サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. チョムスキーが語る戦争のからくり ヒロシマからドローン兵器の時代まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

チョムスキーが語る戦争のからくり ヒロシマからドローン兵器の時代まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/17
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:19cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-70329-0
  • 国内送料無料

紙の本

チョムスキーが語る戦争のからくり ヒロシマからドローン兵器の時代まで

著者 ノーム・チョムスキー (著),アンドレ・ヴルチェク (著),本橋 哲也 (訳)

鉄壁な情報操作により、西側諸国がいかに自らのテロリズムを巧妙なものとしてきたか。「テロとの戦い」を標榜し、民主主義を掲げてきた西洋の飽くなき欲望とその欺瞞を暴く。【「TR...

もっと見る

チョムスキーが語る戦争のからくり ヒロシマからドローン兵器の時代まで

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鉄壁な情報操作により、西側諸国がいかに自らのテロリズムを巧妙なものとしてきたか。「テロとの戦い」を標榜し、民主主義を掲げてきた西洋の飽くなき欲望とその欺瞞を暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ノーム・チョムスキー

略歴
〈ノーム・チョムスキー〉1928年生まれ。マサチューセッツ工科大学研究所教授。
〈アンドレ・ヴルチェク〉1963年ソヴィエト連邦生まれ。アジア・アフリカを拠点として作家、映像作家、ジャーナリストとして活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/20 08:30

投稿元:ブクログ

今の世界を見方を変えるとこうなるのだなと思った。欧米のやっていることを素直に評価すると、自由の名のもとに実際にやっていることは、自分たちの利権のために過ぎない、そのことは見えてはいたが、人種差別の根がこれほどまでに深いということは衝撃だった。ブッシュがイラクを攻めた時、道理も何もなかった。しかし彼は裁かれてはいない。それは以前から同じ思いだったが、ケネディにしろクリントンにしろ結局は同じようなことをしていたということまでは見えてはいなかった。プロパガンダにより情報が統制されているとするなら、真実を知る必要がある。

2016/05/18 17:53

投稿元:ブクログ

 原題は” On Western Terrorism"。第二次世界大戦の終結以後、〈西洋〉の帝国が自らの権力と利権を固守するために行った軍事的・非軍事的な介入と干渉によって死亡した人々の数は少なくとも5500万人をくだらない、という発言から始まり、「ヒロシマ」以降の〈西側〉諸国の血に塗れた歴史と、それを覆い隠してきたプロパガンダ戦略が対話を通じてたどられていく。チョムスキー版現代史入門とでも言うべきだろうか。
 
 思わず考えてしまったのは、〈陰謀論〉という言葉である。より正確には、〈陰謀論と名指すという陰謀論〉である。日本にとってのアジア太平洋戦争の歴史過程を少しでも知っていれば、「流言飛語」には、相当程度ある種の現実・事実の反映が見てとれることは明らかだ。では、現在はどうなのか? 世界のさまざまな動きには――外交問題に限らず――ワシントンやウォール街やシティのグローバル・エリートたちの手中にある、と考えるのは〈陰謀論〉になるのだろうか? 1980年代の広瀬隆の仕事がロスチャイルド家の世界支配(?)の摘発にまで到ってしまったことを、明らかな「誤謬」と片づけてしまうことができるのか?

 ひとまず言えることは、〈陰謀論〉とは、現場にも立たず歴史にも問い尋ねずに、自分の手持ちの札を並べ替え解釈することで世界を描く「物語」を構成することから始まるのだ、ということ。だからこそ、調査と歴史資料の発掘と確認が重要なのだ。どんなに荒唐無稽に見えたとしても、そこに史資料や証言があれば、そこから考え始める価値がある。資料や証言が見せてくれる地平の拡がりや射程をどう計測するか。資料を手にした者が問われるのは、まさにその瞬間に他ならない。

外国の政治・行政 ランキング

外国の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む