サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

なぜ時代劇は滅びるのか(新潮新書)
なぜ時代劇は滅びるのか(新潮新書) なぜ時代劇は滅びるのか(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/16
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610586-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

著者 春日 太一 (著)

「水戸黄門」も終了し、もはや瀕死の時代劇。ヘタな役者、マンネリの演出、朝ドラ化する大河…。凋落を招いた“真犯人”は誰だ! 圧倒的な熱量で放つ、時代劇への鎮魂歌。『新潮45...

もっと見る

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

なぜ時代劇は滅びるのか(新潮新書)

648(税込)

なぜ時代劇は滅びるのか(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「水戸黄門」も終了し、もはや瀕死の時代劇。ヘタな役者、マンネリの演出、朝ドラ化する大河…。凋落を招いた“真犯人”は誰だ! 圧倒的な熱量で放つ、時代劇への鎮魂歌。『新潮45』『オール讀物』掲載を大幅加筆し再編集。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、時代劇への“檄文”である――。なぜ時代劇は、つまらなくなってしまったのか? 華も技量もない役者、マンネリの演出、朝ドラ化する大河……凋落を招いた“真犯人”は誰だ! 撮影所取材の集大成として、悲壮な決意で綴る時代劇への鎮魂歌。【商品解説】

著者紹介

春日 太一

略歴
〈春日太一〉1977年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了(芸術学博士)。時代劇・映画史研究家。著書に「時代劇は死なず!」「天才勝新太郎」「仁義なき日本沈没」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

熱い想いのレクィエム

2014/12/18 19:27

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の時代劇に対する思い入れがよく伝わってくるが、いくら熱く語っても、もはや流れを変えるのは至難だろう。現実には、時代劇はつづくだろう。でも、かつての緊張、迫力、興奮がなくなるだけだ。それって、演歌やプロレスが過去の栄光に戻れないのと同じだろう。いまのプロレスが少ない人的資源のなか、新たなスタイルを築いていくしかないように、時代劇も乏しい資本、人材から突破口を見いだしていくしかない。本書を読んで、突破口になろうという若者が出てくれば、凄い話なるが。
著者は悪役の不在を嘆くが、それは世界的傾向だろう。政治の世界でも、いまは毛沢東やスターリンらのいない時代、日本の政治家でも「妖怪」「黒幕」「フィクサー」と呼ばれる人たちはいない。プロレスでも、ブッチャーやシン、シークはいない。結局、ないものねだりになっている。
帯を見ると、毒舌をウリにしている本のようだ。ただ、それほど辛辣ではない。実名で批判されている人もいるが、しかたのないことだろう。「水戸黄門」のウラ話は、秀逸。スポンサーの力が時代劇を変えてしまったとは。
一つ釈然としないのは、著者の時代劇観。昔の時代劇は、そんなにレベルが高かったのだろうか。小生からすれば、「切腹」はくどいし、五社の切ったはったものは、最後が尻尾切れ。典型なのは、大河ドラマの評価。著者はかつての大河ドラマを高く評価するが、小生からすればデキの悪い歴史劇にすぎない。ステロタイプの革命児・織田信長、狸爺の徳川家康に1年間つきあいたいとは思わない。もっといえば、チャンバラがそんなにおもしろいの、騎馬武者の合戦がそんなに凄いの、ということ。戦場の主役は、弓と槍、歩兵なのに、なんかうわっすべりな時代劇と思う。
とはいえ、よくできた内容である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代劇ラブ

2014/10/18 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

春日氏の時代劇への熱い思いが、ヒシヒシと伝わってくる本でした。また「どのようにしたら文化・芸能が廃れていくのか」という視点で読んでも、通用する本です。つまり、ファン層の高齢化(若い層のファン離れ)、現場力の弱体化、理解者の減少等のスパイラルにより衰退するのは、時代劇に限りません。

