サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

第一次世界大戦
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/225,29p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-36607-9
  • 国内送料無料

紙の本

第一次世界大戦

著者 マイケル・ハワード (著),馬場 優 (訳)

なぜ、戦争は止められないのか? ナショナリズムと民族自決、軍国主義とダーウィニズム、覇権的野心と神経症的不安、革命への期待と恐怖…。第一次世界大戦期の時代精神に迫る、イギ...

もっと見る

第一次世界大戦

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、戦争は止められないのか? ナショナリズムと民族自決、軍国主義とダーウィニズム、覇権的野心と神経症的不安、革命への期待と恐怖…。第一次世界大戦期の時代精神に迫る、イギリスの代表的研究者による定評ある入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

地球上のあらゆる海で戦われ、すべての大陸の国家が参戦した未曾有の世界戦争は、一部の都市生活者の熱狂と、大多数の人びとの黙認のもとで始まった。イギリスの代表的研究者が平易な言葉で「人びとが戦争をする理由」に迫った定評ある入門書。各国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説し、欧州の一地域紛争が世界を戦火に巻きこんでいく過程を描く。【商品解説】

目次

  • 第1章 一九一四年のヨーロッパ
  • 第2章 戦争勃発
  • 第3章 一九一四年──緒戦
  • 第4章 一九一五年──戦争継続
  • 第5章 一九一六年──消耗戦

著者紹介

マイケル・ハワード

略歴
〈マイケル・ハワード〉1922年イギリス生まれ。オックスフォード大学クライストチャーチ校卒業。オックスフォード大学、イェール大学教授などを歴任。イギリスを代表する戦争史、戦略史、クラウゼヴィッツ研究者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

第一次世界大戦を考えるきっかけとなる入門書として最適な一冊。

ジュンク堂書店池袋本店さん

一九一四年、サラエボでの一発の銃声が引き金となり、世界中の国を巻き込む世界戦争へと発展した。第一次世界大戦である。

今年は第一次世界大戦の勃発から一〇〇年という節目の年である。一〇〇年前というと一昔前の出来事のように思えるが、パレスチナ問題などのように、この戦争がきっかけとなった出来事は現在もまだ残っている。
すなわち、第一次世界大戦とは、「大量殺戮(メガデス)の世紀」と呼ばれた二〇世紀の歴史を振り返る上で、そして、現在の世界を考える上においても、欠かすことの出来ない重大な出来事なのである。

本書は、これまでに数多く出ている関連書籍の中でも、特にコンパクトにまとまった書籍である。必要なテーマのみを抽出しつつ、かといって簡潔にもなり過ぎないようになっているのはひとえに著者の努力の賜物だろう。訳者による関連書籍の一覧もありがたい。
あの戦争を考えるきっかけとなる入門書として最適な一冊。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 人文担当 田山)

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/15 04:00

投稿元:ブクログ

マイケル ハワード『第一次世界大戦』法政大学出版局

原題:The First World War: A Very Short Introduction (Oxford University Press)
著者: Michael Howard(1922-) 軍事史専門の歴史学者
翻訳:馬場優:墺洪帝国外交史(福岡女子大 准教授)

【目次】
第1章 一九一四年のヨーロッパ
第2章 戦争勃発
第3章 一九一四年──緒戦
第4章 一九一五年──戦争継続
第5章 一九一六年──消耗戦
第6章 アメリカ参戦
第7章 一九一七年──危機の年
第8章 一九一八年──決着の年
第9章 講和

 訳註
 訳者あとがき
 地図
 付録 I ウィルソン大統領の平和原則14カ条
 付録 II 戦争の被害
 読書案内
 索引

版元<http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-36607-9.html>

国防・軍事 ランキング

国防・軍事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む