サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか ネットパトロールがとらえたSNSの危険性

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか ネットパトロールがとらえたSNSの危険性
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/30
  • 出版社: ミネルヴァ書房
  • サイズ:19cm/130p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-623-07065-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか ネットパトロールがとらえたSNSの危険性

著者 吉冨 康成 (編著)

ネット人権侵害の現状と実際を知らせ、盲目的なネット利用に警鐘を鳴らすとともに、その対策の端緒ともなるネットパトロールの実践を紹介し、ネット人権侵害対策の糸口を探る。【「T...

もっと見る

インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか ネットパトロールがとらえたSNSの危険性

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ネット人権侵害の現状と実際を知らせ、盲目的なネット利用に警鐘を鳴らすとともに、その対策の端緒ともなるネットパトロールの実践を紹介し、ネット人権侵害対策の糸口を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • プロローグ
  •  
  • 第1章 心を蝕むインターネット
  •  1 インターネットが生まれた訳
  •  2 ネット人権侵犯の潮流
  •  3 ネットユーザの心理と行動
  •  4 おわりに
  • 第2章 人権侵害を招くインターネットの正体
  •  1 ネット人権侵害に関する基礎知識1

著者紹介

吉冨 康成

略歴
〈吉冨康成〉京都府立大学生命環境科学研究科教授。著書に「ニューラルネットワーク」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/15 01:03

投稿元:ブクログ

現代のインターネットに潜む人権侵害をわかりやすく解説している。そもそも人権教育自体が後進国家である本邦においてはなるべくしてなっている状態と言えよう。
mixiやTwitterなどを見るにつけその酷さには目を覆うものがあるが,しかし目をそらしているだけではいけない,人権侵害がますます深刻化するだけである。そのネット上の人権についてを考える。
現役生(当時)も執筆陣の中に含まれていたのは良い。

2014/09/13 22:36

投稿元:ブクログ

ネットに書き込んだ者は表現の自由を主張できるし、書き込まれて損害を被ったと受け止めた者の理論には著作権侵害、人権侵害、守秘義務違反などが登場する。表現の自由は情報の流通を促す基盤であり、法的に制度化されている。

2015/04/05 12:59

投稿元:ブクログ

SNSの普及で誰もが簡単に情報発信できるようになったが、同時に人権侵害の投稿も爆発的に増えたという問題を考察した本。対策の一つに儒教を持ち出す論理展開は興味深かった。最終的には各個人の道徳観を磨くしかないというのはネット企業に勤める人間として無力さを痛感させられる結論…

2014/11/27 06:05

投稿元:ブクログ

インターネット上での事件は、事件が急激に拡散し、様々な立場の人が事件の関係者になり、それぞれの関係者は自分立場を正当化する理由を持つことができる。SNS、掲示板を運営する会社は、ユーザーの書き込みに対しては一切責任を負わない旨、利用規約に明記している。すべての書き込みをチェックすることは不可能であり、どうしても何かが起きてからの対処にならざるを得ない。名誉棄損及び侮辱罪は親告罪だが、被害者が知らない間に名誉棄損、侮辱がネット上を拡散しているのも大きな問題。全自動でネット人権侵害を検出する技術が生まれる見通しは今もなお立っていない。厳罰化とネットパトロールの技術進歩だけではネット人権侵害の蔓延を阻止することは困難。このような状況をふまえ著者は徳育の必要性を訴えるが・・・。