 内容は、時代劇の凋落と堕落について、その経緯から説き起こし、役者・監督・プロデューサー・大河ドラマ等の多角的な観点から分析しています。時代劇の衰退は、単なる「時代の波」だけでは、片付けられないようです。
 中でも、第3章の「役者がいない!」では、役者を実名でビシバシ斬っていて面白かったです。確かに、最近の大河ドラマや単発の時代劇を見ていて、現代劇と変わらない演技で、浮いている俳優が増えたと感じます。例えば、今春テレビ朝日で放映された「宮本武蔵」で、ボソボソ喋るキムタクが棒(刀?)を振り回しているだけの演技は、観るに堪えないほど酷かったです。即チャンネルを替えました。
 何も学ばず、役の作り込みもせずに、自然体で演じることが良いと考える、おバカな俳優が増えているとのこと。仲代達矢や役所広司をはじめ、錚々たる名優たちでさえも地道な努力をしている(112ページ)のに、最近の俳優たちの傲慢さや自惚れが分かります。本書で、酷い俳優の筆頭に挙げられたのが「岸谷五郎」です(113ページ)。逆に「岸谷梅安」を見てみたいと思いました。
 また、水戸黄門を打ち切りに追い込んだ戦犯たち、民放時代劇を破壊した戦犯プロデューサー、大河ドラマを駄目にした戦犯プロデューサー等々が、実名で糾弾されています。他にも、水戸黄門制作の特異性、無名塾立ち上げの経緯、名優たちがいかにして時代劇を学んだか等々、興味深い裏話が満載です。
 とにかく、面白いので、時代劇ファンではなくても、一読を勧めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛ある忠言

2016/04/29 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代劇が凋落した要因を語りつつ、それが止められなかったことへの悔しさが行間からにじみ出ている。最後の牙城大河ドラマを守るためにも、現場の努力と意識の変革が必要。我々視聴者もいいものを見分ける目を持つことが必要だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

御し難い、時代の流れ

2015/11/02 11:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takuya - この投稿者のレビュー一覧を見る

地上波からプロレス、プロ野球中継が消えたように、特定のジャンルがいつまでもあらゆる世代の方々を魅了し続ける事の、困難さ。あらゆる物事が目まぐるしく動く昨今、時代劇の視聴率の低迷も、半ば致し方無いのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/21 08:42

投稿元:ブクログ

タイトルのとおり、時代劇衰退の要因を抉っている本。
もう見応えのある時代劇の新作は出てこないのかもしれない。そうならないことを期待はするが。
しかし、本書が指摘した諸問題は、時代劇だけに留まらず、現代劇にもかなりあてはまる。
だから、最近の地上波ドラマは見る気がしないのである。

2014/09/15 00:29

投稿元:ブクログ

ここ1年ほど昭和40年代頃までの日本映画を集中的に観ていて、当時の時代劇の面白さにびっくりしていたが、なぜそれが衰退してしまったのかはよく分からず、本書を読んで腑に落ちた。時代劇が衰退した原因はいくつも挙げられているが、これはアニメやマンガ・音楽・TVなどの他のメディアにも共通するリスクだと思う。興味深いのはマーケティングの細分化・効率化であり、たとえば1996年から視聴率調査の細分化が行われて年齢別の視聴率が明らかになり、それによって時代劇のターゲティングが大きく変わっていったなど、これはアニメや音楽にも通じるのではなかろうか。また、TV産業が肥大化するにつれて効率化から過度のリスクヘッジを行うようになり、企画がどんどん無難になっていき、結果的にコンテンツが貧しくなるという流れも興味深い。コンテンツを持続可能な形で生み出すエコシステムというものを考えてゆかねばならず、たとえばディズニーなどは(成功しているかはともかくとして)そのような視野を持って世界戦略を行っているが、日本のTV・映画産業ではそこまでグランドデザインを持つことができなかった。これは戦略的な無知による必然的な結果であり、時代劇が衰退する布石はいずれも十数年以上前に蒔かれていて、昨今になって生じたものではない。人材が豊富である時期に、その豊饒さに甘えて、焼き畑的なコンテンツ制作方法に陥ってしまうリスクを乗り越えることはできないのだろうか。

