サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. イラスト集
  4. SHOW GIRL 石ノ森章太郎美人画集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

SHOW GIRL 石ノ森章太郎美人画集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 学研パブリッシング
  • サイズ:30cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-406147-7
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

SHOW GIRL 石ノ森章太郎美人画集

著者 石ノ森 章太郎 (著)

デビュー前の絵から、トキワ荘時代の落書、初期作品、代表作、雑誌の表紙イラストまで、石ノ森章太郎が描いた500人以上の美少女、美女の画を収録する。みなもと太郎の特別エッセイ...

もっと見る

SHOW GIRL 石ノ森章太郎美人画集

4,320(税込)

ポイント :40pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デビュー前の絵から、トキワ荘時代の落書、初期作品、代表作、雑誌の表紙イラストまで、石ノ森章太郎が描いた500人以上の美少女、美女の画を収録する。みなもと太郎の特別エッセイも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

『サイボーグ009』のフランソワーズをはじめ、今も色あせぬ数々の美女たち。「萬画家」石ノ森章太郎が、雑誌や広告など様々な媒体に描いた美女たちを1冊に集めたイラスト集が登場! このイラスト集のため新たにスキャンし直したイラストも多数掲載予定。【商品解説】

著者紹介

石ノ森 章太郎

略歴
〈石ノ森章太郎〉1938〜98年。宮城県生まれ。54年「二級天使」でデビューし、その後「サイボーグ009」「仮面ライダー」など次々と作品を発表。(社)日本漫画協会常任理事などを務めた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

石ノ森の絵自体はいいんだけどなあ。

2014/10/13 21:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

10年以上前に、別の出版社からハードカバーで『GIRLS』というタイトルで2冊出た画集の新装版のようです。
石ノ森章太郎の描いた女性を集めたものという触れ込みですが、メインは雑誌『プレイコミック』と『コミック&コミック』の表紙として描かれたものと、その他マンガの扉絵だったり、カットだったりといったものが集められています。
以前出ていたものに追加されているということですが、石ノ森の本当に初期(というか、マンガ家としてデビューする前後)の商業的な意図のないものや、石ノ森が描いたものに後に色をつけたものが追加分のようです。初期のものはかの有名な同人誌『墨汁一滴』のために描かれたもので、これはかつて別の出版社から出ていました。カラー化されたものは1枚絵としては初めてかもしれませんが、石ノ森の全集の表紙等に使用されたもののようで、こちらも特別目新しいものでもありません。
石ノ森は、マンガが発展していく時代に積極的に青年マンガにも活躍の場を広げていった人なので、大人の女性を目一杯描いていた時期がありますし、その頃は初期の子ども向けのマンガと異なり女性を様々な意味で魅力的に描いていた時期だと思いますので、そうした女性像をひとまとめにして観ることができるのはすごいなあと思います。
しかし、今回のように書籍のサイズとしては同じでも、ソフトカバーで、中味の絵はかなりダウンサイズしてあると、せっかくの絵の魅力が失われてしまうように思えてなりません。
以前出ていたハードカバーを持っている身としては、やはり見劣りしてしまいます。
それでも、新規追加があり、「決定版」と名付けられていると、つい自分のものにしてしまいたくなるのですが。
巻末に収められているみなもと太郎のエッセイなのかインタビューなのかよくわからない文章も、細かいところでは的を得ている話ですが、全体としては論評になっているようななっていないような感じで、これも残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/05 18:35

投稿元:ブクログ

「おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびえっちゃん」のファンです。。。

学研パブリッシングのPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784054061477.html

イラスト集 ランキング

イラスト集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む