サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ 改訂2版 1 医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ 改訂2版 1 医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:実務家
  • 発売日:2014/08/21
  • 出版社: 日本医療企画
  • サイズ:21cm/245p
  • 利用対象:実務家
  • ISBN:978-4-86439-287-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ 改訂2版 1 医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ

著者 木村 憲洋 (編著),医療現場を支援する委員会 (編著)

現場での実践に役立つ、病院経営の入門書。病院経営の予備知識として日本の医療制度を説明するほか、病院経営・組織・収入のしくみ、現場のサービス効率を高める手法、医用機器などに...

もっと見る

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ 改訂2版 1 医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現場での実践に役立つ、病院経営の入門書。病院経営の予備知識として日本の医療制度を説明するほか、病院経営・組織・収入のしくみ、現場のサービス効率を高める手法、医用機器などについて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木村 憲洋

略歴
〈木村憲洋〉1971年生まれ。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科博士課程満期退学。高崎健康福祉大学健康福祉学部医療福祉情報学科講師。日本医科大学非常勤講師。著書に「病院のしくみ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/29 12:11

投稿元:ブクログ

新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:498.163//Ki39

2015/03/15 16:18

投稿元:ブクログ

著者は、「医療現場を支援する委員会」の方々。
感想。「誰でもわかる」「医療現場のための」と副題をつけてるが、あまり頭に入ってこない。読み手のターゲットがよくわからない。
備忘録。
・患者数=人口動態×疾病構造の変化(=疾病発生量)。
・日本の医療システムの特質、国民皆保険制度、自由開業制、フリーアクセス(保険証があれば誰もが受診できる)、出来高払い制度。
・厚生行政は、医療法改正と診療報酬改定で業界をコントロール。
・7対1看護。
・放射線治療スタッフも足りない。
・診療報酬の仕組みが細かく記載されている。

病院経営・病院実務 ランキング

病院経営・病院実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む