サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 法学・法律
  4. 法廷のための統計リテラシー 合理的討論の基盤として

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

法廷のための統計リテラシー 合理的討論の基盤として
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発売日:2014/08/28
  • 出版社: 近代科学社
  • サイズ:24cm/205p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-7649-0463-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

法廷のための統計リテラシー 合理的討論の基盤として (ISMシリーズ:進化する統計数理)

著者 石黒 真木夫 (著),岡本 基 (著),椿 広計 (著),宮本 道子 (著),弥永 真生 (著),柳本 武美 (著),統計数理研究所 (編)

法廷における統計リテラシーについて、意思決定、意思伝達、合意形成の道具としての統計的方法を示し、裁判の場において統計的な考え方が要求される場面を解説する。【「TRC MA...

もっと見る

法廷のための統計リテラシー 合理的討論の基盤として (ISMシリーズ:進化する統計数理)

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

法廷における統計リテラシーについて、意思決定、意思伝達、合意形成の道具としての統計的方法を示し、裁判の場において統計的な考え方が要求される場面を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

統計科学は、法廷の言語となる!!
 法廷における裁判は、科学的根拠に基づいて展開していく。科学的根拠の多くは統計的背景を持っているが、法廷に係わる人が統計科学に詳しいとは限らない。現状はむしろ逆の場合が多いであろう。そこで本書は、初学者を中心に、法廷での例を参考にして、その正しい理解と実用性を具体的に解き明かす。法曹関係者はもちろん、広く意志決定・討論などの手法に関心の深い読者には必携の書である。【商品解説】

目次

  • 序章 この本について
    • 0.1 はじめに
    • 0.2 若干の準備
  • 1 不確実性を扱う基礎数理と不確実性下での意思決定
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 確率
    • 1.3 不確実性下での意思決定
    • 1.4 確率を用いた意思決定
    • 1.5 追加情報の経済的価値
  • 2 統計思考と合理的討論

著者紹介

石黒 真木夫

略歴
〈石黒真木夫〉1946年埼玉県生まれ。統計数理研究所統計相談担当特命教授。
〈岡本基〉1978年生まれ。情報・システム研究機構リサーチ・アドミニストレーター。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/15 11:33

投稿元:ブクログ

近代科学社ウェブサイト
http://www.kindaikagaku.co.jp/math/kd0463.htm

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む