サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 農本主義が未来を耕す 自然に生きる人間の原理

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

農本主義が未来を耕す 自然に生きる人間の原理
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/21
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-5736-8
  • 国内送料無料

紙の本

農本主義が未来を耕す 自然に生きる人間の原理

著者 宇根 豊 (著)

経済は成長しない、もう国家には頼れない。土と共に生きる「農」の営みにこそ、未来がある。カネではかることができない自然の恵みと豊かさを、自らも農に生きる人間のまなざしで描き...

もっと見る

農本主義が未来を耕す 自然に生きる人間の原理

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経済は成長しない、もう国家には頼れない。土と共に生きる「農」の営みにこそ、未来がある。カネではかることができない自然の恵みと豊かさを、自らも農に生きる人間のまなざしで描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宇根 豊

略歴
〈宇根豊〉1950年長崎県生まれ。百姓。農学博士。福岡県農業改良普及員時代に減農薬稲作運動を提唱。2010年までNPO法人農と自然の研究所代表理事を務めた。著書に「農本主義へのいざない」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/26 07:01

投稿元:ブクログ

進歩=経済的発展=近代化と農業を対置するやりかた自体は目新しいものではないけれど、『経済』以外の目に見えない価値を、農家自身が自覚的に評価しようと主張している。ここまで徹底して『原理主義』的な、ある意味過激なまでの主張は今まで見られなかった。

その背景のひとつが、『人は自然の中にいる』のだから、自然を部外者として利用するのではなく、中から見つめる視点が必要だという立ち位置である。だから、自然のめぐみを無限に市場化し拡大することを止め、『農業』を媒介とした自然との共生を説く。

放射能汚染された地域の食物をどう考えるかと言う部分については、素直に首肯けない部分もあるが、それも『原理主義』としての決意表明だと思えば、賛同はしないけれど評価はできる。学ぶところの多い1冊であった。次は郷土と農本主義について書かれたものを読んでみよう。

2015/03/06 10:34

投稿元:ブクログ

 食べものの価値から自給の価値を見離し、地域の価値から家族の価値を切り捨て、生きる価値から非経済価値を排除し、天地の公益的価値からささやかな私的な価値を滅ぼした。日本国家は背丈以上の葦原となった田んぼの荒廃を防ぐことも回復することもできなかった。葦原の中、日本国家のためでも消費者のためでもない何ものかのために畦草刈りをする百姓がいる。

農学・農業 ランキング

農学・農業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む