サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

私家本椿説弓張月

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-327916-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

私家本椿説弓張月

著者 平岩 弓枝 (著)

帝の御前で優れた武芸を披露したため周囲の不興を買い、都を追われた源為朝。遠く肥後国で最愛の妻と巡り合うも、運命は男をさらなる旅と闘いへと駆り立てる―。九州、伊豆諸島、四国...

もっと見る

私家本椿説弓張月

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

私家本 椿説弓張月

1,382(税込)

私家本 椿説弓張月

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

帝の御前で優れた武芸を披露したため周囲の不興を買い、都を追われた源為朝。遠く肥後国で最愛の妻と巡り合うも、運命は男をさらなる旅と闘いへと駆り立てる―。九州、伊豆諸島、四国、そして琉球まで。壮大なスケールと驚愕の展開で贈る本朝最高の英雄譚。【「BOOK」データベースの商品解説】

江戸最強のベストセラーが、平岩弓枝の筆で甦る! 都を追われた源為朝は、肥後国で最愛の妻と巡り合うも、運命は男をさらなる旅と闘いへと駆り立てる…。流浪の豪傑・源為朝の生涯を描く英雄譚。『小説新潮』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

こんなに胸躍る小説があったのか! 滝沢馬琴×平岩弓枝が贈る、本朝最高の冒険譚。武勇に優れ過ぎたがゆえに都を追われた源為朝。美しい鶴に導かれ、遠く肥後国で最愛の妻と巡り会うもつかの間、運命は男をさらなる流浪と闘いへ駆り立てる――。舞台は九州、四国、伊豆大島、琉球まで。壮大なスケールと驚愕の展開で「八犬伝」を上回る人気を集めた江戸時代最大のヒット作が、平岩弓枝の筆で現代に甦る!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

ちょっと昔の冒険もの?

2015/09/21 02:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

滝沢馬琴の原作を自分が読めるとも思えないので、この作品では、多分、いっぱい省略されてるんだろうけど、お蔭で「保元の乱」の入り乱れた人間関係がやっと自分にも理解できました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/06 21:13

投稿元:ブクログ

2016/02/06

沖縄行く→沖縄の勉強しなきゃ→街道をゆく(沖縄)読む→解らない部分をwikiで調べる→琉球の歴史を見る→曲亭馬琴が琉球の本を書いたと知る→椿説弓張月→もっと現代風のを読みたい→この本

で辿り着いた。

定評のある平岩さんの本なので安心して買ってみようかな。

楽しみにしすぎてガッカリ感が半端ない・・・
たんたんと物語が進むだけ
感動もなく山場もなかった・・・・・・・・・・・・・
きっともっと面白くできる作品だっただろうに
残念でならない。

一つ発見したのは
テンペストがこの作品からもパクってたということ。
テンペストの主人公=寧温=真鶴
椿説弓張月のヒロイン?=白縫=寧王=真鶴

テンペストってほんとパクリすぎだわ。

2015/06/09 10:48

投稿元:ブクログ

滝沢馬琴作の簡易版?
「伊豆の大島を逃れた源為朝が琉球に渡り,内乱を鎮定して,その子は琉球王」という流れだが、端折っている?
不運な武将を不幸なまま終わらせたくない願望書

2015/06/12 17:21

投稿元:ブクログ

カテゴリ迷うわ。実在とされてる人物の伝記をもとにしてる話ではあるけど実際ファンタジーかな。馬琴の名作を平岩さんが読みやすくまとめた1冊。そもそもが連載してらした八犬伝を出版してたから、馬琴の作品とか時代背景とかに触れる日々のうちに、壮大なストーリーなのにあまり知名度のないこの作品も現代版抄説として書いておかなけりゃ、と思ったに違いない。なんとなくしか知らなかったけどこういう話だったのか。まあ八犬伝のスケールには及ばないかもしれないけどこれも、もっと多くの日本人に愛されるべき物語なのになぁ。馬琴の筆になったのが200年から前で、舞台は900年くらい遡るかな。そのくらい昔には、この国にもこんな神憑りヒーローいたかもしれない、ほんとに。偉丈夫美男のヒーローと、アクション、美女、悪人、けなげなこども、動物、と ヒット要素もりだくさんだからまた映画化とかされたり漫画化されたりとかで、もっと多くの子どもたちの目に触れてほしいよね。小~中学生あたりの本好きさんは、わくわくするとおもうなあ。
死ぬまでにはこのストーリーのなにかを、人形浄瑠璃か歌舞伎かで、ひと幕でもいいから見てみたいな。指輪物語やハリーポッターなんかに負けず劣らず、ニッポンにはこんな勇壮ファンタジーが、あるんだぞ!!!お伽話は大好きなのでとても楽しみつつ読めました。オススメ。

2015/01/05 14:47

投稿元:ブクログ

2014年9月刊。小説新潮2012年12月号から2014年4月号まで連載。滝沢馬琴の伝奇小説をリライト。やや冗長さがあったものの、楽しく読みました。八犬伝を凌ぐ江戸時代の人気のお話だということで興味深いです。

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る