サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 自信をもてない人のための心理学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

自信をもてない人のための心理学
自信をもてない人のための心理学 自信をもてない人のための心理学
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/28
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01122-8
  • 国内送料無料

紙の本

自信をもてない人のための心理学

著者 フレデリック・ファンジェ (著),高野 優 (監訳),内山 奈緒美 (訳)

「思い込み」から自由になろう−。自信は「自己評価」「行動」「自己主張」から成り立っている。自分で簡単にできる心のトレーニングで自信を育て、悪循環から抜け出す方法を、精神科...

もっと見る

自信をもてない人のための心理学

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「思い込み」から自由になろう−。自信は「自己評価」「行動」「自己主張」から成り立っている。自分で簡単にできる心のトレーニングで自信を育て、悪循環から抜け出す方法を、精神科医が豊富な事例と図表でやさしく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

あなたの人生を難しくしている〈思い込み〉から自由になろう。
自信は、〈自己評価〉〈行動〉〈自己主張〉から成り立っている――自分で簡単にできる心のトレーニングで自信を育て、悪循環から抜け出す方法を、精神科医が豊富な事例と図表でやさしく説く。
5か国語で刊行、フランスのロングセラー。

自信を持てなくさせる7つの〈思い込み〉
1 私には能力がない
2 いつでも人から愛され、認められなければならない
3 私はダメな人間だ
4 何事も完璧にやらなければならない
5 いつも正しい決断を下さなければならない
6 世の中は危険に満ちている
7 人を信頼してはいけない

こんな悩みをお持ちの方へ――
自分を他人と比べてばかりいる/人前で話すのが不安/部下を叱れない/些細なことも決断できない/批判に過剰に反応してしまう/人とうまく付き合えない/リーダーとして自信がない/褒められても喜べない/つねに人から認められたい/上司からダメだと思われている/ノーと言えない
【商品解説】

目次

  • 第1部 自信のメカニズム
  • 第1章 自信がないせいで、あなたは損をしている
  •  自信が持てない人の行動
  •  自信がないと人はこれだけ損をする
  •  自分をもっと好きになろう
  •  〈自己評価〉と自信のサイクル
  •  〈行動〉と自信のサイクル
  •  〈自己主張〉と自信のサイクル

著者紹介

フレデリック・ファンジェ

略歴
〈フレデリック・ファンジェ〉精神科医。セラピスト。リヨン第1大学、パリ大学、ジュネーブ大学、ナント大学で教鞭をとる。専門は自己主張。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/16 12:27

投稿元:ブクログ

・第一部
自己診断テストがあったので、そちらを先にやってみる。結果、自己主張が苦手なようだった(当たってました)。
自信は、自己評価・行動・自己主張を元にしていて、ピラミッド構造で表すことができる。最下層に自己評価、中間層に行動、頂点に自己主張。
自己評価とは、自分を大切に出来ているかということ。これには育った環境や、親との環境などでできあがってしまう部分。
行動、自己評価を原動力にする。行動の結果、成功すれば自信がもてるようになる。失敗した場合でも、見方をかえたり、失敗をマイナスに考えてしまった理由をひもといていくことで良いサイクルが回り出す。
自己主張、上手に自己主張が出来るようになれば、自己評価が高くなり、行動するということでもある。
つまり、これら3点はお互いに関係し合って、どれかがうまくいくと他の2つもうまくいく関係になっている。

P69からの子供に自信を持たせる方法を発達段階ごとに書いてあるのはとても参考になった。

・第二部
自信を持てなくする七つの思い込み
(引用で書き出し)

・第三部
自己評価・行動・自己主張をするトレーニングと、自分の〈思い込み〉から自由になるトレーニングが書かれていた。
とにもかくにも、自分を知り、書き出し、他人の客観的な意見を聞くことが必要のようだ。

 久しぶりに「~のための」本を読んだ気がする。確定的な内容が多く(仕方ないが…)取っつきにくかった。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む