2015/02/10 15:50

投稿元:ブクログ

時代劇を深く愛するがゆえの痛烈な批評。
もはや死に体の時代劇を延命するよりもむしろ介錯することを選択した筆者の断腸の思いが伝わってくる。
費用対効果ばかりを追求し、目先の数字(視聴率)にとらわれるあまり、小手先で制作され続ける時代劇の劣化再生産のサイクルは、現代社会のシステムそのものにも当てはまると思った。

2015/01/02 13:01

投稿元:ブクログ

過激だと言われているのかもしれないが、時代劇ファンなら大抵の人が以前から思っていたことを書いてくれたまでの内容だと思う。全面的に同意。時代劇ファンの気持ちに、時代劇を作る側の人が気づくことはあるんだろうか。

2014/11/21 05:44

投稿元:ブクログ

数年前にテレビ時代劇、「水戸黄門」が最終回を迎えた。これで時代劇のレギュラーテレビ番組は全滅した。かつて「銭形平次」、「遠山の金さん」、「大岡越前」、「暴れん坊将軍」などテレビ欄を占めたこともあった時代劇は滅びつつある。なぜそんな状況になったのか。著者の分析によれば、視聴者側と製作者側の問題がある。

視聴者側の問題とすれば、近年になってテレビ視聴率が年代別に算出されるようになったことだ。時代劇はそれなりの視聴率を取っていたが、その視聴者は50代以上であることが数字上はっきりしてしまった。企業は、お金を使いたがらない高齢者しか見ないテレビ番組には提供したがらない。スポンサーがつかない番組が消えていくのは必然だ。

そして、製作者側。著者いわく、時代劇とは一種のファンタジーであり、時代考証はほどほどにして悪い奴を正義がやっつける。そんな単純な展開が観る側に爽快感や感動を与えるのだ。それは、テレビ時代劇もクロサワや勝新の映画もそうだ。しかし、今はリアリティーにこだわり、当時の社会を忠実に再現し、悪役の都合までも描いてしまう。「正義は勝つ」ことにこだわらなくなった時代劇は、それだけを望むファンも失ってしまった。

と、冷静な分析をする著者だが、時代劇愛があふれるあまり、実名で俳優や監督、作品を貶しまくってるのもご愛嬌か。岸谷五朗に対しては、相当お怒りのようだ。

2015/03/15 22:52

投稿元:ブクログ

いまも細々と作られ続けられてはいますが、凋落した「時代劇」の現状に至った理由を辛過ぎる眼差しで次から次へと指摘するとともに、逆にそこから著者の「時代劇」に対する深い愛情が感じられる一冊です。
自分もこどもの頃から時代劇は大好きでして、よく観ていた記憶があるのは大川橋蔵の『銭形平次』、東野英治郎の『水戸黄門』、中村梅之助の『遠山の金さん』『伝七捕物帳』、里見浩太朗の『大江戸捜査網』、杉良太郎の『遠山の金さん』『新五捕物帳』、高橋英樹の『桃太郎侍』などで、そのほか観ていた憶えがあるのは中村敦夫の『木枯らし紋次郎』や勝新太郎の『座頭市』、萬屋錦之介の『子連れ狼』『鬼平犯科帳』などがあります。また、NHK大河ドラマも記憶がある加藤剛の『風と雲と虹と』以来、毎年ずっと見続けていまして、こうやってみると自分もかなりの「時代劇」ファンであることを再認識しました。(笑)
振り返ってみると、錚々たる俳優による時代劇ドラマを、昔は数多く放送していたのだなあとしみじみ思うところでありますが、著者の言う通り、いまでは演技もおぼつかない、自分の知らない若手俳優陣ばかりが主役を張っていて、明るい画面でアットホームな雰囲気のドラマをたまに見せられても、ちっとも面白さに浸ることができないです。
著者は「時代劇」とは時代設定を過去にすることでファンタジーな世界として魅せることができる現在進行形のエンターテインメントであるとしていますが、自分も全く同意するところで、かつての多作や脚本のマンネリ化により、時代劇=ワンパターンなドラマと捉えられてしまったのは、製作の怠慢であり誠に残念なところであります。
本書では時代劇の構造、役者、監督、製作などといった様々な切り口にて、「時代劇」の問題点を小気味よいほどに明らかにしていますが、これは日本のテレビドラマそのものの問題点であるといってもよく、ドラマ制作に携わる人々の大いなる欠陥を示したものであるともいえます。「時代劇」に限らず、このような質の劣化がところどころでみられるのも構造的であるがゆえに、今後もテレビ界では繰り返されていくのでしょうね。
個人的には『水戸黄門』を成立させていた構造とか、京都撮影所の話とか、NHK大河ドラマの路線変更の話や、使えない俳優の名指しなどがとても興味深く面白かったですが、特にNHK大河ドラマについては、昨今のファミリー路線はまあほどほどなら許せるとしても、刹那的な楽しみのみ追求するアホな評論家の口車に乗ったのか、演出の大仰化、脚本のご都合化や不自然な物語展開、主役不在の若手大量投入など、ドラマそのものの質の低下を苦々しく感じていまして、1話完結のもはや「大河」なドラマとはいえない状況に暗澹たる気分となっています(特に『天地人』『江』あたりは酷過ぎて噴飯ものだった)・・・。いや、昔の大河も脚本のご都合化や不自然さはあるにはありましたが(山岡荘八原作の場合は特に目立った)、これは主演俳優の演技力というか魅力というか器量でカバーされていたものと思いますが、いまはそのようなこともないですね。(泣)
気が付いてみると、いまもCSで時代劇専門チェンネルを観ていることが多く、��者の示す通りやはり昔の時代劇は面白さが満載されていたと思います。多様化の時代に「復活」ということまでは無理としても、せめて質の高いドラマの提供だけでも何とかならないものだろうか・・・。

