サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争(集英社新書)
誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争(集英社新書) 誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720756-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争 (集英社新書)

著者 福井 健策 (著)

グーグルなど米国発の企業が世界中の情報インフラを掌握しつつある近年、アーカイブのデジタル化に伴い、「情報資産」をめぐる覇権争いが激化している。その最新事情と日本独自の「知...

もっと見る

誰が「知」を独占するのか デジタルアーカイブ戦争 (集英社新書)

821(税込)

誰が「知」を独占するのか ――デジタルアーカイブ戦争

648(税込)

誰が「知」を独占するのか ――デジタルアーカイブ戦争

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グーグルなど米国発の企業が世界中の情報インフラを掌握しつつある近年、アーカイブのデジタル化に伴い、「情報資産」をめぐる覇権争いが激化している。その最新事情と日本独自の「知のインフラ」構築の必要性を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

情報のデジタル化に伴い、グーグルやアマゾンなど米国発の企業に世界の情報インフラは掌握されつつある。世界中を巻き込んだ「知の覇権戦争」の最新事情と、日本独自のアーカイブ整備の必要性を説く。


【商品解説】

著者紹介

福井 健策

略歴
〈福井健策〉米国コロンビア大学法学修士課程修了(セゾン文化財団スカラシップ)。弁護士・ニューヨーク州弁護士。骨董通り法律事務所代表パートナー、日本大学藝術学部客員教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/02 13:06

投稿元:ブクログ

日本の遅れが気になった。長尾真の登場で図書館界は進化したが、公文書館等の、公文書館法は秘密保護法との兼ね合いでどうなっているのか。外交での幼さの露呈は、先人の知恵の軽視から来るのではないか。

2014/10/28 16:51

投稿元:ブクログ

購入。

世界のデジタルアーカイブの現状について解説し、日本の取るべき政策を提案している。

Googleが本をデジタル化しているが、私企業の1つが文化的な事業を独占した状況というのは正しいのか? とフランスは考えているらしい。そのような背景をもとに現在はユーロピアーナで著作権の切れた様々な芸術作品や文学作品が読めるようになっている。

日本では国立国会図書館や国立公文書館の動きが紹介されていた。
予算についてはデジタルアーカイブに使われている金額は外環道25cm分だけだそうで、この例えで少なさがよく伝わってきた。

孤児作品の処理の仕方に結構なページを割いてあり、著作権処理の大変さが何となくでも感じられる。
文化を残すことと、金銭で作品に報いることのバランスはとても難しい問題だと改めて認識した。

2014/09/27 12:45

投稿元:ブクログ

日本にもLINE,楽天、ニコ動画などあるがほとんどのサービスはアメリカのPFによって握られている。

効率化の第一歩は権利情報のデータベース化や集中管理の促進。つまり莫大なコンテンツについて権利者の情報が集約されてデーtベース化され検索すれば権利者に行き当たることができ、あまつさえ権利も統一的に管理されていて、一定の条件で自動的に許可が取れるようになれば、大量デジタル化は容易になる。

2014/10/26 12:07

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
「アーカイブ」とは、従来図書館や博物館が担ってきた、過去の文書や映像・音楽などを収集・公開する仕組み。
いわば「知のインフラ」であり、その有効活用によって社会が得られる利益は計り知れない。
しかし近年、アーカイブのデジタル化に伴い、これら「情報資産」を巡る国境を越えた覇権争いが激化している。
グーグルやアマゾンなどアメリカ発の企業が世界中の情報インフラを掌握しつつある一方で、お粗末極まりないのが日本の現状。
本書では世界を巻き込んだ「知の覇権戦争」の最新事情を紹介し、日本独自の情報インフラ整備の必要性を説く。

[ 目次 ]
第1章 アーカイブでしのぎを削る欧米
第2章 日本の大規模デジタル化プロジェクトたち
第3章 知のインフラ整備で何が変わるのか
第4章 「ヒト・カネ・著作権」
第5章 最大の障害「孤児作品」
第6章 アーカイブ政策と日本を、どう変えて行くか

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2014/11/15 08:00

投稿元:ブクログ

問題意識と具体的提言に筋が通っていて共感出来る。
ただ、著作権等も含めて収蔵が難しい過去のデータは、費用対効果が薄いので割り切りも必要では?
予算を集中するとしたら、今後の著作物に対するアーカイブ化費用の最小化と権利関係の法整備に注力すべきかと。

2014/11/17 09:54

投稿元:ブクログ

日本もディジタルアーカイブにもっと金かけないといけない。残念なことに今のままでは欧米にかなり遅れてしまう。法律整備も重要。
書評で知って図書館から借りた。

2015/03/11 14:33

投稿元:ブクログ

ちょっと作者の思い込みと言うか、押し付け感のようなものがあるが、他であまり知る機会のない、権利処理の実際を知ることができたので、プラマイゼロで。

2016/06/25 07:50

投稿元:ブクログ

デジタルアーカイブをめぐる世界の情勢と、日本がとるべき具体的提言が説明されている。デジタルアーカイブ・アーカイブを学ぶ上でまず読みたい1冊。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む