サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴァロワ朝(講談社現代新書)
ヴァロワ朝(講談社現代新書) ヴァロワ朝(講談社現代新書) ヴァロワ朝(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288281-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ヴァロワ朝 (講談社現代新書 フランス王朝史)

著者 佐藤 賢一 (著)

イングランドとの百年戦争、イタリアへの夢、皇帝との確執、そして宗教戦争…。ヴァロワ家の歴代王たちは、戦いと金欠の日々からいかに王権を強化していったのか。フィリップ6世から...

もっと見る

ヴァロワ朝 (講談社現代新書 フランス王朝史)

994(税込)

ヴァロワ朝 フランス王朝史2

810 (税込)

ヴァロワ朝 フランス王朝史2

ポイント :7pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イングランドとの百年戦争、イタリアへの夢、皇帝との確執、そして宗教戦争…。ヴァロワ家の歴代王たちは、戦いと金欠の日々からいかに王権を強化していったのか。フィリップ6世からアンリ3世までの歴史を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

カペー、ヴァロワ、ブルボンと続くフランス王朝の歴史を描けるのは、
この人しかいない!
ヴァロワ朝の歴史を描く待望の第2弾。

ヴァロワ朝創設より始まったイングランドとの百年戦争、
国内有力諸侯との駆け引き。
イタリアへの夢、神聖ローマ帝国皇帝との確執、
そして血みどろの宗教戦争……。
相次ぐ戦争と金策の日々。
歴代王の心労絶えない260年間は、
後に続くブルボンの輝く絶対王政への長き助走期間だったか。



フランスを救え──。
百年戦争のときのジャンヌ・ダルクの叫びはフランス人の心を鼓舞したが……。
神のためには死ねる。しかしフランスのためには死ねるか?
ましてやフランス王のためには??
こうした中でも一歩一歩、王家の国造りは進む。【商品解説】

著者紹介

佐藤 賢一

略歴
〈佐藤賢一〉1968年山形県生まれ。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程単位取得満期退学。作家。99年「王妃の離婚」で直木賞受賞。ほかの著書に「二人のガスコン」「カペー朝」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/21 17:09

投稿元:ブクログ

ときどき退屈、でもフランス王たちの素顔が見える感じでおもしろかった。王様の時代はフランスも大変だったんだ。

2015/02/03 18:37

投稿元:ブクログ

ヴァロア朝の王というと、どうにも脇役感が強い。
エドワード三世とエドワード黒太子に大敗したフィリップ六世、ジャン二世。
デュ・ゲクランを見いだしたシャルル五世。
淫乱王妃イザボーの、精神疾患のあった夫シャルル六世。
ジャンヌ・ダルクに救われ、彼女を見限ったシャルル七世。
百年戦争を終わらせたルイ十一世。
腐敗の教皇にしてボルジア出身アレクサンドル六世の教皇領に攻め込んだシャルル八世。
チェーザレ・ボルジア時代にイタリア戦争を戦った敵。ヘンリー八世の妹・メアリーが渋々と嫁いだルイ十二世。
カール五世、ヘンリー八世に対抗心を燃やし、イタリア戦争で捕虜になった、ダヴィンチのパトロン、フランソワ一世。
美魔女ディアーヌ・ド・ポワティエを愛し、カトリーヌ・ド・メディシスを妻としたアンリ二世。
メアリ・スチュアート最初の夫・フランソワ二世。
カトリーヌ・ド・メディシスに翻弄された彼女の息子たち、シャルル九世とアンリ三世。

まあ、だいたいが「フランス王」という脇役として物語に登場する者が多い。脇役の方が、キャラが濃い場合が多いと思われている。
隣国英国ではシェイクスピアの歴史劇で王が主役を飾り、英雄だったり極悪非道の姦雄であったりするのに対し、そういうこともないのかちょっと影が薄い。
このあとのブルボン朝の王たちもなかなか目立つだけに、いまひとつぴんとこないかもしれない。
だがこうして事績を見ていくと、むしろ本人がなかなかユニークだからこそ個性豊かな脇役が揃っていたのかな、と思ったり。
おもしろい一冊。

2014/09/24 22:15

投稿元:ブクログ

百年戦争である。ポワティエの戦いにジャンヌ・ダルク、十字軍を横目にしながら、ブルターニュ戦争である。イタリア戦争に宗教戦争、ノストラダムスにサン・バルテルミーの大虐殺とくれば、もう高校世界史の復習である。
お人好しやらスケコマシ、果ては狂人までいろんな王様がいて、なかなか愉しい王朝です。庶民にとっては「大迷惑」以外の何ものでもないけど(笑)

2014/10/19 23:47

投稿元:ブクログ

カペー朝は個人商店の奮闘、ヴァロワ朝は中小企業の奮闘、そして次のブルボン朝の課題は大企業になること。

2015/08/05 22:49

投稿元:ブクログ

一番印象に残ってるのは、シャルル6世の項。と言ってもシャルル6世自体は影がうすい。
ブルゴーニュ公との熾烈な戦いは読み応えあった。

2014/10/02 18:25

投稿元:ブクログ

カペー朝に続くフランス王朝史。本家が神殿騎士団の呪い?で絶えてしまった為、傍流のヴァロワ家が継いだフランス王家。だかイングランドから待ったがかかる。女系ながらより嫡流に近いイングランド王が正統なフランス王を称し攻めて来たのだ。100年戦争の始まりである。賢王シャルル5世、狂王シャルル6世、勝利王シャルル7世、そして神聖ローマ帝国と張り合ったフランソワ1世のド派手な治世。アンリ2世の予言された死。泥沼の宗教戦争。その200年以上に渡る治世で、フランスは王権は他を寄せ付けない巨大な権力を持ち、また国家としての機能を備える。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む