サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

デッドマン(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101765-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デッドマン (角川文庫)

著者 河合 莞爾 (著)

頭部がない死体、胴体がない死体、右手がない死体…。遺体の一部が持ち去られる猟奇殺人事件が6件連続して発生した。捜査が混乱を極める中、ある日本部に1通のメールが届く。僕は継...

もっと見る

デッドマン (角川文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

デッドマン

605(税込)

デッドマン

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

頭部がない死体、胴体がない死体、右手がない死体…。遺体の一部が持ち去られる猟奇殺人事件が6件連続して発生した。捜査が混乱を極める中、ある日本部に1通のメールが届く。僕は継ぎ合わされた死体から蘇った死人です。僕たちを殺した犯人を見つけてください―。鏑木警部補率いるクセ者揃いの特捜班が前代未聞の謎に挑む。度肝を抜く結末が待ち構える警察小説新次元!横溝正史ミステリ大賞受賞作、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

【横溝正史ミステリ大賞大賞(第32回)】身体の一部が持ち去られた6つの死体が、都内で次々と発見される連続猟奇殺人事件が発生。鏑木率いる特別捜査班が捜査に当たる中、6つの死体のパーツを繫ぎ合わされて蘇ったという「デッドマン」からメールが届く。〔角川書店 2012年刊の加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

前半はワクワク,しかし後半は・・・?

2015/02/13 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさに「占星術殺人事件」を思い出させる内容。
遺体の一部分ずつを持ち帰る犯人の目的は?
それらをつなぎ合わせてデッドマン(僕)は作られたのか?
前半は謎がいっぱいで,ワクワクさせます。

しかし後半,力技となってしまい,どたばた・・・。
前半のミステリが,後半で2時間ものTVドラマで終わった感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/05 23:19

投稿元:ブクログ

頭部がないしたい、胴体がない死体…体の一部が持ち去られる連続殺人が起きる。本部には自分は死体から作られたデッドマンですのメールが届く。捜査するのは、いつもはあまり目立たない鏑木警部とくせ者ぞろいの部下。

捜査が結構つごうが良いな-とか、ラストもそんなんあり?とか思うところも多かったけど、登場人物のキャラがわかりやすく、読みやすかったところに魅力あり。作者はこれがビュー作らしいし、あと2作続いているみたいなので、もうちょっと読んでみる。

2016/08/28 19:54

投稿元:ブクログ

久々の個人的スマッシュヒットで一気読み。あとがきにあるように、作者はまさに活字のイリュージョニストと思いました。

事件の猟奇性、そしてバラバラ死体から一人の人間を作るという奇抜さ。まずこれらの点に興味を惹かれました。終盤、そのトリックはおよそ予想できるようになりますが、最後まで「読む」モチベーションを維持するには十分な要素。

他にも高坂の正体は?デッドマンの時代錯誤感はなぜ?現職の官房長官が何に関わってるのか?など、終止ダレることない展開は最高。

そして何より登場人物が個性的でとても良いと思います。

まちがってシリーズ3作目になる(と思われる)「ダンデライオン」を先に読んでしまったのですが…そちらは既に読んでいる人向けだったためか描写不足感があったのですが、本作は一作目ということもあって各キャラがしっかり立ってて個性的に描けているので、分かりやすくて印象に強く残りました。

二作目以降も読んでみたくなり、また「ダンデライオン」も再読してみたくなりました。

2016/01/16 23:24

投稿元:ブクログ

第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作、初めての河合莞爾。
猟奇的連続バラバラ殺人を追う警視庁特捜班の捜査状況と、遺体を継ぎ合わせ甦った死体(デッドマン)の視点の双方からストーリー展開するミステリです。
ちょっと警察小説っぽい感じもありますが、やはり基本はミステリですね。なかなかの一気読みでした。
特捜班側の踏み込んだ心理描写と、全体のエピローグ的締め括りがあれば、もっと良かったと思うのですが・・・

2016/08/20 21:46

投稿元:ブクログ

初読みの作家さんでしたが、文句なしの大好きな作家さんになりました。本の感想?最高です。おススメします。
あらすじ(背表紙より)
頭部がない死体、胴体がない死体、右手がない死体…。遺体の一部が持ち去られる猟奇殺人事件が6件連続して発生した。捜査が混乱を極める中、ある日本部に1通のメールが届く。僕は継ぎ合わされた死体から蘇った死人です。僕たちを殺した犯人を見つけてください―。鏑木警部補率いるクセ者揃いの特捜班が前代未聞の謎に挑む。度肝を抜く結末が待ち構える警察小説新次元!横溝正史ミステリ大賞受賞作、待望の文庫化。

2015/01/07 22:12

投稿元:ブクログ

体の一部が持ち去られる猟奇殺人事件が連続して発生し、捜査が遅滞する中、担当する刑事の許に遺体を繋ぎ合わせて誕生したと自称する人物からメールが届く…と、裏表紙のあらすじにあるが、そこまで辿り着くまでが長い、というか、盛り上がりに欠けるように感じた。
SFでない以上、デッドマンの正体が本人の名乗る通りでないことは自明なので、後半の展開もやや予定調和の感がある。
ハードボイルドを目指したのであろう刑事たちのやり取りも取ってつけたような違和感を感じた。もっとも、これは私がハードボイルドが苦手なせいかもしれない。

2016/08/15 15:04

投稿元:ブクログ

首のない死体が見つかる。
その現場は、整理されていて、なにも盗まれていない。
『きれいすぎる。』という疑問だけが残った。
その次に 胴のない死体が見つかる。
なぜなのか?

