サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

マラソンと日本人(朝日選書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/06
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日選書
  • サイズ:19cm/313,19p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-263023-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

マラソンと日本人 (朝日選書)

著者 武田 薫 (著)

円谷幸吉、瀬古利彦ら日本のマラソンを世界に導いたランナーたちは、何を背負って走ったのか。日本人にとってマラソンとは何か。近代マラソンの歩みを振り返り、日本の国際性、スポー...

もっと見る

マラソンと日本人 (朝日選書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

マラソンと日本人

1,296(税込)

マラソンと日本人

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

円谷幸吉、瀬古利彦ら日本のマラソンを世界に導いたランナーたちは、何を背負って走ったのか。日本人にとってマラソンとは何か。近代マラソンの歩みを振り返り、日本の国際性、スポーツ観の変遷をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

武田 薫

略歴
〈武田薫〉1950年宮城県生まれ。東京外国語大学卒業。スポーツライター。マラソン、テニス、野球などを中心に取材。著書に「オリンピック全大会」「ロザ・モタ」「継がれゆく原野球のDNA」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/16 15:39

投稿元:ブクログ

情報量の多いマラソンの日本史本でした。指導者もいなく食事や体のメンテナンスの正しい情報もないところからスタート。1912年ストックホルムの第5回大会のマラソンではポルトガルの選手が全身にポマードをぬって発汗を防ぎ、志望したという話があってびっくり。それが、正しく強さにつながるという程度の知識で新聞配達員の新聞配達員が選手として走ったそうです。市民ランナーであるわたしはこうした歴史の末端に、安全に準備された大会を走ることを楽しむことが出来ていると実感。

2014/09/04 18:45

投稿元:ブクログ

 東京五輪をナマで目にした世代には、本書に記された銅メダリストの円谷幸吉とメキシコ五輪銀メダリストの君原健二の対照的な姿は実に印象的だ。
 子どもの頃の運動会で後ろを確認しながら走って優勝した選手を<卑怯者>と評した父の一言を胸に刻んでいたために競技場に入って抜かれる寸前まで決して後ろを振り返らなかった円谷、そして五輪を大義名分にして結婚に横やりをいれた上司に從った円谷幸吉。
 それに対して自分の信ずることに反したときはコーチや上司に堂々と反抗した君原、競技場に入ったとき思わず後ろを振り返って差を確認して銀メダルを手にした君原健二。
 この二人の違いはもちろん個性の違いでもあろうが、新旧の時代の違いといえるのかもしれない。君原健二はトップ・ランナーとして走っていた頃、奇人変人のように言われていたことを思い出したが、今ならごく当り前の態度として問題にもならないように思う。