サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

希望の牧場
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:29cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-265-00633-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

希望の牧場 (いのちのえほん)

著者 森 絵都 (作),吉田 尚令 (絵)

東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場があります。だれもいなくなった町の牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづ...

もっと見る

希望の牧場 (いのちのえほん)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場があります。だれもいなくなった町の牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描き出す絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

売れない牛を生かしつづける。意味がないかな。バカみたいかな-。福島第一原子力発電所の警戒区域内に取り残された「希望の牧場・ふくしま」をモデルに、何が何でも牛たちを守りつづけようと決めた牛飼いの姿を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

この絵本は、福島原発の警戒区域内に取り残された「希望の牧場・ふくしま」のことをもとにつくられた絵本です。

「希望の牧場・ふくしま」では、餌不足の問題が深刻化していくなか、今も牛たちを生かすための取り組みが続いています。

東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描きます。

売れない牛を生かしつづける。意味がないかな。バカみたいかな。いっぱい考えたよ。
「オレ、牛飼いだからさ」【商品解説】

著者紹介

森 絵都

略歴
〈森絵都〉1968年東京都生まれ。「風に舞いあがるビニールシート」で直木賞受賞。
〈吉田尚令〉1971年大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

立ち入り禁止区域にて

2016/05/08 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発事故後、立ち入り禁止区域となった場所で変わらずに牧場を続ける牛飼いのお話。
もととなった牧場が本当に存在するとは知らなかった。
考えさせられる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/28 11:20

投稿元:ブクログ

 吉田さんの絵が、心にズドンときます。牛たちが殺処分されるところなんて、涙なしに見られません。。しょっぱなの、家族に置いて行かれてしまったワンちゃんの、何が起こったのか分からずきょとんとしつつも、家族がいなくなってとっても悲しんでいるような表情から、たまりません。先を読み進みたくなくなってくるような…、でも読まなくてはいけないような気にさせる絵本です。

2017/01/12 08:04

投稿元:ブクログ

子供に読み聞かせる内容じゃない。絵本なのか。といいつつ、考えさせられる内容と、なじみ深いセリフ調の文、印象的な絵がコラボしている名作。大人向け絵本と言うべきか。手元に持っていたい名作。

2016/03/17 07:54

投稿元:ブクログ

震災後、福島に残り「牛飼い」としての仕事を続ける男性の話を、森絵都さんが文にしたもの。
肉牛なのに、その役目も果たせずに今生きている牛と、儲からないのにそれを世話し続ける男性。

高学年の考えられる子どもたちに。
しっとりとひびきます。

2016/06/01 18:42

投稿元:ブクログ

心にずんと来る絵本です。
東日本大震災の原発事故後の牛飼いの話です。

森絵都先生こういう絵本も書いてたんだなぁ。

2015/10/17 08:48

投稿元:ブクログ

ただそこに暮らしていただけで、あたりまえのことをあたりまえにしていただけなのに、こんな思いをしてる人たちがいて、それでもそんなもんだって誰が言えるんだろう。
何度読んでも、緑の田んぼのページと、星空のページで涙がでる。

2014/09/26 13:11

投稿元:ブクログ

福島にある希望の牧場と呼ばれるようになった牧場のそれまでの経緯とこれからのことたちが描かれている。明るい絵本ではありません。森絵都さんの言葉がとても真っ直ぐで、痛いほどに。絵もダークな色合いで描かれており、力強いのにでもどこか弱い。風化させてはいけなくて、見えないものに怯えながらもそこにしっかりと立つ姿は見習わなくてはならないな、と。

2015/11/30 23:01

投稿元:ブクログ

牛飼いだからしょうがない。心にずしっときました。
行き場のない牛たちの世話を続けることに,いろいろ意見があるだろうけど,私たちはフクシマについて考え続けないといけないんだと思う。

2014/09/22 22:11

投稿元:ブクログ

今、私には「希望」が全く見えていない。でも微かな光があるなら、消してはならない。
国や東電の言いなりにはならない。。。

岩崎書店のPR
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-00633-7.html

2016/12/20 22:24

投稿元:ブクログ

殺処分されていく牛。
当時、何度もニュースで見た牛たち。

農に携わる人々が抱える危うさ、矛盾と痛みを考えずにはいられなかった。
忘れがちなその気持ちを呼び起こしてくれる。

こうした人々の上に、私たちの生活は成り立っている。
そこに意味はあるのか。生きるって、何なのだろうか。
色々考えさせられる。

2015/02/07 17:09

投稿元:ブクログ

心がずんと重くなる絵本だ。でも、こうして動物とかかわっていかなくちゃね。だから、何をしちゃいけないかよく考えること。

2015/12/30 06:26

投稿元:ブクログ

 書店の絵本コーナーに並んでいて、何気なく手に取った一冊。表紙絵が「読んで欲しい」と訴えていた。人と牛と犬と猫と蝶が仲良く並んでる。地面と生き物が一体の迫力も感じた。こういう感じで迫ってくる絵は久しぶりだ。絵本を開き、自分が福島のことを全然わかっていないこと、生きることと働くことの意味を考えさせられた。
 「売れない牛を生かし続ける。意味が無いかな。バカみたいかな。いっぱい考えたよ」(絵本の帯)。巻末にこの絵本は福島第一原発の警戒区域内に取り残された「希望の牧場・ふくしま」のことをもとに作られたこと、この絵本の売上げの一部が牛たちを生かすための餌代等に使われることを買ってから知った。

2015/05/31 18:30

投稿元:ブクログ

これは、もうなんといっていいか。なんにも言えないけど、なんにも言わずに、子どもたちにも読みたい。ちょっとじっくり時間がいるなぁ。

2014/09/30 21:07

投稿元:ブクログ

福島原発の近くにある牧場が舞台。
汚染地区とされ、立ち入り禁止令が出されたその場所で、今もなお、牛たちとともに暮らす牛飼いの実話を元にした絵本。

元々は食肉となる予定だった牛たちは、ひとけのなくなったその地域で、ある意味のびのび生きているように見えます。
一方で、放射能という透明な脅威を、一身に浴びながら。

牛飼いの「オレたちに意味はあるのかな?」
という言葉に、涙が溢れました。

牛たちにとっては
食べられる運命にあるよりは
今、ただ生きている、ことの方が、意味があるのかもしれないとも、考えられます。

意味、ってなんだろう。
何に意味があって、何に意味がないのか。
人間に食べられることに意味があるのか、
食べられなくなった牛に意味はないのか、
危険を知りながらも便利さや金儲けを優先した装置を使い続けることに意味があるのか、
多少不便でも心豊かに自由に生きていくことに意味はないのか。

つきつめれば、
実は、全てのものに、意味なんて
ないんじゃないだろうか。

意味がなくても
ただ、精一杯生きていることに
意味があるのかもしれない
(矛盾しますが)

そして、全てに意味はなくても
自分のやりたいことを、幸福になれることを、
選び取れることが大切であり、
決して奪ってはいけない権利です。

それすらも、奪い去ってしまった原発事故の罪深さ。

「あたりまえのことを
まいにち、いっしょうけんめい、勝ちとっている」
という牛飼いの言葉も、それを物語っているように感じます。

何重にも、考えさせられる絵本です。
(エナミ)

2016/06/08 15:49

投稿元:ブクログ

東日本大震災後、原発20㎞圏内にある牧場の話。 希望の牧場といわれるようになったけど、、、牛飼いの言葉ひとつひとつがズシリと響く。

自然・いきもの絵本 ランキング

自然・いきもの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む