盗んだのはアタマなのではないか?
と 推定する 鏑木警部補。
それが、事件の捜査本部の部長代行に命じられる。
(ちょっと、ありえないが、物語をすすめるために必要)
経験の豊富な広木、暴走する姫野、プロファイラー澤田。
4人組が 中心となって 事件を解決する。

プロファイラーは、異常嗜好、怨恨、隠蔽のいずれにもはまらないと言う。
猟奇犯罪ではないと言う。

アタマ、胴、そして 手と足が接合されて、
生き返るというのが この物語の ツボとなる。
無理だよね。血液や免疫の問題、接合技術、様々な問題があり、
それを、接着剤のように くっつけることができてしまう。
つまり、それが できたように思わせることに 編集手腕がある。

あわせて、時間軸が ある一定のところでとまっている。
それが ロボトミー技術とつながる。
確かに、私が学生の頃に 反対の動きがあった。
それに、この作者は 私と同世代より少し若いくらいですね。
会話のたたみ方が おじさん臭い。

接合されたアタマが 記憶を 呼び戻しながら、
自分とは何か?を考えるのだが、
女医の高坂紫苑に アタマの名前を教えてもらう。
介護猿のアプに 助けられて 目覚ましく回復する。
志津という女性にも会い、自分の存在が見えてくる。
そして、タブレットも使い メールができるようになる。
限られた情報の中で 自分が何ものか 理解し始める。
自分が 死んだもの デッドマンの自覚が芽生える。

そして 捜査は デッドマンのメールから
急展開し始める。
物語の構成は 実にたくみだが、
やはり、デッドマンがつくれないことに、
物語が 記憶の存在とロボトミーにつながっていく。
医療技術は そう簡単に発展しない。
それでも、鏑木は シッポをつかんで 真犯人に迫っていく。
推理小説としては、あたらしい視点を持ち込んで、
うまく構成されている。
しかし、警察の組織構造が、物語に会わせすぎなところが、残念。

2016/07/06 20:32

投稿元:ブクログ

横溝正史ミステリ大賞受賞作とのことで読んでみた。まあ死体復活はないと思っていたが、
なるほどね。こじつけ方がちょっと苦しいが、面白く読めました。鏑木班シリーズがあるらしいので機会があれば読もうかな。

2014/10/18 12:49

投稿元:ブクログ

“デッドマン”読了。

もしかして?!と思わせる描写。

鏑木班が、どんどんと事実に近づく時に
読者が置いていかれるコトなく、読んでいて気持ちがいい。

ハラハラもドキドキも共有できて。
じっくりとお話しの中に浸れた。

う〜ん。面白い!

2014/11/06 23:43

投稿元:ブクログ

警察小説と本格ミステリが見事に融合したエンターテインメントの快作。
刑事同士の掛け合いも面白いし、事件の特異性や死者の語りなどによってリーダビリティも抜群。

後半になると結構あからさまな描写などで事件の全容が見えやすくなっている部分はあるが、それをとっても余りある面白さ。
熱い展開が好きな人にオススメ。

2014/09/14 11:05

投稿元:ブクログ

死体から異なる部位が持ち去られるセンセーショナルな連続殺人事件が主軸の本作。解説によれば島田荘司の占星術殺人事件へのオマージュとされています。
死体から失われた各部位は、どうやら一体の人間を造るために持ち去られたらしい。ここまでは確かに島田荘司の作品を彷彿とさせるもの。そして、その造られた人間の視点からも物語が語られはじめると一筋縄では行かない展開に。。
主役をはる鏑木刑事ですが、そういう設定にしろ人格がいまいちもやっとした印象。そしてあまりに突発的に捜査指揮代行となる件は、リアリティ含め必要不可欠だったのかなー?とちょっと不思議でした。
なんにせよ、後半以降、予想外の展開となるほどな発想で最後まで楽しめる作品です。

2014/09/27 18:46

投稿元:ブクログ

本屋さんで帯に惹かれて購入。
多少話しの展開に苦しい所はあるけど先の読めない展開は面白かった。
これから注目の作家さんかも。

2016/11/03 15:01

投稿元:ブクログ

文体が独特で、内容もやたらハードボイルド、設定は奇想天外で面白かったです!
リアルすぎて退屈な小説よりもずっといいと思います。出て来る登場人物の個性も世代による違いなどもきちんと描かれているので映像が頭の中で展開する感じで、どんどん読み進めることができました。
他の作品ももっとたくさん読んでみたい著者です!

2015/04/19 01:14

投稿元:ブクログ

私たちを殺したのは誰だ?
繋ぎ合わされた死体から蘇ったデッドマンが推理する。

移植の警察ミステリー小説。
どう着地させるんだろうと読み進めていったが、きれいにまとめている印象。
キャラクター造形も個人的にとても特徴が出ていたと思う。
安心してスリルと興奮を味わえる良作です。

テクノ店 福井