サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

警察回りの夏

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/436p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-775420-9
  • 国内送料無料

紙の本

警察回りの夏

著者 堂場 瞬一 (著)

2児殺害事件発生!犯人は、消息不明の母親か?若手記者・南が新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する!現代社会を浮き彫りにする、渾身の書き下ろし事件小説。【「BOOK」デー...

もっと見る

警察回りの夏

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

警察回りの夏(メディア三部作)

1,555(税込)

警察回りの夏(メディア三部作)

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2児殺害事件発生!犯人は、消息不明の母親か?若手記者・南が新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する!現代社会を浮き彫りにする、渾身の書き下ろし事件小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

2児殺害事件発生! 犯人は、消息不明の母親か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が、新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する。現代社会を浮き彫りにする、渾身の事件小説。【「TRC MARC」の商品解説】

幼児殺害事件発生! 犯人は母親か、第三者か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が新聞記者の矜持を懸けて奔走する。現代社会を照射する渾身の書きおろし長編。


【商品解説】

著者紹介

堂場 瞬一

略歴
〈堂場瞬一〉1963年生まれ。新聞社勤務の傍ら小説を執筆し、2000年「8年」で小説すばる新人賞を受賞。ほかの著書に「検証捜査」「グレイ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

記者が読むと一層

2015/10/31 01:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼児殺人というモチーフは、あまりに残虐だが、堂場氏らしくキレのある文体で最後まで読ませる。新聞記者と警察、さらには政治家まで絡んできて、記者け権者にはとりわけ興味深い展開である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/09 18:43

投稿元:ブクログ

+++
甲府市内で幼い姉妹二人の殺害事件が発生。盗みの形跡はなく、母親は消息不明。
マスコミは「虐待の末の殺人では」と報道を過熱させていく。日本新報甲府支局のサツ回り担当の南は、
この事件を本社栄転のチャンスにしようと取材を続けていた。
だが、殺害された姉妹の祖父が度重なるマスコミの取材攻勢によって追いつめられていく。
世間のムードは母親叩きからマスコミ叩きへと一変。粘り強く取材を続けていた南は、警察内部からの
リークで犯人につながる重要な情報を掴む。だがそこには、大きな罠が待ち受けていた――。
やがて日本新報本社では、甲府2女児殺害事件の報道に関する調査委員会が立ち上げられる。
元新聞記者でメディア論研究者の高石が調査委員会委員長に抜擢。事件報道の背景を徹底調査しはじめるが……。
果たして真相はどこにあるのか? 報道の使命とは何か? 現代社会に大きな問いを投げかける、渾身の書き下ろし事件小説。
+++

世間の興味を煽る要素のある殺人事件を、警察ではなく新聞社にスポットを当てて描かれた物語である。読み進むと、事件そのものが本筋ではなく、とんでもないはかりごとが背後に隠れているのが見えてくる。読めば読むほど新たな興味が掻き立てられ、真相を知りたい欲求がいやでも高まる。それを高石をはじめとする調査委員会の面々が代わりにやってくれるという感じである。事件の真犯人が判っても、裏で進んでいたはかりごとがすっきりしたわけではないが、一応カタルシスは得られる。警察と報道の関係、ネットの風評など、いろいろ考えさせられる一冊でもある。

2014/11/25 22:41

投稿元:ブクログ

新聞記者の活躍を描いたミステリ。幼児殺害事件というセンセーショナルな事件によって引き起こされるメディアスクラム。加熱する報道合戦の中で勇み足の誤報が起こる。そしてその誤報がなぜ起こったか、という調査が始まり、それにともなって事件も動き出す。
もちろん幼児殺害の真相も謎として充分に引っ張られる要素ではあるけれど。メインは誤報にまつわるさまざまな思惑だなあ。メディアスクラムの弊害はたしかに怖いし、昨今のネットの怖さにもなるほど、と思います。だからこそ正しい報道というのは非常に重要なのだけれど。難しいなあ。

2016/10/01 22:09

投稿元:ブクログ

2児殺害事件発生! 犯人は、消息不明の母親か? 警察、マスコミ、ネット…錯綜する情報、遠ざかる真相。若手記者・南が、新聞記者の矜持と己の野心を懸けて奔走する。現代社会を浮き彫りにする、渾身の事件小説。

堂場瞬一の作品らしく読みやすいけれど、主人公に全く魅力がなく共感できないのには閉口した。無駄と思える描写も多く、そういうところは飛ばし読みした。事件の真相もやや拍子抜けだった。
(C)

2015/02/21 23:34

投稿元:ブクログ

表現の自由を侵害することは許されないのかもしれない。
でも、規制される原因を作っているのはマスコミ自身にもあるということに気付いていないという点が痛い。
自浄することができないから自身の価値が下がってるんだよ...

