サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録
トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録 トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/29
  • 出版社: 白桃書房
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-561-52089-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録

著者 安達 瑛二 (著)

トヨタ製品開発の要であった主査制度とはどのような制度だったのか。その制度によりどのようにしてクルマが造られていたのか。トヨタの一時代を築いた名車「マークⅡ」の開発物語をと...

もっと見る

トヨタの製品開発 ドキュメント トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録

2,000(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トヨタ製品開発の要であった主査制度とはどのような制度だったのか。その制度によりどのようにしてクルマが造られていたのか。トヨタの一時代を築いた名車「マークⅡ」の開発物語をとおして、トヨタものづくりの原点に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

トヨタ流ブランドマネジャー制度に着目!
石油危機の下で小型上級車シェア50%獲得という無謀にも見える目標に挑んだ技術者たちのドキュメンタリー

トヨタの主査制度は、企画・開発・生産・販売の機能の全般を主導し、その結果についてのすべての責任を負う一方、各部署に指示をすることはできないという、ある意味で中途半端な地位ながら、「商品を見れば主査の人柄がわかる」と言われるほど重要なポジションである。
学究に入る前、主査制度の下での実務を担った著者が、トヨタが今の地位を固めるために重要だった小型上級車市場における新製品開発の過程を当事者ならではの生々しさで描き、日本のものづくりの舞台裏を語る。【商品解説】

著者紹介

安達 瑛二

略歴
豊田工業大学名誉教授、工学博士。

1937年山形県生まれ。1960年東京大学工学部航空学科卒業。1971年工学博士(東京大学)。

1960~1984年トヨタ自動車株式会社に勤務、ボデー設計課、振動実験課を経て、製品企画室主担当員(マークII・チェイサー・クレスタ)、製品企画室主査(コロナ)。

1984~2004年豊田工業大学教授(設計工学)。2004年~ 豊田工業大学名誉教授、2007年~ 日本設計工学会名誉会員

著書「製品開発の心と技」(コロナ社、2012)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/22 23:30

投稿元:ブクログ

本書は三代目マークⅡとチェイサー、そしてクレスタ開発の話で、技術的な内容も多いが、物語風に書かれていて読みやすい。
トヨタの開発手法はどちらかというと地味なのだという印象だが、今日の地位を支える製品開発の神髄は「トヨタらしくない製品をつくろう」という開発者の心意気だったのがうかがい知れる。思えば、確かにあのマークⅡからトヨタ車のイメージが大きく変わったように思える。それまでの、とっぽいマークⅡが、欧州風の高級車に変わったのだ。製品開発コンセプトは、いかに自社らしさを出すか、ということに主眼が置かれがちだが、このようなフロンティア精神こそ必要なのではないかと思う。