サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側(講談社+α新書)
テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側(講談社+α新書) テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側(講談社+α新書) テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-272865-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側 (講談社+α新書)

著者 椎野 礼仁 (著)

「北朝鮮の発展段階」が生む大誤解、アメ横のような自由市場の意味、日本人拉致の全舞台裏…。2012年7月以降、5回北朝鮮に足を踏み入れ、よど号ハイジャック犯と過ごした著者が...

もっと見る

テレビに映る北朝鮮の98%は噓である よど号ハイジャック犯と見た真実の裏側 (講談社+α新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「北朝鮮の発展段階」が生む大誤解、アメ横のような自由市場の意味、日本人拉致の全舞台裏…。2012年7月以降、5回北朝鮮に足を踏み入れ、よど号ハイジャック犯と過ごした著者が、見聞きしたこと、実体験したことを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

 よど号ハイジャック犯とともに5回行った平壌取材――そこでわかった北朝鮮の真実の裏側! 小西隆裕、魚本公博、若林盛亮、赤城志郎は何を語ったのか!?_
 煌びやかに変貌したかに見える平壌には多くの「嘘」が隠されていた――街中に氾濫する携帯電話やタクシー、豪華レストランやカラオケ、そして高級ファッションビルやマンション……これらが成立するには、テレビでは絶対に見られない残酷なカラクリがあった。
 よど号ハイジャック犯のアパートに飾られいたサッカー日本代表のユニフォームなど、驚異の写真の数々とともに、世界一の独裁国家の仮面を暴く!【商品解説】

目次

  • 第1章 よど号ハイジャック犯が住むアパート
  • 第2章 平壌の「絶叫マシン」の真実
  • 第3章 公認された闇市場
  • 第4章 よど号ハイジャック犯が語る北朝鮮
  • 第5章 拉致された人々はどこに

著者紹介

椎野 礼仁

略歴
〈椎野礼仁〉1949年新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部中退。広告代理店、編集プロダクションなどを経て、椎野企画を設立。共著に「パンタとレイニンの反戦放浪記」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/15 17:43

投稿元:ブクログ

よど号グループについて知りたくて読書。

情報が新しく平壌が大きく変わる2013年の前年から話が始まる。

現地案内人や北朝鮮人とのやり取りが面白く指導者3人のうち…の下りが興味深い(よく聞いたなと思う)。

平壌にある日本人村へ潜入して日本へ伝えたのは著者が初。見取り図や建物、部屋の写真からどんな生活をが伝わってくる。

よど号ハイジャック事件にについての知識が乏しいので、本書を読ませてもらったが、想像以上に事件の背景や、グループメンバーについて知ることができた。

日本人拉致との関わり、疑惑についても触れられているが、真実が明らかになる日は訪れるのであろうか。

P73のショップの売り子が可愛い。

読書時間:約2時間15分

本書はいただいております。有り難うございます。

2015/06/10 21:45

投稿元:ブクログ

【2015年19冊目】
なるほど!朝鮮は今は一般に思われてるほど逼迫してるわけじゃないんだな!

…よど号事件に興味が出て来ました(^^)
また、別の本で調べてみようかな!?

2014/10/08 17:16

投稿元:ブクログ

貧困、飢餓、強制収容所…そんなステレオタイプの認識が若干動きさうな、昨今の北朝鮮に関するレポート。
よど号ハイジャック犯のヨーロッパでの拉致疑惑にも触れてゐる。

2015/03/15 01:20

投稿元:ブクログ

日頃、目にする報道とは違った切り口なのはよい。
奥歯に物が挟まったような書き方が気にかかるが、著者からすれば「あちら」との今後のこともあるのだろうし、それは受け手が補完しながら読めばよろしいかと。

2015/05/25 19:23

投稿元:ブクログ

よど号ハイジャック犯とともに5回行った平壌取材――そこでわかった北朝鮮の真実の裏側! 煌びやかに変貌したかに見える平壌には多くの「嘘」が隠されていた――街中に氾濫する携帯電話やタクシー、豪華レストランやカラオケ、そして高級ファッションビルやマンション……これらが成立するには、テレビでは絶対に見られない残酷なカラクリがあった。驚異の写真の数々とともに、世界一の独裁国家の仮面を暴く!

2016/10/06 19:21

投稿元:ブクログ

http://shioji.shimonoseki-cu.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=F08UNI&RTN=ENT%5EPAC510

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む