サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 伝記ヘレン・ケラー 村岡花子が伝えるその姿

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

伝記ヘレン・ケラー 村岡花子が伝えるその姿(偕成社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/08/20
  • 出版社: 偕成社
  • レーベル: 偕成社文庫
  • サイズ:19cm/278p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-652790-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

伝記ヘレン・ケラー 村岡花子が伝えるその姿 (偕成社文庫)

著者 村岡 花子 (著)

目が見えず、耳もきこえず、口もきけない不自由なからだをもってヘレン・ケラー。サリバン先生をはじめ、さまざまな人の力を得て、文字をおぼえ、本を読み、文章を書き、成長していき...

もっと見る

伝記ヘレン・ケラー 村岡花子が伝えるその姿 (偕成社文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目が見えず、耳もきこえず、口もきけない不自由なからだをもってヘレン・ケラー。サリバン先生をはじめ、さまざまな人の力を得て、文字をおぼえ、本を読み、文章を書き、成長していきます。著者自身がヘレン・ケラーと直にふれあい、感動した体験からつづった、一九六〇年初版の作品を文庫でおおくりします。小学上級以上向き。【「BOOK」データベースの商品解説】

翻訳家、童話作家である村岡花子が、来日したヘレン・ケラーと直に触れあい、感動した体験からつづったヘレン・ケラーの伝記。「三重苦の聖女」とよばれるヘレン・ケラーの87年の生涯を描く。〔「ヘレン・ケラー」改訂版(1988年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者自身がヘレン・ケラー来日時に直に触れあい、感動した経験からつづった伝記。生い立ちから描く1960年初版作品の文庫化。【商品解説】

目次

  • 幼いころ
    • 幸福な赤ちゃん
    • あわれ、ヘレンよ
    • 小さな生命
    • 孤児サリバン
    • パーキンス学院
    • 先生をむかえる
    • その日その時
  • サリバン先生とともに
    • 人形と帽子

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/26 22:09

投稿元:ブクログ

村岡花子って、ヘレン・ケラー来日時に通訳を務めたんですって!

偕成社のPR
http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=6610&category_id=3&keyword=%E5%81%95%E6%88%90%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB+%E4%BC%9D%E8%A8%98+%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%BC

2015/01/15 16:44

投稿元:ブクログ

耳が聞こえないのにしゃべれるようになったことがすごいと思った。耳が聞こえなくて、目が見えないってどんなに怖いだろうと思ったけど、想像しきれなかった。