サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義
〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義 〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/28
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01121-1
  • 国内送料無料

紙の本

〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義

著者 マイケル・S.ガザニガ (著),藤井 留美 (訳)

認知神経科学の父ガザニガが2009年に行った「ギフォード講義」の内容をまとめる。これまでの脳科学の歩みを振り返り、自由意志と決定論、社会性と責任、倫理と法など、自身が直面...

もっと見る

〈わたし〉はどこにあるのか ガザニガ脳科学講義

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

認知神経科学の父ガザニガが2009年に行った「ギフォード講義」の内容をまとめる。これまでの脳科学の歩みを振り返り、自由意志と決定論、社会性と責任、倫理と法など、自身が直面してきた難題の現在と今後の展望を総括。【「TRC MARC」の商品解説】

世界最高峰の学者だけが教壇に立てる「ギフォード講義」をもとにまとめられた本書で著者は、脳科学の足跡を辿りつつ、精神と脳の関係、自由意志と決定論、社会性と責任、法廷で使用されはじめた脳科学の成果の実態などを、やさしく語りかけるように論じる。行き過ぎた科学偏重主義に警鐘を鳴らし、人間の人間らしさを讃える一冊。【商品解説】

目次

  • 目次
  • 第1章 私たちのありよう
  • 第2章 脳は並列分散処理
  • 第3章 インタープリター・モジュール
  • 第4章 自由意志という概念を捨てる
  • 第5章 ソーシャルマインド
  • 第6章 私たちが法律だ
  • 第7章 あとがきにかえて

著者紹介

マイケル・S.ガザニガ

略歴
〈マイケル・S.ガザニガ〉1939年生まれ。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。同大学のSAGE精神研究センター所長。著書に「人間らしさとはなにか?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/23 11:52

投稿元:ブクログ

昔習ってそう面白くも思わなかった分離脳がこんなに面白いものだったなんて。最後まで失速せずあらゆる分野を巻き込んだ台風のような講義。

2015/03/04 23:19

投稿元:ブクログ

終盤は間主観性みたいな話になっていた。前半は脳科学の有名な実験がメインだったけど,途中からガザニガの膨大な知識と先行研究の紹介に加え,遺伝や法律,司法の話が縦横無尽に入り乱れてとても難しく理解できないことが多かった。読了までにエラい時間がかかった。

2015/01/03 11:46

投稿元:ブクログ

面白い内容だった。デカルトのエラーにも通じるものがあると思った。訳もよい。訳者のあとがきもよかった。よくないのはカバーの写真。本の内容とは関係ないし誤解をあたえるようなカバーだ。

2015/10/26 17:29

投稿元:ブクログ

タイトル通りで「自由意思」に関する本。この手の本は色々読んでいるので内容的には既に聞いた話が多く、今回の本に関してはあまり目新しさはなかった。それでもこのテーマの本はやっぱり面白いですね。

2015/02/22 15:03

投稿元:ブクログ

てんかん治療を目的として右脳と左脳を繋ぐ脳梁を切断した分離脳患者を対象に様々な実験を行っている著者が、いわゆる右脳と左脳の働きの違いを明らかにするとともに脳の分散処理について説き、その分散処理された結果を取りまとめるのは左脳であり、後付けで合理的に説明するプロセスとしてインタープリター名づけている。ここでも『脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説』前野隆司著と同じように自分の意思ではなく結果を意思と錯覚しているという受動意識説で我々の脳と意識を説明している。また、人間は社会的であるとして、社会的な脳についても1/3程ページを割いており犯罪と刑罰についての論考など考えるとグルグルしてしまいます。

2016/10/26 22:20

投稿元:ブクログ

脳科学の最先端(原書2012年)
どんどん次が読みたくなる面白さ。
脳に中心はない。あるのは入力を処理するたくさんのインタープレターだけ。

2014/10/06 12:47

投稿元:ブクログ

脳科学だけでなく、物理学、生物学、政治哲学まで幅広い分野を横断している素晴らしい書籍である。自由意思への解釈については、ネガティブなものからポジティブなものに変わった。時間をあけてもう一度じっくり読みたい。

2014/10/09 20:52

投稿元:ブクログ

 2日前、ノーベル医学生理学賞の発表がニュースになっていた。「脳内のGPS(衛星利用測位システム)」がどのように働くのかを解明したとして3人の研究者に授与すると発表した。それだけ、脳は人間にとってまだ、未知なる領域が残っている。

 そんな脳に関して考えて行ったのが今回の本だ。脳とは何か、人間にとって脳はどういうものかを問い、解説している。

 脳の配線に関して、脳を制御しているのは一つのものではなく、いろいろ張り巡らされていてかつ、物事を認知する能力を持つ脳は分担が決まっていて特定の領域で処理すると言う2重構造になっているそうだ。

そういえば、「脳は有り合わせで出来ている」と言うのを読んだことがある。本能に基づいて判断する「古い脳」に、今の人間が考えたり、行動するような複雑な「新しい脳」が重なる2重構造ならなっている。その影響で、食べ物を必要以上に蓄えようとして肥満になる人が出る。

