サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ウィチャリー家の女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ウィチャリー家の女(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ウィチャリー家の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ロス・マクドナルド (著),小笠原 豊樹 (訳)

ウィチャリー家の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

1,058(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

しんとした静寂が広がるラストにぞくぞくしました

2004/04/09 16:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(KAZE) - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品の持つ力、その呪縛のようなものに引きずられるようにして、
途中から話にすっかり没頭して頁をめくっていました。

ホーマー・ウィチャリーの依頼で、失踪した娘フィービ・
ウィチャリーの行方を追って、私立探偵リュウ・アーチャーが
聞き込み調査をしていく。様々な人物に会って話を聞いていく
アーチャー。しかし、消えたフィービの行方は、霧をつかむ
ようにようとして知れない。一体、フィービはどうなって
しまったのか。

終盤、霧が次第に晴れていくように、話の真相が
姿を現してきます。まるで悪夢を見ているような思いに
とらわれました。登場人物たちの人間像が焦点を失い、
歪み、ねじれてくるような、悪夢と言うしかないそんな感じ。
確かにあったはずの現実が揺らぎ、おぞましいものが
滑り込んでくるような味わい。

静謐で透明な中に、何かぞっとするほど不気味で
邪悪なものが潜んでいたような不安と緊張感が
高まっていって、頂点を極めた後……
何とも言えない余韻を残して、幕が閉じられる。

読後、尾を引く余韻。
暗く深い淵に立つような、
絶望的なまでの静けさに
戦慄させられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「ハードボイルド」の基準は?

2015/06/08 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウィチャリー家の行方不明の娘を探す依頼を受けた私立探偵リュウ・アーチャーだったが,当然のように殺人事件へと導かれていきます。

個人的感想
「さむけ」に続き、ロス・マクドナルド 2作目にチャレンジ。

探偵は,「さむけ」でお遣いRPGを演じたリュウ・アーチャー。
ただの御用聞きというキャラだったので,思い入れ無し。
今回は殴られたりして,少しはアクションがあったが・・・。
「ハードボイルド」ってジャンルは,何を基準にしているのだろう?

ミステリ的な部分では,「はい,ココ!!怪しいでしょ?」って,ロスさん,見せすぎです・・・。

悪くはないが,オチが効いている分「さむけ」のほうが面白かったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スタイルは抜群だが

2002/02/22 20:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『動く標的』の欠点であったプロットが深化されていて、サスペンスや謎の魅力も倍加されている。ストーリーの展開がスムーズで停滞がなく、描写もすっきりと的確で無駄がない。ハードボイルドにつきものの無意味な活劇や、主人公のスタンドプレイといったものが極力排除されていて、文学としての風格のようなものも感じられる。
 ただ、ストーリーそのものにリアリティが乏しく、せっかくの家族の崩壊という現代的なテーマが死んでしまっているように思う。だいたい海千山千の探偵が、○○○を○○○と勘違いする、なんてことはありえないだろう。スタイルが抜群なだけに不満も残る作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ウィチャリー家の女

2001/09/10 11:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロス・マクドナルドは、ハードボイルド作品における初期の大家であるレイモンド・チャンドラーの正統な後継者であると言われている。本書は、その評価をなんら貶める所はない。サッパリとしていてともすれば淡泊だと感じる文体は、鬱陶しい独白小説と化している幾らかの現代のハードボイルド作品のそれとは全く違い、作品全体にモノクロームの帳を下ろしている。
 しかしながら、マクドナルドは単にチャンドラーの縮小再生産には収まらず、マクドナルドらしさを本書で遺憾なく発揮している。人間関係を中心に描きながらも、ハードボイルドがそれだけではなく、ミステリの一ジャンルであることを思い出させるような謎があり、トリックがある。
 単なるミステリはもう飽きた、でも独白小説なんて読みたくない、そんな人にお勧めの一冊かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/16 13:39

投稿元:ブクログ

傑作.私立探偵アーチャーが,富豪からの依頼を受けて,その娘の失踪を探る.現在起こり続ける犯罪と過去に起こったできごとが複雑に絡みながら話は進んでいく.よく計算された結末であり,少しの光も見える.

2011/10/05 10:13

投稿元:ブクログ

リュウ・アーチャー・シリーズ

自分が2カ月間の旅行中に消えた娘・フィービを探すように依頼してきたホーマー・ウィチャリー。旅行に行く直前船に乗り込んできた元妻キャサリンとの争い。キャサリンの家の不動産業者ベン・メリマンの遺体発見。キャサリンの行方。ウィチャリー家の中の問題。メリマンの義弟スタンリー・クラインの死。秘密を握る人々の死。フィービの恋人ボビー・ドンカスターの抱える秘密。岬で発見された車。毛布に包まれた裸の女性の遺体。ホーマーの義弟トレヴァはフィービの遺体と証言するが・・・。

 2011年10月2日読了

2011/07/16 15:18

投稿元:ブクログ

『さむけ』以来、久々にロス・マクドナルドを読みました。

相変わらず、人物描写がすばらしいです。
今回のモチーフは歪んでいるけど一途な愛、狂気と錯乱、自責の念、そしてすり替わりといったところでしょうか。

幼いころから数多くの推理小説を読んできましたが、最後の最後の展開は初めてです。
ちょっと後味が悪い気もしますが、これもありかな、という気もします(具体的に何が起こったのか書いていないので、さっぱりわからないですよね(笑))

いちおう、お勧め☆×5ということにしておきます!

2011/02/05 19:42

投稿元:ブクログ

恥ずかしながら、初めてのロスマク。“アメリカの悲劇”を描いたという先入観があったせいだろう。ミステリ的仕掛けの多さに驚いた。ハードボイルドに何を求めるかによって、評価が大きく分かれる作品では。予断だが、本作を読んでいてコリン・デクスターの某作を何度も思い出した。

2011/02/21 21:59

投稿元:ブクログ

死んだと思われていた人が実は生きているというプロットはよくあるのでそれは予想がつくけれども、かなり緻密で複層的な、ちょっと無理があるんじゃないかと思われるようなプロットの複雑さはすごい。もちろん僕なんかは一読しただけでは最初の方の伏線を回収しきれない。
無理がある、と書いたのは、数人の人物の思惑によってはからずも一人の登場人物が大きな悲劇に見舞われる、という点で。
リュウ・アーチャーの乾いたユーモアと、彼の態度も、ハメットやチャンドラーのハードボイルド探偵小説とはまた少し違った意味で、良かった。

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む