サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アランの情念論
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/09/20
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:22cm/1冊
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7664-2172-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アランの情念論

著者 新田 昌英 (著)

哲学者アランはなぜ自らの思想の中核に「情念」を据えたのか? フランスにおける哲学と実験心理学の関係を分析することで、アランの哲学の核心を徹底解明するとともに、19世紀の埋...

もっと見る

アランの情念論

7,560(税込)

ポイント :70pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

哲学者アランはなぜ自らの思想の中核に「情念」を据えたのか? フランスにおける哲学と実験心理学の関係を分析することで、アランの哲学の核心を徹底解明するとともに、19世紀の埋もれた思想史を掘り起こす。【「TRC MARC」の商品解説】

「魂の医術」としての哲学

20世紀の哲学において、「情念」とは「死んだ」概念であった。
19世紀末に哲学の教育を受けたアランは、生理学的な心理学の成果を吟味した結果、「情念」の概念に辿り着き、これを自らの思想の中核に据えた。
アランが、20世紀初頭に「情念」という概念を見出し、自己の思想に持ち込んだ必然性はどこにあったのだろうか?

勃興期の実験心理学と哲学の関係を描きながら、「心理学の時代」となった20世紀に情念概念の積極的な意義を論じたアランの姿を明らかにする力作。【商品解説】

目次

  • 第一部 アランの情念論と情念論の伝統
    • 第一章 アランの情念論とその生成の問題
    • 第二章 フランスにおける情念論の伝統
  • 第二部 知覚と情感性の理論
    • 第三章 知覚の理論
    • 第四章 情感性の理論
  • 第三部 実験心理学の感情研究と認識論上の諸問題
    • 第五章 心理学と形而上学
    • 第六章 アランの心理学批判
    • 第七章 「神経学的身体」の時代における情念論

著者紹介

新田 昌英

略歴
〈新田昌英〉1978年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得満期退学。博士(文学)(東京大学)。東京大学大学院人文社会系研究科助教、東京理科大学非常勤講師。専門はフランス近現代思想。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む