 脳の構造がもっと明らかになってくれば、今話題になっている「イスラム国」のような邪悪な集団に加担しようという誘惑にかられずに済むような研究が出てくる可能性が出てくるかも知れない。

http://www.sankei.com/life/news/141006/lif1410060055-n1.html

2015/11/12 14:39

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16495694

2015/12/13 20:27

投稿元:ブクログ

脳神経専門の著者による、意識は何の上に成り立っているのか、を書いてみた本

結局のところ、現状は人間系とか脳神経系ってのは複雑だから、様々な変数が死ぬほど出てきてヤバい、みたいな話で、そりゃそうだ、というくらい

意識に本体は無くて、脳の自律的な仕組みが集合した結果が意識というものに見えている。で、脳の動きは量子論に支配されるかどうかはまだわからんよ、的な感じ

ただ、創発、という概念にはふーんと思いました。でも、創発された別のシムテムであることと、創発が起きないくらいのレベルのミクロさっていうのは、基準が難しいよなあとも

2015/06/08 22:14

投稿元:ブクログ

メンインブラックで描かれる「病院に搬送された人 間の顔をあけると出てくる『小さい宇宙人』」。わ れわれの中には同様にホムンクルスがいて、会いたい人との待ち合わせ日時や食べたいもののある店をどれにするか決定しているのか。

脳は、体と独立した器官なのだろうか。我々はどの ように意思決定を下すのだろうか。これに「脳は他の器官同様」であり、意思決定は、認識したものと 認識したものの間隙をイメージする(作話する)能力の総合であるとする立場から展開される一冊。

法制度における脳科学の位置づけが特に印象的でし た。

2014/12/06 20:00

投稿元:ブクログ

物理的に動く一種の装置であるという決定論的人間観に対して、別の視点を示す。人生で得られる経験が精神システムに強い影響を及ぼし、脳と精神の相互作用が意識される現実を生み出している。

スピリチュアルに逃避するのではなく、脳や神経科学の延長に、意識が存在することを示す。

2015/01/08 21:07

投稿元:ブクログ

自分の本棚のラインナップの偏りが凄まじいなとふと気が付きました。
それでも好きな本しか読みませんけどね。

科学の進歩によって、人間の身体的機能や役割、作用が次々と明らかになっている。
わたしたちが日頃当然のように行っている人生のあらゆる判断はそうした機能の一部分であって、自由意思など存在しない、という考え方をあなたはどう思うだろうか。
気まぐれで選んだいつもと違う帰り道、久々にあった友人と急遽行くことになったランチ、悩みに悩んで決めた靴の色さえも、自身の体―――もっと言えば自身の脳が選ぶべくして選んだ「決められたこと」だったのか。
スコットランドの有名大学が共同で実施している自然科学講義『ギフォード講義』で、筆者が実際に行った連続講義が待望の書籍化。

思考の隙を突く鋭い考察が小気味よいテンポで展開されています。
提示される疑問の中枢は、タイトル通り「『わたし』を司るものは一体何で、どこにあるのか」。
人間の身体に関する研究が進展し続けている現在も、未だに人間の精神に関する明確なロジックが唱えられてはいません。
しかし筆者は、車のハンドルの部品を仔細に観察しても交通渋滞の予測ができないように、脳の構造を研究したからといって人間の精神の在り様はわからないと語ります。
「私たちは人間であって、脳ではない。」
ブックカバーに書かれたこの言葉がすべてなのだと感じました。
訳者あとがきもいかしてました。
わくわくして読める素敵な一冊です。

2015/11/08 18:16

投稿元:ブクログ

認知神経学の研究者、ガザニガのギフォード講義を元にまとめられた一冊。
原題は"Who is in charge?" 人が人たるのは何ゆえか?人の頭の中にホルムンクスが存在するのか、人には完全な自由意志があるのか、それとも脳内の物質的な反応のみに全てが帰結するのか。

ガザニガの結論は「ひとつの脳を見ていても何もわからない」。何故なら人と人との関係の中にしか人間の選択と行動は存在しないのだから。

認知神経学の最新の研究成果を期待していると若干肩透かしをくらう結論だ。

2015/02/15 18:58

投稿元:ブクログ

とても興味を惹かれる分野、久々に「ユーザーイリュージョン」につながる話に出会えた。興味深く読んだが、ときどき細かいレベルで話(文)のつながりがわかりにくかったのは、自分がバカなのか原著の展開の癖なのか翻訳の問題か。
翻訳は専門知識のある方が手がけた感があって堅実だが、ときどき訳語選択に疑問がある箇所あり。論文などでは通用する言い回しなのかもしれないけど英語っぽいのでは?というような。
最後の章は、使命感から扱ったテーマなのだろうか、大事な話とは思うけれど、少し密度が下がったかな。気のせいか、訳文も駆け足っぽくなった気がした。

脳科学 ランキング

脳科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む