サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術(ブルー・バックス)
「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術(ブルー・バックス) 「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術(ブルー・バックス) 「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術(ブルー・バックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257882-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術 (ブルーバックス)

著者 藤田 佳信 (著)

日本語特有の「控えめな」筋肉の使い方から脱出して、英語らしく響かせる「口」と「舌」を手に入れよう。初学者はもちろん、中級以上の「壁」を破るのにも最適なストレッチ式発声術を...

もっと見る

「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術 (ブルーバックス)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術

1,058(税込)

「ネイティブ発音」科学的上達法 おどろきのストレッチ式発声術

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本語特有の「控えめな」筋肉の使い方から脱出して、英語らしく響かせる「口」と「舌」を手に入れよう。初学者はもちろん、中級以上の「壁」を破るのにも最適なストレッチ式発声術を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

さよなら、カタカナ・イングリッシュ!

ネイティブ独特の「英語の響き」は、ダイナミックな口筋の動きと、メリハリを効かせた“省エネ発音”が生んでいる。

日本語特有の「控えめな」筋肉の使い方から脱出して、英語らしく響かせる「口」と「舌」を手に入れよう。

初学者はもちろん、中級以上の「壁」を破るのにも最適な「ストレッチ式」を、開発者が初公開!【商品解説】

著者紹介

藤田 佳信

略歴
〈藤田佳信〉1950年京都市生まれ。京都府立医科大学准教授(英語英米文学、文芸創作論)。科学的側面からネイティブの口筋肉の動きを分析し、独自の「ストレッチ式発声法」を開発。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/22 23:45

投稿元:ブクログ

[図書館]
読了:2015/9/22

よくある「発音中の横顔断面図」を見せて「こうやるんだ!」としか説明してくれない発音テキストと違って、理論的な説明が多く書かれているので読んでよかった。索引もあるし。
図解が少なく文章解説のみのところも多いので、ちょっと説明に置いてかれるところもあったが。

p. 26, 49, 54の「英語母音の地図」の解説が分かりやすく、頭に入ってきやすかった。

p. 22の、幼児がことばを習得する際、最大の「対立」から始める、というヤーコブソンの理論が初耳で、なるほどと思った。MaやPaは、口を閉じた子音と、口を大きく縦に開いた母音プライムの調音上の対立は、子音も母音も調音の仕方は単純で容易である。これが、最も基本的な対立。

「ダークエル」って、舌を上歯茎裏につけないのーーー!?
p. 70 普通のカジュアルな話し方では、舌先は上歯茎に当たりません。「脱側音化」と言って、lという子音が母音のような音質を持つようになるのです。これは“明るいエルの弱音化現象“とも言えます。調音の際、舌のかたまりが口の奥へ、母音の/u:/のように奥上へと盛り上がり、舌先が押し当てていた上歯茎から離れる様子を想像してみましょう。
明るいエルのように舌先を歯茎に押し当てる必要もないし、母音の/u:/のように口唇をしっかり丸める必要もありません。あるいはまた、プライムの調音ように口を大きく開ける(下あごをしっかり下げる)必要もないのです。
発音はとても気楽です。舌先を下げて、呼気を通すことだけを考えれば良いのです。
日本語話者の耳にはこもった「オー」のように聞こえます。

p. 146 次の二つの文は同じ音声になる。
All of her seams ripped.
Oliver seems ripped.

p. 161 ネイティブスピーカの作るポーズが極端に短い場合は、特にポーズの存在に気づきにくいでしょう。あるいは、話し手がポーズする様子を見せながら、実際には完全に停止しない場合、学習者がほとんど音声の切れ目がわからない可能性があります。
その時、思いのまとまりの境界(音声の切れ目)を探る手掛かりなるのは、思いのまとまりの終わりの(あるいは終りに近い)単語="フォーカス・ワードの音節(その核の母音)が長くなる"か、"ピッチの変化"だけです。書き言葉でカンマやピリオドがあるような発話でも、自然な英語では、実際にはそこでポーズがない場合も多々あります。
"ポーズの役割、ピッチの変化、フォーカス・ワードの強さや長さに注意を向けましょう"。

2014/10/26 11:06

投稿元:ブクログ

これは、大学の教科書として書
自分で授業を行うために
かれた物だと思います。
そのため、少し分かりにくいです。

2014/12/08 09:08

投稿元:ブクログ

この本、なかなか面白いです。
いえ、はっきり言って内容はかなりまだるっこしいです。本来、やって見せるのが最も手っ取り早い「発音の仕方」を文章で説明しているのですから、仕方がありません。
そういった意味で、初級者ではなく、むしろ中級者以上…そこそこ英語らしく発音しているつもりながら、何かちょっとだけ違う、と感じているようなレベルの方にオススメです。
発音の仕方を「科学的」に説明してくれると、私などはとっても腹落ちします。頭で分かった上で、あとはひたすら練習!

読了。
自分的には結構参考になりました。
今さらながら、r と l と日本語の「らりるれろ」の発音の仕方の違いについても良く分かった気がします。何だ、日本語の「らりるれろ」は「l」とも「r」とも違うじゃないか!と。(笑) 欧米人の赤ちゃんは「r」の音を最初「w」で代用するケースがあるという研究結果は示唆に富みます。なるほど…。
基本的にらりるれろに限らず、日本語の発音はとても省エネですよね、口の動きも小さいし、舌の動きも小さいし弱い。

2015/10/30 14:57

投稿元:ブクログ

【OPACへのリンク】
 https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=167439

2016/07/19 21:46

投稿元:ブクログ

もっと文章で分かりやすく日本人の発音に足りないものを説明する内容の方がよかったと思います。
実際スペルでaahhhとか書かれてもわからない人にはわからないですよね。
このインターネットが確立されている時代に文字で発音を学習するよりは動画で学習するほうがずっと楽なのはだれにでも分かるはず。
例えば日本人に足りないのは表情筋だから、こうするべきとかっていう話を掘り下げた方が良かったです。
要はこの本を読んでも発音は全く良くならないでしょうってこと。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

日本語特有の「控えめな」筋肉の使い方から脱出して、英語らしく響かせる「口」と「舌」を手に入れよう。さよなら、カタカナ・イングリッシュ!

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む