サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ソラリスの陽のもとに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ソラリスの陽のもとに(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1977.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010237-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF)

著者 スタニスワフ・レム (著),飯田 規和 (訳)

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF)

886(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.0

評価内訳

これを読まずにSF好きと自称することなかれ、、、

2005/08/13 22:59

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファーストコンタクトを題材に哲学的なまでの意識や知性について描いた作品です。
実は同じタイトルの書評を書いた作品があります。
一時期、レム氏の「ソラリス」とベスター氏の「虎よ、虎よ!」を読んでいないSFファンは
モグリだと言われていました。(私の周囲だけかもしれませんが、、、)
レム氏は多種多様な作品を書いた作家です。
この作品だけで彼の作家としての力量を判断するのは大きな間違いではありますが、、、。

すみれ色の靄におおわれ、ものうげにたゆたう惑星ソラリスの海。
だが、一見何の変哲もなく見える海も、その内部では、一種の数学的会話が交され、
自らの複雑な軌道を自己修正する能力さえ持つ、驚くべき高等生命だった!
しかしその知性は、人類のそれとはあまりにも異質であった。
いかなる理論をも、いかなる仮説をも受けいれず、常にその形を変え、
人類を嘲笑するかのようにつぎつぎと新たなる謎を提出する怪物、、、
生きている〈海〉。
人類と思考する〈海〉との奇妙な交渉を通して、人間の認識の限界を探り、
大宇宙における超知性の問題に肉薄する傑作!
完訳決定版!
(初版カバー解説より)

密閉された基地の中での閉塞感。
かみ合わない隊員同士の会話。
思い出の人の謎の登場。
謎が謎を呼ぶ展開。
自分の感覚も知性も信用できなくなっていく。
現実なのか?
幻想なのか?
仮想現実なのか?

流されるままに翻弄されてください。
理解できない不思議を堪能してください。
共感もいりません。
人間を読者を突き放した物語です。
それが作者の意図なのですから、、、。

1972年にタルコフスキー監督で映画になっています。
SFファンなら映画も見て欲しいのですが、「マトリックス」がワカンナイ人にはツライ映画です。
禅問答のような哲学的な狂人のような展開が3時間近く続くのですから、、、。
2〜3回、見ないと頭に入りませんが、重く息苦しい展開で病的な気持ちになってしまいます。
ラストを理解できるところまで、たどり着けるでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ソラリス——尽きせぬ謎……

2002/06/25 00:00

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

数多いSF作品の中でも、何度もその世界に立ち戻ってみたいと思わ
せる作品は、決して多くはない。

この作品は、いつまで経っても忘れることのできない、そして折に
ふれて思い出し、時には手に取って読み返したりしてしまう作品の
ひとつ。SF作品群の頂点に立つ傑作のひとつである。

レムが披露して見せた、この大宇宙に浮かぶ巨大な疑問符——惑星
ソラリスという存在は、読者を魅了し、もどかしい思いに囚われせ
しめることだろう。ある方向へのSFの究極の形がここにある。

SFを読む者がこの作品を読まずにいるというのは、グルメな人がト
リュフを口にしないようなもの、ハッカーがインターネットを使わ
ないようなものである。理解することも共感することも反発するこ
ともできないものに真正面からぶちあたり、こっぱみじんに砕け散
る快感を、ぜひ味わってみてほしい。必読なり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

共存か敵対かの二元論を超えた、遭遇SF

2006/02/11 11:56

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tujigiri - この投稿者のレビュー一覧を見る

海に覆われた無生物惑星ソラリス。どういうメカニズムによってか、惑星の公転軌道を調整する機能を果たす海それ自体に知性が宿るらしいことを突き止めた人類は、この奇妙な星に研究チームを派遣し続け、地球にソラリス学を隆盛させるほどの興味を示してきた。
しかし当初の熱気と学術的な成果が退潮し、特に近年の事故と停滞によって研究は限界に到達したと目されるようになり、ソラリス学は急速に失速をみせているといった状況である。
恒星間航行船プロメテウス号から射出されたカプセルでソラリス上空に浮かぶステーションに到着したケルビン博士は、死んだように静まり返るステーションの奇態に驚かされる。
なんと、先任研究員のスナウトとサルトリウスは半ば狂い、旧知のギバリャンは死亡していたのだ。
最小限の活動以外、不気味な沈黙に支配されたステーションに漂う異様な緊迫感が、ケルビンの混乱にさらに拍車をかける。
それでもなんとか状況に適応しようとするケルビンに追い討ちをかけるように、突如としてありうべからざる訪問客が訪れる。
それは遠い過去に自殺したはずの、忘れえぬ恋人ハリーだった————。
謎の知性ソラリスは、彼らにいったい何を伝えようとしているのか。
不可解な現象に消耗させられながら、半死半生のステーション社会は懸命に解明の糸口をつかもうとするのだが……。
叙情的な終局シーンが強い余韻を残す、異色のSFミステリ。
痛みによってしか到達しえない境地というものがある。
本書は、まぎれもない文学作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

