サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女王
女王 女王
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/534p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-209564-8
  • 国内送料無料

紙の本

女王

著者 連城 三紀彦 (著)

戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、空襲の最中にこの男と出会っていたことを。一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となっ...

もっと見る

女王

2,484(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、空襲の最中にこの男と出会っていたことを。一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となって発見された。邪馬台国研究に生涯を捧げた古代史研究家の祖父は、なぜ吉野へ向かい、若狭で死んだのか?瓜木は史郎と彼の妻・加奈子とともに奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅へ。だが彼らに立ちはだかったのは、魏志倭人伝に極められた邪馬台国の謎であった。衝撃の展開、男女の情愛…連城ミステリーのすべてが織り込まれた傑作!【「BOOK」データベースの商品解説】

東京大空襲、関東大震災、南北朝、そして邪馬台国。ある男の奇妙な記憶と女の告白、ひとりの老人の不審な死が壮大な歴史の謎へと導く。連城ミステリーのすべてが織り込まれた傑作。『小説現代』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

東京大空襲、関東大震災、南北朝時代、そして邪馬台国……
ある男の奇妙な記憶と、女の告白、ひとりの老人の不審死が
壮大な歴史の謎へと導く。

「序章を拝読したときに、どこへ連れて行かれるのだろうと驚いた」(田中芳樹)

戦後生まれの荻葉史郎の中にある東京大空襲の記憶。だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、空襲の最中にこの男と出会っていたことを。一方、史郎の祖父・祇介は旅先で遺体となって発見された。邪馬台国研究に生涯を捧げた古代史研究家の祖父は、なぜ吉野へ向かい、若狭で死んだのか? 瓜木は史郎と彼の妻・加奈子ととともに奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅へ。だが彼らに立ちはだかったのは、魏志倭人伝に秘められた邪馬台国の謎であった。

衝撃の展開、男女の情愛……
連城ミステリのすべてが織り込まれた傑作!【商品解説】

目次

  • 序章  5
  • 一章  66
  • 二章  290
  • 三章  411
  • 終章  518
  • 解説 香山二三郎  526
  • 特別収録<最後のインタビュー>
  • 「男と女の物語」に魅せられた作家生活-わが人生最高の10冊- 連城三紀彦(構成・朝山実)  529

著者紹介

連城 三紀彦

略歴
〈連城三紀彦〉1948〜2013年。愛知県生まれ。「宵待草夜情」で吉川英治文学新人賞、「恋文」で直木賞、「隠れ菊」で柴田錬三郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.3

評価内訳

2014/11/30 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/13 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/17 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/21 07:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/10 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 03:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/03 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/08 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/12 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/19 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む