サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 堕ちた弁護士 税務行政・司法制度の闇を撃つ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

堕ちた弁護士 税務行政・司法制度の闇を撃つ
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/03
  • 出版社: 現代書林
  • サイズ:20cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7745-1486-4
  • 国内送料無料

紙の本

堕ちた弁護士 税務行政・司法制度の闇を撃つ

著者 村上 静雄 (著)

行政と司法という国家権力の馴れ合い構造の狭間で、私利を貪る一人の弁護士がいた。「社会正義」の仮面の下に隠された、その真実の姿を暴き出す、著者の半生をかけた闘いの記録。【「...

もっと見る

堕ちた弁護士 税務行政・司法制度の闇を撃つ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

行政と司法という国家権力の馴れ合い構造の狭間で、私利を貪る一人の弁護士がいた。「社会正義」の仮面の下に隠された、その真実の姿を暴き出す、著者の半生をかけた闘いの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • まえがき
  • プロローグ「弁護士」という幻想
  • 第一章 私はなぜ、自分の代理人を訴えたのか~弁護士懲戒請求〈Ⅰ〉
  • 仮面の下に隠された正体が明らかに
  • なぜ、こんな問題になったのか
  • 私を陥れるための偽装書類が証拠に
  • 茶番劇のような反対尋問
  • 依頼人を騙して裁決取消事件を放擲した弁護士

著者紹介

村上 静雄

略歴
著者略歴
村上静雄(むらかみ・しずお)
昭和9年3月、大分県日田市に生まれる。在日米軍コントローラー管理分析員を経て、外国テレビ映画輸入販売に従事する。
43年、ブリタニカ日本支社に入社、映画課長、教育事業部長などを歴任。
その後、TBSブリタニカ事業局長、総務局長などを経て、国際教育開発代表取締役専務、TBSブリタニカ取締役を兼務。
60年6月、両社退職後はボーズ感性工学リサーチ専務に就任、現在は株式会社コスモサウンド代表取締役。
著書に『錆びついた国税局』『崩壊法廷』『続・錆びついた国税局』(いずれも小社刊)がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/11/12 10:56

投稿元:ブクログ

三百代言弁護士の迷走により本来なら和解できたはずの税務訴訟に敗訴し、1億数千万円を国に召し上げられた著者の数奇な運命が記載されていた。余程怒っているのか同じシーンが何度もループしていて、物語を読むような面白さは皆無だ。ただこの件に関する執拗な怒りは十分に読み取れた。何度もループするシーンは例えば以下だ。
P162
「新任の涌井裁判長は平成2年9月7日、東京地裁民事第2部13階の書記官室で、「国税局はあなたに金が行ったという確定ができなくて苦慮している。何かいい案がありませんか?どうですか、和解していただけませんか?」と言ったので、原告の私が「条件は?」と尋ねると、自分の握りこぶしを突き出しながら、「つかみ銭でいい」と和解を勧めた。ところが、原告代理人であった佐藤弁護士は、事前に裁判所より和解調停の通知があったにもかかわらず、原告の私の意向を確かめずに、事前の打ち合わせもしないで、いきなり裁判長に向かって、「更正決定を取り消すなら和解してもよい」と言い、~以後の話し合いは火に油を注ぐ結果となり、佐藤弁護士の思惑通り和解勧告は消し飛んだ。」
「更正決定を取り消すなら和解してもよい」という佐藤弁護士の言葉で裁判長の面目がつぶされた感じとなり、このあとは泥沼の法廷闘争と発展した。
しかし、税務訴訟においては合法性の原則が支配しているので、基本的に和解はあり得ない。国税側が課税処分に苦慮しているのであれば、課税要件を満たさないことになるので、課税処分そのものが違法となる。したがって、裁判長は納税者を勝たせる判決を書くべきである。だから本書の中で記載されている佐藤弁護士の反論、すなわち、裁判官がそんな和解案を提示するわけがないという主張には一定の合理性がある。言った言わないの話に終始して噛み合わない感じが否めないが、結果として言えることは、裁判所で正当な裁判結果を求めるのは間違い、弁護士と裁判所には近付かない生活を心掛けることが大事だということがよくわっかった書籍であった。

租税 ランキング

租税のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む