サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 今宵、喫茶店メリエスで上映会を

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

今宵、喫茶店メリエスで上映会を(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101628-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

今宵、喫茶店メリエスで上映会を (角川文庫)

著者 山田 彩人 (著)

仕事を辞め、幼い頃に暮らした街に帰ってきた亜樹。しかし、大好きだった商店街はシャッター通りになり、映画の上映会をしていた喫茶店「メリエス」は店を閉めようとしていた。亜樹は...

もっと見る

今宵、喫茶店メリエスで上映会を (角川文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】今宵、喫茶店メリエスで上映会を

393(税込)

【期間限定価格】今宵、喫茶店メリエスで上映会を

ポイント :3pt / 紙の本より169おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事を辞め、幼い頃に暮らした街に帰ってきた亜樹。しかし、大好きだった商店街はシャッター通りになり、映画の上映会をしていた喫茶店「メリエス」は店を閉めようとしていた。亜樹は「メリエス」の店主の野川さんに身の回りの不思議を相談しつつ、最後の上映会を行う。そして、映画のなかの少女に自分を重ねるうち、商店街を昔のようにもどそうと決心していた…。優しい時間が流れる喫茶店で紡がれる、謎解きと再生の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

思い出の詰まった商店街と映画を上映する喫茶店「メリエス」の寂れた姿を目にした亜樹。身の回りの不思議を店主・野川さんに相談しつつ、「メリエス」の復興を目指す亜樹は、自分を見つめなおしていく…。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

フレンチ・カンカン 5−61
スタンド・バイ・ミー 62−116
タバコ・ロード 117−174

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/05 13:50

投稿元:ブクログ

(収録作品)フレンチ・カンカン/スタンド・バイ・ミー/タバコ・ロード/ミツバチのささやき/偉大なるアンバーソン家の人々

2014/10/25 00:51

投稿元:ブクログ

喫茶店で映画でちょいミステリ。
「スタンド・バイ・ミー」しか観てへん…。
その他の映画も観たいけど、「ミツバチのささやき」はいつまで経っても借りられへんのよなー。買ったらいくらだろと調べたら高ッ!どないなってんのん。UK版買うしかないのか。

2014/09/03 13:54

投稿元:ブクログ

日常の謎話でもあり、シャッター通り活性化話でもあり、名作映画蘊蓄話でもあり、お婆ちゃんとの思い出話でもあり。いろんな要素が入り交じっている。それぞれのモチーフは面白いが全体としてボンヤリとした感じは否めない。でもあまり尖らずふわふわっとした感じは嫌いじゃない。

2014/10/30 18:13

投稿元:ブクログ

故郷ともいえる駅前商店街にある「喫茶メリエス」。シャッター商店街と化しつつある駅前を復興させるために努力する人々の物語。少しミステリもありの、ほっこりさせられる作品。
「上映会」の名の通り、作中にはさまざまなレトロな映画が登場します。あまり「面白そう!」という感じではないのだけれど。古い映画の味わいってのは、明らかな面白さだけではないのかもね。

2014/12/01 21:57

投稿元:ブクログ

本と映画と喫茶店。この上ない取り合わせが満喫できる日常の謎系ミステリー。
幼い頃暮らした街の商店街が今ではシャッター通り。映画の上映会をしていた喫茶店メリエスも閉店間際。メリエスは勿論、商店街の再興を掛けて亜樹の奔走が始まる。
日常の謎と映画作品と人のつながりが絶妙にミックスされて、ほんのり温かい気持ちになる。まるで寒い日のあったかい珈琲のようだ。是非シリーズ化を!

2016/06/23 22:41

投稿元:ブクログ

日常の謎系のライトノベルなんだけど。。。

名画と有名な映画は違う。
本当の映画の見方は名画を何作も見て初めて身につく。
DVDで気楽に借りてみているだけではだめなんだ。など、
音楽や絵画や観劇にも通じるものを感じて、根底にあるものを見つけたみたいで、なんか感動しちゃいました。