サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

迫りくる沖縄危機(幻冬舎ルネッサンス新書)
迫りくる沖縄危機(幻冬舎ルネッサンス新書) 迫りくる沖縄危機(幻冬舎ルネッサンス新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

迫りくる沖縄危機 (幻冬舎ルネッサンス新書)

著者 惠 隆之介 (著)

中国の属国を意味する高さ15メートルの「龍柱」の建設計画、港には大型の中国軍艦艇が着岸可能な「大型旅客船バース」…。中国の軍事拠点化が進む沖縄・那覇の現状を、ありのままに...

もっと見る

迫りくる沖縄危機 (幻冬舎ルネッサンス新書)

840(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

迫りくる沖縄危機

589(税込)

迫りくる沖縄危機

ポイント :5pt / 紙の本より251おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国の属国を意味する高さ15メートルの「龍柱」の建設計画、港には大型の中国軍艦艇が着岸可能な「大型旅客船バース」…。中国の軍事拠点化が進む沖縄・那覇の現状を、ありのままに述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

もし沖縄が日本から独立したらどうなるのか。ロシアが武力行使せずに粛々とクリミアを併合したように、中国からは人民解放軍が押し寄せ、沖縄は独立国にさせられ、中国の支配下に置かれる。さらに、中東から日本への石油輸送ルートである東シナ海をふさがれたら、すぐさま日本国内はパニックに陥る。沖縄での中国の異常な行動のすべてを、ジャーナリスト・惠隆之介があぶり出す!【商品解説】

著者紹介

惠 隆之介

略歴
拓殖大学客員教授、シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。昭和29(1954)年沖縄コザ市生まれ。昭和53(1978)年防衛大学校管理学専攻コース卒業。海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。昭和57(1982)年退官。その後、琉球銀行勤務。平成9(1997)年米国国務省プログラムにて国際金融、米国国防戦略等研修。現在、積極的な執筆、講演活動を展開している。著書に『敵兵を救助せよ!―英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長』(草思社)、『昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯』(産経新聞出版)、『海の武士道DVDBOOK』(育鵬社)、『誰も語れなかった沖縄の真実―新・沖縄ノート』(ワック)、『沖縄が中国になる日』(育鵬社)、『中国が沖縄を奪う日』(小社)など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/19 06:09

投稿元:ブクログ

チャンネル桜の惠さんの動画をみて、沖縄の危機を感じて読むことにした。
https://www.youtube.com/watch?v=-i0imU3rVaY

本を読んでみると、いかに沖縄があぶないかが分かる。

というか、もはや、もうダメなんだろうという気さえ起こる。
ダメというのは、沖縄がこのまま独立をして、中国に編入という路線。
これが、沖縄の総意であれば良いのだけども、どうも左翼性力の活発な活動による乗っ取り作戦のように思える。

さて、
タイトルは沖縄の危機なんだけども、これは、すなわち日本の危機であるということ。

日本もチベットやウイグルのように中国になってしまう日が来るように思える。
もはや遅い気がする。

最終章のには、希望も書かれているけども、あまりにも小さな灯火(ともしび)であるように感じる。

そこに希望を見いだし、進んでいけるかは、小さな行動、小さな意識を持つことに始まると思う。

とりあえず、このホニョンでみればよく分かると思う。
本自体は読みやすいように口語。

こういった情報になじみのない人達に向けるのであれば、ふりがなを多用してもらいたかったかな。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより)】
もし沖縄が日本から独立したらどうなるのか。ロシアが武力行使せずに粛々とクリミアを併合したように、中国からは人民解放軍が押し寄せ、沖縄は独立国にさせられ、中国の支配下に置かれる。さらに、中東から日本への石油輸送ルートである東シナ海をふさがれたら、すぐさま日本国内はパニックに陥る。沖縄での中国の異常な行動のすべてを、ジャーナリスト・惠隆之介があぶり出す!
————————
【著者略歴 (amazonより)】
惠/隆之介
拓殖大学客員教授、シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。昭和29(1954)年沖縄コザ市生まれ。昭和53(1978)年防衛大学校管理学専攻コース卒業。海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。昭和57(1982)年退官。その後、琉球銀行勤務。平成9(1997)年米国国務省プログラムにて国際金融、米国国防戦略等研修。現在、積極的な執筆、講演活動を展開している
————————
【目次】
第1章 習近平は一発の銃弾も使わずに沖縄を制圧する
・2020年、軍事力で中国軍が米軍を越える
・世界が大中華帝国に支配される日!?
 ほか
第2章 琉球独立運動は県知事選後に加速する
・自民党幹部が恐れる沖縄県知事選とは?
・左翼のヒーロー、翁長雄志という人物像
 ほか
第3章 米軍基地が中国軍基地に変わる日
・米軍が消えた南シナ海で誰が中国の無法を止めるのか?
・太平洋に出たい中国にとって日本は邪魔な蓋
 ほか
第4章 反日化する沖縄
・米軍の誤算―沖縄に叩き込んだ反日教育
・韓国の「恨」とよく似た沖縄の反日感情
 ほか
第5章 沖縄を、日本を守るために
・翁長氏のガリバー化を阻止せよ!
・選挙が近づくにつれ県外の隣人が増える沖縄の異常
 ほか
----------------

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む