サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 雪には雪のなりたい白さがある

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

雪には雪のなりたい白さがある
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/28
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02737-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

雪には雪のなりたい白さがある

著者 瀬那 和章 (著)

港の見える丘公園・あけぼの子どもの森公園・石神井公園・航空記念公園、そこでしか起こりえない、四つのちいさな奇跡。公園には、あちこちにたくさんの人たちの思い出が隠れている。...

もっと見る

雪には雪のなりたい白さがある

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

雪には雪のなりたい白さがある

1,200(税込)

雪には雪のなりたい白さがある

ポイント :11pt / 紙の本より204おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

港の見える丘公園・あけぼの子どもの森公園・石神井公園・航空記念公園、そこでしか起こりえない、四つのちいさな奇跡。公園には、あちこちにたくさんの人たちの思い出が隠れている。【「BOOK」データベースの商品解説】

公園の中で空を見上げれば、あの日々を思い出す−。中3のクリスマス、瑞希は外国に引っ越す恋人に別れを告げられた。けれど、2人は航空記念公園でひとつの約束をする。あれから10年…。表題作ほか全4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

港の見える丘公園、あけぼの子どもの森公園、石神井公園、航空記念公園。性別も世代も超えて、公園でしか出会えない人、公園でしか起きない奇跡を描く、あたたかで切ない、4つの物語。【商品解説】

収録作品一覧

雨上がりに傘を差すように 5−70
体温計は噓をつかない 71−128
メタセコイアを探してください 129−197

著者紹介

瀬那 和章

略歴
〈瀬那和章〉兵庫県生まれ。2007年第14回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、「under」でデビュー。他の著書に「レンタル・フルムーン」「好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/20 21:01

投稿元:ブクログ

内容よりタイトルがよすぎて、読んでイマイチ感が否めない。ラノベをちょっと一般の文芸よりにした感じで、読み心地いいけどちょっと理屈っぽくて、なんだかなーな最終感想。

2015/01/10 19:51

投稿元:ブクログ

 公園にまつわる短編集。

 読みやすくていいなと思ったらラノベ出身の作家さんのようです。行ったことのある公園はありませんでしたが、公園にまつわるそれぞれの物語は切なくもありハッとさせられます。

2016/11/08 00:24

投稿元:ブクログ

港の見える丘公園、あけぼの子どもの森公園、石神井公園、航空記念公園。
性別も世代も超えて、公園でしか出会えない人、公園でしか起きない奇跡を描くあたたかで切ない、4つの物語。

2015/08/10 03:12

投稿元:ブクログ

実在の公園を舞台にした短編集。

・第一話 雨上がりに傘を差すように
お話しの中に出てくる年配の方の描写を、いいなぁー上手いなぁーと思うかどうかは分かれるところ。
その年配のキャラがいかに納得できるような台詞を言わせられるか。もしくは一筋通った人生観を持っているように見せられるかに掛かっていると私は思います。
この話に出てくる源次郎さんは、不器用ながらもハッとさせられるセリフを主人公に投げかけます。
中でも印象に残ったのは
p35
「若者と年寄りで、一つだけ差があるのは、どれだけたくさんの後悔をしているか、それだけだよ」
という台詞。
自分の言葉で、ものごとをはっきり定義できるキャラクターは年を問わず魅力的ですが、年配のキャラならさらに魅力が出ます。


・第四話 雪には雪のなりたい白さがある
表題作。
私はこの年にして昔ながらの夢をかなえようと思って再スタート切ったところなんですけど、それは滑稽な行為なんじゃないかと迷うところもありました。
そんな私にとってラスト5行が刺さりました。

p246
ただ流されるように降るのと、意志を持って降るのは、周りからは同じに見えても、やっぱり違うんだ。誰かに見つけてもらうためじゃない、私は私のために降らなければいけない。(略)

最近「大人になるための、青春との決別」が私の個人的な思考テーマなんですけど、
主人公はこの公園で、まさに青春との決別をしています。そして夢を諦めずに負うという新たな決意をして一つ大人になって行きます。
少し抽象的な表現ですが、雪の公園の描写とはよくなじみ、タイトルともどもいいなーと思いました。

2016/05/21 16:15

投稿元:ブクログ

作られた話という印象が強い小説然とした作品。人によってそれをどう捉えるかは逆に向きそうだけど、私は好意的に読んだ。作り物めいていても、心に触れる部分がそれぞれの話にあったから。著者の他の作品も読んでみようと思う。

2015/01/24 20:51

投稿元:ブクログ

本屋で表紙に一目ぼれし、図書館で借りた。

短編集4話、どのお話もほんわかしていて
公園に行きたくなった。

2015/01/08 20:52

投稿元:ブクログ

たとえ誰もが通うようなありきたりな公園でも、人によってはそこに独自の想いやドラマがあるのかもしれない。当たり前な風景も、いつかは遠い思い出になるかもしれない。今までは気づけなかったことも、小さなきっかけで気づけるかもしれない。ひとつひとつの表現が綺麗かつわかりやすく、読みやすかった。でもそのわかりやすさが物語の重みを軽くさせていたのかもしれない。

2014/11/13 15:41

投稿元:ブクログ

公園は、ひっそりとたくさんの人たちの物語を記録している。

中学三年生のクリスマス。瑞希は外国に引っ越す恋人に別れを告げられた。けれど、二人は航空記念公園にある「天馬」の前で一つの約束をする。あれから10年、届いた同窓会の招待状に、瑞希は彼との再会を期待せずにはいられなかった。そして、彼があの日の約束を覚えていることを。(「雪には雪のなりたい白さがある」)

春の嵐、夏の日差し、秋の落ち葉を踏む音、冬の寒さ。公園の中で空を見上げれば、あの日々を思い出す──。

公園を舞台に紡がれる四つの物語。