2015/01/13 14:14

投稿元:ブクログ

新聞記者とか元新聞記者が活躍する物語には違和感がある。新聞自体に怪しさを感じていること,正義面しすぎると思っていること,偏向した新聞がままあることが要因ではある。
という点を差し引いても読ませる小説ではある。
主人公(達)に共感できないので,星は少ない。

2014/12/14 09:42

投稿元:ブクログ

時々外れのある堂場さんだが、これは面白かった。でも南君にはちと苛付く。マスコミは謙虚にしてもらいたいなあ~

2015/06/15 09:37

投稿元:ブクログ

#読了。幼い姉妹の遺体が発見されるも、母親は消息不明。虐待による殺人ではないかと、マスコミはこぞって母親を捜す。新聞記者の南は警察からのリークを受け、スクープを狙うも誤報。その裏に隠された真実とは。。。新聞社でのやり取りや、記者の描写はさすが。

2015/01/28 22:35

投稿元:ブクログ

2015.1.28
2児殺害事件の犯人を巡って、過熱するマスコミ報道。サツまわりの南。メディアスクラム。

2014/12/21 17:53

投稿元:ブクログ

事件モノではあるが、事件解決に至るプロセスよりも
それを報じるマスコミの抱える闇に重点が置かれている印象。

正直なところ、誤報を書くよう仕向けられてから訂正記事が出るまでのくだりは
『虚報』とか『クライマーズ・ハイ』とか重たいマスコミものが頭に浮かんでしまうが故
読むのが辛くて若干飛ばし気味だった。
そこを乗り越えて読み進むと
調査委員会が組織された辺りから俄然面白くなってきて
気付けばそのあとはほぼ一気読み。
高石さんをはじめとした調査委員会のメンバーのキャラの立ち具合。
第一部ではあまり良い印象を持てなかった南さんの変化。
何故南さんは警察に嵌められなければならなかったのか。
子供達を殺した真犯人は誰なのか。
検証が進むにつれて芋づる式に判ってくる過程がワクワクした。
真犯人の正体があまりにも切ない。
そしてすべての登場人物の中でいちばん大人気なかったのが
代議士先生だったのには心底吃驚した。
なんぼなんでも粘着過ぎるだろ(笑)。

実際にありそうなエピソードと
こりゃねぇだろというエピソードのミックス具合が程よくていい感じ。
誤報のあと失踪した南さんに何の処分もないとか
現実には有り得ないんだろうけど
読者の立場からするとちょっとした救いになったんじゃないかと思う。

2014/11/09 19:19

投稿元:ブクログ

実際に起きた事件を彷彿とさせる。つまらなくはないけど、ここまで長くした理由がナゾ…もう少し短くて良かったのでは的な。

2015/02/02 22:12

投稿元:ブクログ

最近ちょくちょく出会う共感できない主人公。
こういうのが作家さんからみる「ゆとり世代」なのかななんてことを思ってみたり。
誤報問題に関しては、いつも思うのが誤報に費やした紙面よりも大きな紙面で謝ろうよて思いますね。
小さな謝罪記事だと、本当は謝る気がないんじゃないかとといつも思いますからね。

2015/02/20 14:19

投稿元:ブクログ

単なる現場記者の先走りによる誤報騒ぎの話かと思ったら、新聞社内外の群像、地方都市のシングルマザーや政治的陰謀にまで風呂敷が広がり、かつうまく閉じて見せた。

某新聞社の歴史的訂正記事とタイミングが重なったのは、単なる偶然か。

2014/11/17 21:57

投稿元:ブクログ

どこぞの新聞社の誤報問題(捏造だと思うけど)がまだ記憶に新しく、今はメディアに対して不信感が拭えず、登場する新聞社や記者には冷めた目になってしまう。

南の誤報事件は陰謀?私恨を晴らすために罠を仕組んで動いていたなら何とも迷惑な話。

殺害された2女児の母親には「だったら簡単に子供産まないでよ」な気分。どうしてそんな人の所にポンポン子供が生まれるのか・・・。もっと大事にしてくれる人の元に生まれたかったよねぇ・・・。真犯人の殺人の動機は心が重くなりますが、事件の原因の一端はやっぱり母親かなー。

2016/03/11 19:24

投稿元:ブクログ

堂場瞬一って、量産するなぁ。
実は、量産する作家さんには親近感を覚えます。ノリと勢いでガーッて書きあげるスタイルがなんとなく俺と似てる気がして(質は段違いに俺が下だけど)。
もうちょい時間かけて熟成させたら味わい深いもんに…、なりそうにないあたりも良く似ている(これは勝手な思い込み)。

あまりの執筆量に追いかける方も追いつかず、読み残し多数。まあまあボチボチ読んでいきます。

で、この作品だけど、子供殺人事件を巡って、大新聞の誤報を検証する外部有識者と、新聞経営陣、警察(政治家)、件の記事を書いた記者、それに殺人容疑者という、複数の視点から事件を追いかける展開。フーダニットも2つ(殺人者は誰か?誤報を誘導したのは誰か?)あって構成がややこしい。

そういう、いかにもほつれそうなもつれそうな設定にも拘らず、展開はスピーディーで勢いに任せて読んでも迷子にならず楽しめる。この辺は量産で鍛えた筆の技能だろうなぁ。ところどころ荒いし、中だるみもあるんだけど、含めて堂場小説なんだろう、確かに洗練されきった堂場小説なんてねぇ(笑。

マスコミとか2ちゃんねるとか、そういうとこのイヤな部分が書かれているが、需要があるから供給があるんだよなぁ。芸能人の不倫騒ぎやら芸能事務所の内紛やら野球賭博やら、そんなこと深く突っ込んで知りたいとも思わんし、そんな暇があったら自分のやりたいことする時間にしたいと思うけどな。

でも、俺がくだらんと思ってる出来事をとても知りたいという人は、世の中にはたくさんいるみたい。そういう人たちの使うお金で出版社や新聞社が潤うんなら、連中はどんどん週刊誌とかを買ってもらって、出版社をもうけさせて下さい。出版社はその野次馬資金で、小説エッセイその他ほんまにオモロい本をどんどん作って下さい。よろしくお願いします。