サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女王陛下のユリシーズ号(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1972.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/549p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-040007-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 アリステア・マクリーン (著),村上 博基 (訳)

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV)

1,015(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

怒濤の迫力!

2004/04/15 07:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(KAZE) - この投稿者のレビュー一覧を見る

マクリーンでは、何たって『女王陛下のユリシーズ号』!
読んだ時の圧倒的な感動は強烈でした。

怒濤のように心に迫り、ぐいぐいと引きつけて離さない。
どころか、読み進むにつれていよいよ引きずり込まれていく
男たちのドラマ。
しびれました。
心が震えるようなああいう感動は、
そうそう味わえるものではありません。

海洋冒険小説では、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』も好き。
しかし、マクリーンのこの『女王陛下のユリシーズ号』は
それ以上に好きです。

崇高で、しみじみと胸を打つ男たちの心意気。
私が音楽を響かせるとしたら……と考えて浮かんだのは、
ヴェルディの「レクイエム」。
力強く、荒々しく、輝かしいその調べもて、
「ユリシーズ号」の乗組員たちの不屈の魂を
慰めんことを。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男なら、読め

2004/02/23 00:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:8823 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ナヴァロンの要塞」など、超大作戦争アクション映画の原作者として有名なアリステア・マクリーンが初めて書いたベストセラー小説。
 時代は1943年ごろの北大西洋。ヒトラーの攻撃を受けて苦戦するソ連への援助物資を、イギリスからアイスランドを経由する嵐と極寒の海原を抜けて運ぶ、連合軍の「援ソ輸送船団」が物語の舞台だ。もちろん敵は気象条件だけではない。海面下にはドイツのUボートが船団を待ち構え、さらには敵の爆撃機や巡洋艦も牙をむいて襲い掛かる。男たちの必死の戦いにもかかわらず、次々と沈んでいく輸送船や護衛艦。そして敵巨大戦艦ティルピッツまで出撃してくるとの情報に、事態は最悪のものに…。
 この作品は単なる戦記小説とは異なる。北極圏の嵐が増幅する過酷で激烈な戦闘シーンは確かに圧巻で、凶暴とも言える迫力で読み手の心臓をつかんで引きずり回す。だが戦いの経緯とか最終的な勝敗の帰結は作品の核心ではない。物語に登場する乗組員の男たちの互いへの信頼、献身、そして自己犠牲といった精神の崇高さを、彼ら一人一人への心からの共感を込めて描き切っていることこそが、本作品を際立ったものに仕上げている。
「病を押して出撃し乗組員に感謝しながら死んでいく艦長」や、「炎上して船団を危険にさらす父親の船を、自ら魚雷を放って処分する水兵」「船を救うためハッチを外から閉めて水の中に沈んでいく機関員」。物語の男たちは皆、絶望的な運命の中で優しく美しい。
 戦争という異常な状況下でまさに人間の真価が問われるとしたら、ユリシーズの乗組員たちに私はその至高のものを見たような気がするのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冒険小説の源流

2001/09/17 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 冒険小説なる単語が宣伝に使われたのは、本作がはじめてらしい。実際、ひとつのジャンルの流れを作るだけのパワーにあふれている作品だ。シンプルなストーリーラインの中で、魅力的なキャラクターと迫力ある自然描写が、たっぷりと楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/07 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/27 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/16 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/27 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/29 03:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/02 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る