2014/11/03 07:20

投稿元:ブクログ

愛ゆえの苦言。
時代劇の現状について、厳しくも冷静なる分析。

が、これはおらが国の邦画全体について、テレビ番組について、いや芸能界全体についての諸問題に対しての警鐘でもある。たまたま時代劇が炭鉱のカナリアだっただけで。

時代劇そのものに対しての需要は、決して落ちてはいない。それは封切り映画に足を運び、場内な雰囲気を体感しているからわかる。
がっかり時代劇を連打していたら、そういったファンがどんどん去ってゆくのではないか。そりゃあかんって。

海外にも愛好家はたくさん居るのだし、製作側にはもっと広い視野で臨んでいただきたくもあり。

2015/03/27 01:51

投稿元:ブクログ

熱い、熱すぎる・・・!

著者の時代劇への溢れんばかりの想いの丈が、
詳細かつ丁寧に綴られている良書。

「水戸黄門」のくだりなどは、なるほど、
と目から鱗が落ちることばかり。

2015/05/09 17:24

投稿元:ブクログ

役者・監督・プロデューサー・脚本家、実名を出して歯に衣着せぬ評論を展開している。著者の時代劇に対する熱い思いを感じる。

2015/07/04 09:06

投稿元:ブクログ

時代劇の危機の原因は何なのか、ひとつずつ整理されている。
「今のプロデューサー・監督・脚本家が『七人の侍』を作ったら、野武士個々の生活背景や内面・彼らの内部の細々とした人間関係まで丁寧に描きかねない」(169P)
本当にありそうで怖い…。
大河の迷走っぷり(6章)は今も(花燃ゆ)なので、いやはやその通りですね、という感じ…。

2015/09/01 19:28

投稿元:ブクログ

自分も感じていた、時代劇の劣化。しかし、その原因がいまいちわからなかったが、この本では実名を挙げて辛辣に感じる部分はあるが、キチンと論理的に解明し、なるほどと思える一冊だった。
知れば知るほど、あの頃の時代劇はもう戻ってくることはないのかもしれないが、明日の時代劇のための道しるべにもなるのではと言う淡い期待を抱いてしまうのも事実だ。

それにしても、大御所からの後押しもあったのだろうが、実名を挙げてのやや過激とも思える評論だったが、事実だしなあと苦笑してしまった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む