サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遙かなる城沼

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-386390-2
  • 国内送料無料

紙の本

遙かなる城沼

著者 安住 洋子 (著)

特別な才覚がないことに悩みつつも誠実に生きる惣一郎。ひとりの男の成長を人情味あふれる筆致で描きながら、愛情や友情の大切さを謳い上げる感動の長編時代小説。【「BOOK」デー...

もっと見る

遙かなる城沼

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

特別な才覚がないことに悩みつつも誠実に生きる惣一郎。ひとりの男の成長を人情味あふれる筆致で描きながら、愛情や友情の大切さを謳い上げる感動の長編時代小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

特別な才覚がないことに悩みつつも誠実に生きる惣一郎。友の離反、父の病など、周りではさまざまな出来事が起こり…。ひとりの男の成長を人情味あふれる筆致で描きながら、愛情や友情の大切さを謳い上げる長編時代小説。【「TRC MARC」の商品解説】

人の絆の大切さを描いた書き下ろし時代小説

館林藩の武士である村瀬家の長男惣一郎は、弟や妹、友人と塾や道場通いを続けていたが、藩校に行くことになった弟に幼馴染みの寿太郎が乱暴し、惣一郎から離れていった。父源吾は、罪人を逃がしたことで家禄を減らされていたが、何か事情がありそうだった。そのうち成長した惣一郎は、病に倒れた父に代わって藩の仕事を行うようになる。
そんなある日、筆頭家老の岸田が殺された。表向きは、病死とされた。それは藩を二分しての内紛が背景にあり、源吾は牢破りの件もその派閥争いと関わりがあると、真相を語ったのだった。
やがて、浜田藩への国替えが決まる。嫁を迎え子どもの生まれた惣一郎は、家族とともに、主君の松平斉厚に従った。そこに故郷に帰りたいと、寿太郎からの手紙が届く――。
家族や友情の絆の大切さを歌い上げた、著者久々の書き下ろし時代小説。
【商品解説】

著者紹介

安住 洋子

略歴
〈安住洋子〉1958年兵庫県生まれ。「しずり雪」で第3回長塚節文学賞短編小説部門大賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

世界がこうであれば

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

親子の関係、兄弟の関係、友達との関係、師弟の関係。あらゆる人と人との絆を、暗い部分をしっかり描くことで、こうありたい、と変化していく様とその最終の形がとても美しく、小説全体が温かい光に包まれているような感じがする1冊。世界中の人々とこのような関係が築ければ、もっと良い世の中になるのに、と切実に思い、身近なところからでも始めなければ、と背筋を正される気がしました。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/10 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/13 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/07 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/24 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/20 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/28 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る