなことなくグイグイ読み込まれていってしまう。
そんなところが魅力で楽しめます。

2005/07/07 03:22

投稿元:ブクログ

アスカの孤独な戦い。
別人になって恋人を愛すことはできないよ。
しかも前の自分よりはるかに美人になっちゃたらさ。
アスカもまた刑事魂がすごいのさー。
女は強いほうがいいね。

2005/10/04 21:35

投稿元:ブクログ

(上巻の続き)

外見ははつみ、心は明日香となった「アスカ」は、誰の保護も受けられず、君国に追われる。
かつての恋人、仁王は自分をはつみだと、明日香が命を落としたのははつみのせいだと、考えている。考えながらも、行動を共にすることになった二人ー

息詰まる展開。上下巻ながら一気に読めます。

続巻に「天使の爪(上下)」があります。

2005/12/02 15:35

投稿元:ブクログ

上巻から続き、全く飽きさせない臨場感たっぷりの展開。愛・友情・正義・信頼、いろんなものが絡み合い、ラストは泣かせますねぇ。。映画も見ましたが内容が全く違っていて驚きました。間違いなく原作の方がおもしろいです。

2008/04/06 15:37

投稿元:ブクログ

外見が美人、中身がハードというのは男からすると理想的かもしれません。
ハードボイルドなストーリーなのにテーマが愛というのもロマンチックでいいと思います。

2007/10/12 14:33

投稿元:ブクログ

天使の牙下巻。
一応ストーリー終了。
上巻では微妙に無理のあったストーリーが綺麗にまとめられています。

2007/09/12 21:44

投稿元:ブクログ

映画を観てみたいけどきっとがっかりするだろうと思って観てません。アクション系だと思ってたら大間違い。かなりの心理サスペンスです。

2008/06/11 14:57

投稿元:ブクログ

犯罪組織「クライン」の独裁者君国の愛人はつみの身体と、女刑事明日香の精神を持つアスカは、己だけを信じて決死の囮を演じていた。組織は警察内部の通報者を使い、次々と殺戮の罠を仕掛けてくる。アスカを守るのは、明日香の元恋人・仁王こと古芳ひとり。だが、古芳はアスカの精神が明日香であることを知らない。一方、アスカは古芳が組織の内通者である疑いを捨てきれない。不協和音が生じた二人にさらなる刺客が…!!息もつかせぬアクション、巧みな構成、想像を絶する展開。感動と興奮を呼ぶエンターテインメントの真髄。

2008/10/05 03:18

投稿元:ブクログ

むぅ。満足。寝る間も惜しんで読んでしまった。同じ場面の同じ時間を異なる視点でチャプターを分けて書く手法がとても面白い。そういう書き方なんだろうね。Aという登場人物から見た事象で欠けていた視点がBという登場人物から見た視点で補われるって訳。臨場感あるね。
図書館で続編があるように見えたので次も読んでみよう。

2008/03/19 21:01

投稿元:ブクログ

上巻に続き
下巻を一気に読み上げてしまいました。
ハードボイルドな作品!
君国の冷酷さや影響力、神の冷淡さ
古芳の幼馴染人情
明日香の強さ・・・
インパクトのある1冊です。
凄く面白かった!
お勧めの本ですw

2009/05/20 12:16

投稿元:ブクログ

上巻と同様、スピード感があって一気に読める。
最後の終わり方が個人的に少し残念。続編の「天使の爪」も気になります。

2010/11/13 00:21

投稿元:ブクログ

「自分の傲慢を知った。弱者に対する思いあがりを感じた。」

今まで当たり前に持っていた肉体を失って、代わりに得たものは、美しいけれど脆弱な肉体。
元々の『河野明日香』としては、決して必要のないもの。

そうなって初めて自分が「恵まれていた」ことに気付く。
このアスカの述懐は結構痛かったなぁと思います。
それに今自分の傍にいるのは、かつて最愛だった恋人。
そしてもしかしたら自分を裏切っていたかもしれない男。

その中でも戦おうとするアスカの強さが眩しい。

が。
個人的には好きになれないタイプの人なんですよね、『河野明日香』って。
『神崎はつみ』はまだ理解できる範疇にいるんですけど。

仁王は結構ヘタレてますが、かっこいい。
『はつみ』に対して冷たくすればするほど、『明日香』への想いの強さを知ることが出来るし、『はつみ』に惹かれれば惹かれるほど、結局『明日香』が好きなんだなぁとすべてを知っている読者としては思うわけです。
一途な仁王が素敵。

2011/11/27 00:22

投稿元:ブクログ

私は余り好まない
大沢氏ですが、コレはエンターテイメント系
ハードボイルド(?)として完成されてます。
ヨメとしては『新宿鮫』シリーズより好きです。

『脳髄移植』という人体実験紛いの手術をされ、
超美人の外見を持つ事になってしまった、
刑事アスカ。

設定は安易ですが、人物描写が細かい事、
構成が丁寧に考えられているので
楽しく読めます。

続編の『天使の爪』も面白いです。

映画ではアスカ役を米倉涼子さんが演じたみたいですね。
イメージど真ん中。

2009/11/27 00:48

投稿元:ブクログ

(レビューは上巻の続きです。)


文庫で上下巻になるだけあって正直長いのですが、テンポがかなりいい(もちろん緊迫の、いい意味で息の詰まる「間」もありますが)ためページをめくる手が止まらなくなります。

信じられるのは自分だけ。
限りなくそれに近い事態に、アイデンティティすら保ちがたい、世界でも例のない脳移植手術を受けたアスカが挑む。
姿が違うため、自分をかつての自分だと認識する者がいない。
かつて出来たことが今の体では出来ない。力でねじ伏せることも、長く走ることすらも。
そんな状態で、そしてかつてこの体で生きていた「はつみ」として認識された状態を利用して、無事に警察内部の腐敗を暴く…ことができるのか?!

先の読みづらい展開がまた、途中でしおりを挟むことに抵抗を覚えさせるんですよね。
何度読み返しても楽しめるいい作品です。


同じアスカと仁王のコンビで「天使の爪」という作品もありますが、そちらは少なくとも仁王との間の信頼関係はしっかりしているので、こちらの方がよりスリリングさが勝っています。
もちろん爪は爪の良さがありますけどね。

爪の話はまた、いずれ。
天使の爪レビューを書く機会があれば触れたいと思います。

2010/03/19 23:26

投稿元:ブクログ

あらすじ☆

犯罪組織(クライン)の君国の愛人はつみの身体と、女刑事 明日香の精神を持つアスカは己だけを信じて決死の囮を演じていた。
組織は警察内部の通報を使い、次々と殺戮の罠。を仕掛けてくる。
アスカを守るのは 明日香の元恋人 古芳ひとり。 だが古芳はアスカの精神が明日香である事をしらない。
一方、アスカは古芳が組織の内通者である疑いを捨てきれない。
すれちがう2人にさらなる刺客が、、、、、!!!


殺 殺 殺 殺、、、物語りの一つ、一つが想像できて、リアリティー( ; ; )。。
怖いけど、警察も悪者。信じられるのは自分しかいないって事が、また恐怖心をそそる。

終わり方すっきり!!!

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る