既知が未知になったら一体どうするんだろう?レムの斬新な視点は色褪せない

2011/06/05 12:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チルネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品の表向きのテーマを簡単に言うと、というかこういうしかないと思うのだが、これはファーストコンタクトものである。SFでは普遍的なテーマである未知との遭遇モノ。このテーマのものならSF好きでない人でも何作かパッと頭に浮かぶ作品があるのではないだろうか?しかし、なぜこの作品が今でも必ずといっていいほどSFランキングの上位に食い込んでくるのかということを考えると、これが単なるファーストコンタクトものではないと察するに易しい。

ファーストコンタクト=未知との遭遇と聞いてまず思い浮かぶのが異星人(宇宙人など)との接触だろう。そして、この異星人は「敵なのか?味方なのか?」というように、人類が勝つか、異星人が勝つか、共存かという紋切型の図式が考えられる。が、作者も言っているようにこれはあまりに単純に図式化されすぎているということ。かくいう僕も素直じゃないので「いつも宇宙人に勝ったり負けたりの争いばかりだな」と思ったものだが、レムはそのモチーフを発展させて、今でも斬新ととれる作品へと発展させてしまったのだ。予断だが、こういう考えをしていると、異星人を【難民】として扱った『第9地区』という映画は、斬新な観点で異星人を捉えたにも関わらず、最後には図式化された型にハマってしまったという点で、とてつもなくいい位置につけた作品だったんだなという想いが強くなる。

じゃあレムの何が凄かったのか?というと、根本から違ってて、まずは「未知なるもの」を【海】というものにしてしまったことだ。【海】は地球にもあるので誰でも知ってますが、それが凄いんです。だって未知なるもの=海=既知なんだから。未知が既知になるのが常だけど、これは既知が未知になるんだから、登場人物も読者もはじめは必ず混乱してしまう。また、未知との遭遇というよりもむしろ「謎」との遭遇といったほうが適切で、これは本好き嫌いに関わらず、好奇心旺盛な人間の大好物なんだから、この作品のテーマは素晴らしく斬新なんだと思う。

そしてこの惑星ソラリスに存在する得体の知れない【海】ってのは一体なんなのか?と登場人物たちも詮索し研究するのだけど、実は本書の内容はそれに終始されれるだけなのだ。話の流れはこの【海】の解明と【海】と関連するであろうハリーとケルビンのラヴロマンスだけなのだ。もしかしたら退屈な人にはとてつもなく波がなく味気もない作品に映るかも知れない。なにせ、大まかな筋はこの2点だけな上に、哲学的で心理的という形而上なことばかりなんだから。だが本書はそれが長所であり全てで、作者の思想が破裂しそうなくらい詰まっている。これが書かれた時代背景というのも否めないが、米SFへの回答としての東欧SFとして捉えても読んでも面白い。ただ人類は「謎」という魅力から逃れられないことを考慮すると、本書は本当にいつまでも色褪せることはないと言える謎に満ちたSFなのは間違いない。

また、本書が一層読みたくなったのは森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』が本書にインスパイアされて書かれたということもある。ペンギン~にも形や規模は違えど得体の知れない【球体の海】が重要なガジェットととして使われていた上に、ソラリスでのハリーという既知=未知に対する、ペンギン~でのペンギンという既知=未知。そしてラヴロマンスに対するあおやま君のほのかな恋物語。登美彦氏が何度となくソラリスを繰り返し読んだという、その影響がどう『ペンギンハイウェイ』に反映されていたのか深く理解できた。換骨奪胎というと言い過ぎかも知れないが、少なくとも相当な面でインスパイアされたのは間違いない。そこかしこに『ソラリス』の意思が横溢してたのだから。登美彦氏に多大な影響を与えてくれたという点だけでも、登美彦氏マニアな僕にとっては感謝すべき作品なのであった。ホントなむなむ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/10/01 18:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 異星人は数多く描かれてきたが、もっともスケールが大きく、かつ不可解なのが、本作に登場する「海」だろう。欧米SFのヒューマニズムを嘲笑するかのような、圧倒的な存在感は、今なお新鮮である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/07 01:58

