サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. KADOKAWA
  6. 角川文庫
  7. PSYCHO−PASSサイコパス 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

PSYCHO−PASSサイコパス 上(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102035-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

PSYCHO−PASSサイコパス 上 (角川文庫)

著者 深見 真 (著)

西暦2112年。人間の心理・性格的傾向を数値化し、犯罪係数が上昇すると“潜在犯”として捕らえられるようになった世界。システムを維持するために集められた刑事たち―潜在犯であ...

もっと見る

PSYCHO−PASSサイコパス 上 (角川文庫)

691(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西暦2112年。人間の心理・性格的傾向を数値化し、犯罪係数が上昇すると“潜在犯”として捕らえられるようになった世界。システムを維持するために集められた刑事たち―潜在犯でありながら捜査の前線に立つ猟犬“執行官”と、キャリアであり執行官の手綱を握る“監視官”。新人監視官・常守朱は特殊拳銃“ドミネーター”を手に現場を駆ける。本書には、朱たちに立ちはだかる男・槇島聖護の内面が垣間見える追加シーンも加筆。【「BOOK」データベースの商品解説】

厚生省公安局刑事課一係に配属された新人監視官・常守朱は、配属初日から現場に呼び出され、犯罪係数を解析し断罪する特殊拳銃“ドミネーター”を手渡される。執行官と共に犯人を捜す朱だったが…。同名アニメのノベライズ。〔マッグガーデン 2013年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小説ならでは

2015/03/22 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬夜華 - この投稿者のレビュー一覧を見る

サイコパスのアニメを見てはまってしまい、続けて映画へ。。
映像だと内容が瞬時に理解できないため、小説を購入しました。小説だと自分のペースで読めるため、わからない言葉があったら辞書を引き、じっくり考えることができるので良かったです。
アニメでは語られていないキャラクター達の心情が書かれているため読みやすく、又アニメとは少し違う部分があったりと楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

PSYCHO-PASS 上

2016/08/13 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメに忠実です。ところどころ違う所がありますがその改変も楽しめました。ボーナストラックがあるのも自分は嬉しかったです。ただ小説、というより脚本という方が近いかな、と思いました。あることを淡々と書いているので小説としてはあまり…と自分いうのが自分の感想です。しかし感じ方には個人差がありますので、ファンの方はご一読されてみてはどうでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/13 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/27 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/09 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/18 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/08 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/29 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/20 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る