投稿元:ブクログ

スタニスワフ・レムといえば、自分は先に「虚数」を読んでいました。
何はともあれ「訳者あとがき」に原版のまえがきを持ってきたのは正解かなと思います。これを最初に読んでいるか後に読んでいるか、で印象は違うでしょう。
正直なところ、わけわかんねー作品という印象のまま読みきってしまいましたが、そのわけわかんねーという部分が肝なんです。多分。
屑物書き的な観点から見ると「虚数」でも「ソラリス」でも、こんなに設定膨らませて、うまくそれを発散できてるのはスゲーなーと思ったり。普通膨らませた設定は収束させようと努力するであろう所を「(一見)わけわかんないだろ? でも理論的だろ?」と発散させつつも納得させられてしまうのだ。

2005/05/27 00:26

投稿元:ブクログ

意思を持つ惑星「ソラリス」
科学が発展しても、宇宙というものの謎は、人間をあざ笑うようにゆらゆら揺れている。
死んだ妻のコピーが登場?
そんな現実、受け入れられますか?

2005/08/10 22:37

投稿元:ブクログ

最近ハリウッドでリメイクされ、新訳も出版されたが、そんなものは★ひとつです。やはり旧版をオススメします。
通称「ソラリス3部作」の表題作。

2012/02/07 22:59

投稿元:ブクログ

作者の言う“相互理解の成立は類似というものの存在を前提とする。しかし、その類似が存在しなかったらどうなるか?”という言葉に尽きる話。
異星人とのコンタクトを描いたSFはよくあるし、自分もそれなりに観たり読んだりしていると思うが、それは相互理解(対立する立場も含め)が成り立つ前提でのお話なんだなあと思った。そういう意味で、概念を覆された経験が出来た。
あとがきを含めての星4つ。またじっくり読み返したい一冊。

2008/01/27 18:44

投稿元:ブクログ

それまでとっつきづらかった海外SFを読むきっかけ。読みやすい。けど、悲しい。ソラリスの海は記憶を読み取って実体化させてしまうけど、それは記憶によって作られた実体であって本物とは違う。けど、その違いがどこにあるのだろう? その違いはどこで問題になるのだろう? 胸が締め付けられるような読後感があります。

2007/12/01 21:57

投稿元:ブクログ

思考する“海”との邂逅。コミュニケートを試みると裏切られ、かと思うと“海”からのレスポンスが不意に訪れる。“海”に対しては、それが姿を変えることによって現れた亡き妻の幻影としかコミュニケーションを果たすことができないのだろうか。だが、それは結局のところ、自己の表象を投影したに過ぎないのか。設定は確かにSFまるだし。だが、コミュニケーションを巡る不協和、謎としての“他者”はいたるところに溢れている。日常に。

2010/04/24 23:47

投稿元:ブクログ

和モノを中心に読んでいるわたしですが、一番好きな本を挙げろと言われたら間違いなくこれを挙げます。それまでの色んな概念が覆される。人間の発想は、おしなべて自分自身の置かれている社会から飛び出すことは出来ず、多くの場合、産まれてからこれまでに見聞きしたもの・取り入れた概念の中でしか、ものを考えることは出来ないんですね。
翻訳も非常に好きです。なんてったって邦題から素晴らしすぎるよ。

2015/05/13 13:28

投稿元:ブクログ

オールタイムベストSFとか本屋で見かけたので借りてみました。
確かに面白いというか興味深い。所謂テンプレの地球外知的生命体と人類の出会いとは全然違う作品。そしてこれが大分前に書かれた作品というのが面白い。

でもある意味人間は同じ脊椎動物とはなんとなく意志の疎通が出来ているような気がしていますがきちんと分かり合っているかと言われると難しい気もするし。昆虫とか植物も組織構造とかは研究されているけれども生物としてコミュニケーションが取れるかと言われると取れないし。そもそも知的だとか知的でないとかどこで線引きするんだろうとか考えだすとSFって奥が深いなあと思うのです。設定や想像力を働かせて世界を一つ作り上げるってのは大変な作業だろうなあと。読んでいるだけの自分はそれにケチを付けたりしながら読んでいるのだからいい気なものだなあとは思います。

2016/03/06 19:04

投稿元:ブクログ

うーん。なんというか。宇宙の果てに行った人の宇宙船の中の話。
なんとなく、最近、宇宙に行っても
そこには、閉鎖された空間しかなくって、数人しかいないことを考えるとあまり宇宙に行くことに夢を見ないのだが。
地球を外から見る ということに特化するとなれば、面白いのだろうか。
私は、宇宙に関するこの手の本を読むと、どこにいっても誰が誰を殺して、、、っておそらく地球上のどこでも起こっている話を読むと、なんだか覚めてしまう。
自分が、人間であることが変わらないと 改めてつきつめられているような気がするから

2008/03/19 20:07

投稿元:ブクログ

宇宙における未知なる物との遭遇は、想像すら出来ないことが起こり得る。あとがきのレムの言葉が私の宇宙に対する考えを変えました。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む